Spelunky 15 ダンジョンを駆け抜けたり、金目の物を一切無視したり

思っているよりこのダンジョンは短い

 ダンジョンはもはや完全に制覇した髭面のクマ親父であるが、残りの実績を埋めるために制限プレイをしなければなるまい。そう、このダンジョンにはそういう遊び方もあるのだ。

Spelunky_15_01.jpg
運には左右されるが、意外とサクサク進めることは確か

 まずは全エリアを8分以内でクリアする「スピードランキー」という実績を目指す。しかし、8分以内というのがどれだけたいへんなのかピンと来ないので、とりあえず急いでプレイしてみると、1-4クリアまでに1分30秒くらいかかるのであった。

 基本的には1エリアあたり10~45秒近くかかるので、さっさと降りればラスボスに結構な時間を割けるのである。ただし、問題は爆弾の数が足りないところか。

Spelunky_15_02.jpg
通れない場所を爆破しようとしたらミスって死亡

 とりあえずそのまま進めてみたところ、4分19秒で遺跡まで行けてしまったのだから驚きだ。これなら楽勝でクリアできるのではないか?

Spelunky_15_03.jpg
爆弾が3つしかないことだけが不安要素である

 20回ほどやってみたところ、コツが掴めてあっさりとオルメカの元へ辿りつけた。具体的に意識したのは以下のあたりである。
  • 店では泥棒はしないで金で買い物をする
  • 女は助けられる時だけ連れて行って、面倒な場合は盾にする
  • 買うものの優先順位は、爆弾>方位磁針>マント(もしくはジェットパック)
  • 爆弾が8~10個にロープ数本(もしくは壁を登れるアイテム)があれば問題なし
 これらの原則さえ守って、しかも運がよければ短い時間で最下層まで来られるのだ。

Spelunky_15_04.jpg
「スピードランキー」はたった10G

 しかも、オルメカ戦で爆弾が足りない場合でも、運がよければ上のほうにある箱から手に入るので、自暴自棄気味に突っ込んでもなんとかなってしまうのである。そんなわけで意外と簡単に「スピードランキー」を解除することができた。

Spelunky_15_05.jpg
ベストタイムがかなり塗り替えられた

 クリアタイムはなんと6分19秒であった。これならもう少し落ち着いて爆弾探しをしてもよかっただろう。8分という設定は、時間として結構余裕のあるものなのかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加


仕様と噛み合わなさすぎるロースコア・プレイ

Spelunky_15_06.jpg
邪魔な金はすべて鞭でどかしていく

 続いてはスコア(つまり金)を0のままクリアする「ロー スコア」を狙っていこう。だが、こちらのほうはかなり厄介で、苦労させられるのなんの。とにかく道中にある宝を一切とってはならないのだ。

Spelunky_15_07.jpg
遺跡までいければあと少しのはずだが、ここからが難しい

 とりあえずやってみたところ、これまた意外と簡単に遺跡まで辿りつけたが、その後が続かない。この実績は少しでも金をとってしまった瞬間に失敗なので、あまりにもミスをしやすいのだ。

 というのも、遺跡はかなり危険で爆弾を使わざるを得ない状況が多いのだが、そうすると壁の中にある金塊や、近くにあった宝が飛んでくるのである。そうしてうっかり取ってしまうハメになり、やり直しとなるのだ。

Spelunky_15_08.jpg
結局、暗くなるフロアは最後まで好きになれなかった

 更に、暗闇のマップが出ると金を取らないで進むことが絶望的になる。置いてある松明に火をつけると金塊が出るし、かといって視界が悪いままゆっくり進んでいると敵に攻撃されるし、急いでもどうしようもないと、これが難しすぎるのである。だからこの特殊フロアは嫌いなんだ。

貧乏になるのがこんなに辛いことだなんて

Spelunky_15_09.jpg
とりあえずオルメカまで来れば一安心

 「スピードランキー」とは違い、こちらは百回近くの再挑戦でようやく最後までたどり着いた。これもコツをまとめでおこう。
  • 敵と宝が重なっていると、宝が見えなくなるので要注意
  • 泥棒をすると慌てて金をとってしまう可能性が高いので、盗みは避ける
  • 時間はいっぱいかけてもいいが、余計な行動をすると危険は高まる
  • こちらも爆弾が最低限とロープが数本あればOKだが、買い物できない分ややシビアか

Spelunky_15_10.jpg

 正直なところかなり疲れたが、なんとか「ロー スコア」を解除することができた。いやまったく、これに関してはストレスのほうが大きかった。はっきりいって、あまり良いと言えそうにない制限プレイであろう。

Spelunky_15_11.jpg
「ロー スコア」解除のために95回も挑戦したようだ

 さて、これで残りの実績は2つである。片方は「1000回アドベンチャーモードをプレイする」という内容なので、あと93回遊ぶ(≒死ぬ)ことで自動的に解除されるわけである。できることならば、その前にもう片方を解除したいところだが、どうなることやら。

○ Spelunky 16 確かに「1000回死ねるアクションゲーム」だった
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1408.html

コメント

非公開コメント