Spelunky 11 地獄に行く前に何回も地獄を見る

死者の書が伝えようとすることはわかった……のか?

 夢にまでみた黄金の都市へたどり着き、「死者の書」と呼ばれる隠しアイテムを手に入れることができた髭面のクマ親父。しかし、手に入れたのはいいが、その使い道がまったくわからないままクリアをしてしまった!

 ……しぶしぶながら、髭面のクマ親父はまたもやあの黄金の都市を目指すのであった。無論、何度も死にまくって。

Spelunky_11_01.jpg
サクッとここに来れるようになりたい

 とにかく、こうしてまたここへやって来て死者の書を獲得することができた。無論、こうなるまでに何十回という挑戦があったということは言うまでもあるまい。

Spelunky_11_02.jpg
てっきり黄金の都市に何かがあると思っていたが……

 とりあえず、死者の書を使うべき場所を黄金の都市で探してみたものの、どうも何もなさそうなのだ。幽霊が出るまで隅々を探索してみたものの、本当に手がかりがない。これはどういうことなのだろうか?

Spelunky_11_03.jpg
静止画ではよくわからないが、死者の書が気味悪く動くのだ

 そんなわけでしぶしぶ通常クリアを目指そうとしたところ、なんとラスボス戦で死者の書がモグモグしているではないか! おそらく、このブサイクな本が僕に何かを伝えようとしているのだろう。だが、そのモグモグが激しくなる場所へ行っても何もない。実はこれでもまだアイテムが足りないというのか?

Spelunky_11_04.jpg
見えているのに手を出せない穴

 今度は足元のほうを探索してみたところ、なんと入り口があったではないか! ……が、入れない。この入口には足場がなく、ロープを張っても燃えてしまって入れないのだ。

 こうなると進退窮まる。強引にあの扉へ入るのか、それともまだ何か解くべき謎があって、それを解決すると入れるようになるのか? 秘密への入り口がすぐそこにあるというのに、まったくわからないではないか。

Spelunky_11_05.jpg
あまりにも惨めすぎる死と、またここへ来るまでの道のりを想像する絶望

 とりあえずジェットパックがあるので強引に入ろうとするも、沸き立つマグマに当たって墜落し、そのまま死亡。ああ、また黄金の都市を目指さねばならないのか……。
このエントリーをはてなブックマークに追加


目指すべき場所を知っても行き詰まり

Spelunky_11_06.jpg
入り方を探していたらオルメカに潰されたパターン

 こうして何度も黄金の都市を目指し、何度もオルメカの元で検証を繰り返し、そして惨めに死にまくっていくことになる。やはりあの入り口へ入る方法はまったくわからず、困ったことばかりなのだ。

 しかも黄金の都市を通ってここへ行くパターンの場合、まず泥棒をしないと物資が足りなくて困る。そうなると、泥棒をするうえでのミスで死に、しかもジェットパックがないとこれまた高確率で道中で死に、とにかく死ぬ回数が増えまくるのだ。

Spelunky_11_07.jpg
アンクをミスってなくした時の新発見

 そんな中、ひさびさに新発見をすることができ、あまりのギスギスっぷりが少し和らいだ。見つけたのは「プラズマキャノン」なる宇宙人の武器である。このでっかいタコ野郎の足元に隠されていたのだ。

Spelunky_11_08.jpg
はっきりいってピーキーすぎる威力

 プラズマキャノンを撃てば大爆発が起こり、ショットガンなどものともしない強さである。あまりの強さに自爆が怖い。

Spelunky_11_09.jpg
使いこなすのには一苦労どころの話ではない

 そう、当然のように自爆をして死んだ。……これはかなり強いが、どういう場面で使えばいいのだろうか? この暴れん坊を手懐けられるプレイヤーにとっては、非常に有用なのか? きっとそうなのだろうが、僕には暴れ馬すぎる。

その場所はやはりそうだった

Spelunky_11_10.jpg
ロープを扉へギリギリに合わせるという作戦だったが、これも失敗

 そんなことをしていたら、いつの間にか死亡回数が700回を超えている。つまり、はじめて黄金の都市で死者の書の得てから100回以上も死んでいるということだ。あまりにもこの扉へ入るハードルが高すぎる。そしてこの回でも当然のように入り方がわからずに死んだので、もう心が欠け始めた……。もはや攻略を見るしかあるまい。

Spelunky_11_11.jpg
正解にたどり着くのもカンニングにて

 さて、この扉へ入る方法の正解は、「オルメカを落としてその頭に乗って入る」というものであった。なんという頭が柔らかい解き方か! そしておそらく、攻略を見なければ僕はあと300回死ぬくらいまで気づかなかったことだろう。

Spelunky_11_12.jpg
いつだって新エリアの発見は嬉しい

 普段ならばクリアとなる状況だが、なんだか禍々しい場所へと歩む画面になってきた。これが噂に聞いていた隠しエリア……! ようやく、700回以上も死んで輝きを失いつつあるこの目に見られるというのか。

Spelunky_11_13.jpg
実際に人骨は建築材料として使い物になるのだろうか?

 こうしてたどり着いた場所は、嬉しいはずなのに吐き気をもよおす世界! あたりの壁はすべて人骨で作られているようであり、この世界に住んでいる連中の趣味の良さがたいへんに知れると同時に、いかにもゲームらしいエリアだ。どこかで見たことのある感じといえる。

Spelunky_11_14.jpg
しかしこれでも全エリアに行ったわけでもない

 そう、ここはやはり「地獄」なのだ。やはり地下に掘り進む連中を待ち受けているのは、生き埋めやマグマといった危険であり、すなわち死なのである。そしておそらく、一番奥にはもっと強烈なものが……。

○ Spelunky 12 椅子から動かないくせに強いヤツ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1402.html

コメント

非公開コメント