円周率を延々と覚え続け、1000桁に到達するまで訓練させられる『Pi』 【Xbox360 IndieGamesで石を拾う 26】

bbox_pai.jpg

円周率の魅力をビデオゲームに仕立て上げた一作

 テレビ番組などでたまに見るが、円周率の暗唱をすることが得意という人がいる。まさしく無駄と称されるようなものだ。ましてや円周率は「パイ」として表現できるわけで、覚える必要もほとんどない。

 しかし、円周率は無限に続くという不思議さの魅力のせいか、あるいは学校に通っていれば誰でも知っている要素だからか、案外話題性はあるらしい。となると、これをビデオゲームに取り込もうと考える人が出てきてしまうのも無理はあるまい。だが、「そんな円周率を覚えるだけのゲームの何が楽しいの?」と思う人もいるだろう。しかし、意外と楽しくできてはいるのだ。

 そんなわけで今回紹介するのは、その名もずばり『Pi』である。開発はJason Keiderling。ちなみにこの開発者の方は、実写メイドが出るだけのゲーム『Maids with Balloons』や、苦笑いの似合うチアリーダーが見られる『Smarter Than A Cheerleader?』というゲームを制作されており、この時点で色々と察することができる。

pi_01.jpg
『Pi』タイトル画面

『Pi』のゲームルール(?)説明

pi_02.jpg
今回覚える必要があるのは、なんとこれである

 ゲームルールは非常に簡単であり、この長い長い円周率を1000桁も覚えるというだけ。この時点でゲロを吐きながら窒息死したくなるくらいにやる気がなくなる。

pi_03.jpg
まずは「Repeat after me」モードで記憶しまくる

 だが、ボタン覚えゲームのように遊びながら覚えられる「Repeat after me」モードが悪くない。まずはお手本を示してくれるので、そのとおりに押すだけ。

 こうなると、あの円周率を覚えるという地獄のような作業が、あっという間にゲームに変化するではないか。

pi_04.jpg
1000桁まで入力し続けるというだけのモード

 その後、ぶっつけ本番で円周率の1000桁を入力するモードで自分の実力を試せばいい。円周率という不思議なものを覚えるという、そのシンプルで味わい深い快感! それを生かしたゲームなのだ。

何がすごいってしょうもないゲームを飾り立てるのがすごい……のか?

 ……と言いたいところだが、そんなわけがない。もともと円周率を1000桁覚える苦行だという印象があったからか、「Repeat after me」モードが存外まともだったというだけであり、円周率を覚えるというかなり理解しがたい趣味を持つ人向けのゲームであることに変化はないだろう。

 ましてや本作、円周率を覚えるゲームとしては致命的な欠陥を持っている。というのも、「Repeat after me」モードは確かに楽しいと言えるのだが、ボタン覚えゲームを遊んでいるかのようであり、ただやっているだけでは円周率を覚えられるわけではない。

 どういうことかというと、あくまで「Repeat after me」モードは指定された順番を覚えるだけであり、数字を覚えるのではなく位置を覚えるだけになりがちなのだ。よって、これをやりこんだからといって、そらで暗唱できるはずもなく。せめて数字入力の配置がテンキーと同じならば、位置を覚えることが数字を覚えることに結合できるので、まだ覚えられるといえなくもないだろうに。

pi_04.jpg
ゲームオーバー画面もこんなので、効果音もまたテキトー

 また、100桁や200桁などの途中からプレイするといった要素は存在せず、1000桁を覚えきるのは現実的ではない。おそらく、本作で円周率を記憶しようとすれば、プレイ時間が途方も無いものになってしまうだろう。

 こうなると非常にやっつけな臭いを感じる作品と思えてしまうだろう。だが、そもそもこの開発者の方がゲームを作りこむ方ではないので、“まともさ”なんてものは期待するだけ無駄である。当然のように、ハイスコアの記録(そもそもセーブデータすら作らない)などのプレイヤーのやる気を維持する要素は皆無だ。

 よって、円周率を紙にでも書いて覚えたほうがマシといえるわけで、やはりしょうもないゲームなのであった。

 結局は、『Maids with Balloons』や、『Smarter Than A Cheerleader?』のように、話題性だけありそうな存在価値の疑わしいゲームなのである。

 しかしこれは逆に言うと、開発者であるJason Keiderlingは、ゲームを作るのはうまくなくとも話題性を盛り込むことには長けているとも言えるわけだ。そういう意味では、実は意外とすごい人なのかもしれない。……いや、「すごくねえよ!」という意見も尤もなのだが。


box_pai.jpg

Pi 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Jason Keiderling ジャンル:エデュテイメント 2012/07/16

 円周率(パイ)の3以下を延々と覚え続け、1000桁にまで挑戦する記憶ゲーム。
 「Repeat after me」モードが意外と面白いことは確かである。
 が、これで円周率を覚えるには多大な苦労が必要というか、素直に別の方法に頼るべきという感じなのだからなんとも。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント