『スーパークレイジーキラーホーネット 特別なブラック・レーベル・エディション』のコンテストで400MSPを入手!

bbox_SuperKillerHornet.jpg

小さなゲームの素敵なコンテストに参加

 以前に紹介した怪しい日本語がウリの『Super Killer Hornet』という弾幕シューティングだが、なんと開発スタジオが本作に関連したコンテストを開催しているのであった。

 もっとも、そのことを知ったのは紹介記事を書いてから、しかも恥ずかしいことに開発者ブログから知り得たのであった。本来あれば先に開発者ブログを読んでおくべきだろうに。

 さておきコンテストの内容だが、『Super Killer Hornet』のゲーム内トロフィー「Score King」を獲得し、Facebookページに証拠写真をアップロードした先着一名に、400MSPをプレゼントするというものであった。

○ Flump Studios: Our First Xblig Game!!!
http://flumpstudios.blogspot.jp/2012/07/our-first-xblig-game.html

 僕は紹介記事を書くうえで条件を満たしていたので、なんとなく応募してみた。すると余裕で一番だったのだからオドロキだ。しかもそれでも、開発者の方が想定していないほど、早かったようだ。

SuperKillerHornet_07.jpg

○ どう見てもパチモンの“日本風・弾幕シューティング” 『Super Killer Hornet』 【Xbox360 IndieGamesで石を拾う 27】
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1400.html


現在は何を買おうか迷っている最中

SuperKillerHornet_03a.jpg

 そんなわけで、Flump Studiosから400MSPをもらったッ! ゲームを遊んで金を儲けるというこの喜びときたら! 「金を稼ぐためにゲームをやる」ことでは味わえないこの感覚こそ、垂涎ものである。

 ところで、このもらったMSPはどうするかといえば、やはりXbox360インディーズゲームにあてることになると思われる。Xbox360インディーズゲームをやってもらったMSPで更に別の作品を買って遊ぶという、なんという好循環か。

 ありがとう、Flump Studios!


box_SuperKillerHornet.jpg

Super Killer Hornet 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Flump Studios ジャンル:アクション & アドベンチャー 2012/07/19

 外国人の作った日本製っぽい(つまり、パチもの臭漂う)弾幕シューティングゲーム。
 なんといってもタイトル画面の無茶苦茶なカタカナが強烈だ。これに疑問を持たない日本人はいない。
 しかし、蓋を開けてみればかなり真っ当なゲームであり、はじめての印象がそのまま保持されてはならない作品でもある。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント