Hybrid 06 武器博覧会・下

ルールや味方の状況を考えて使いたいスナイパーライフル

 今回は、前回から始まった僕の武器に対する私見を書く「武器博覧会」の続きである。さっそく見ていこう。

 とにかくこの手のシューターで忘れてはならないのがスナイパーライフル。『Hybrid』は高速で動くゲームになりがちだが、特定のルールでは使いやすいのがスナイパーライフルだ。

Hybrid_06_01.jpg
Nx12モデル SAS

 セミオートのスナイパーライフルがNx12モデル SASである。これは威力がそこそこなので、できれば頭を狙う技術を持った人が使いたい(もしくは仲間に削ってもらって当てたい)ところ。

 チームデスマッチであまり役立つことはないが、爆弾を設置する戦術ルールや、オーバーロードでは活躍の機会があることだろう。ただし、仲間との連携が大事な装備なので、野良では使いにくいかも。

Hybrid_06_02.jpg
LRW .802コンパクト

 LRW .802コンパクトはボルトアクションで高威力のスナイパーだ。これは覗いている最中に威力がチャージされ、最大限になったところで敵に当てると、胴体に当たっても即死する(相手が防御を上げていなければだが)。

 これもチームデスマッチでは向いていないが、他ルールでは威力を発揮することだろう。が、覗いている時間が長いので、Nx12モデル SAS以上に味方との連携が取りづらいかも。

Hybrid_06_03.jpg
M9Rバーストスナイパー

 そして、スナイパーなのにアサルトのような性質を持っているのがM9Rバーストスナイパーだ。これは威力が恐ろしく低いが、装弾数が30もあって、しかも弾が敵に誘導するらしい。

 考え方としては「スコープ付きアサルトライフル」がいいのだろう。また、バーストなのでカバー越しに撃ってもそこそこ戦えなくもないのも魅力である。AIM力に自信がない人でも使えるスナイパーという意味で、なかなか面白いヤツだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加


特別装備はあくまで味方をアシストする武器

 続いては激的な威力には欠けるが、チームに使う人がいると味方が喜ぶ特別装備である。

Hybrid_06_04.jpg
R1モデル スワーム

 R1モデル スワームは『Hybrid』でかなり目立つ武器だろう。チャージして撃つとエネルギー弾が発射され、着弾した場所に壁すら貫通する球状のダメージ判定が発生する。そして、そこにいる敵と自分は徐々にダメージを受けていく。

 この武器の何が素晴らしいかといえば、相手をカバーポイントから強引に動かせるところだ。敵は逃げざるを得ないので(突っ込んでくる敵はハンドガンに切り替えて撃ち落とせるので)、狭いマップではかなりの威力を発揮する。逆に近接戦闘ではかなり無意味なので、味方の援護が必要ではあるものの、それさえあれば光り輝く武器だ。

Hybrid_06_05.jpg
MR6Lトライデント

 同じく特殊武器であるMR6Lトライデントも、味方の援護に向いているミサイルランチャーだ。ただし、こちらはカバーポイントを貫通しないらしいうえに、装弾数も6と少なめである。

 これは使い勝手に困りがちな武器である。サポートはR1モデル スワームのほうが圧倒的に優秀なので、いくらMR6Lトライデントの威力が高いとはいえ……。いや、これはR1モデル スワームが優秀すぎるせいなのか?

中距離で撃たれればたちまち蜂の巣になる軽マシンガン

 軽マシンガンは広範囲に弾をバラまく銃だが、この手のゲームにありがちな性能になっている。よって、装弾数が多くて精度の悪いアサルトライフルが軽マシンガンだ。

Hybrid_06_06.jpg
バルカンMG

 このカテゴリで僕がもっとも好きな武器は、バルカンMGである。これは発射速度がかなり早いうえに装弾数が無限なのだ。ただし、連続使用を続けるとオーバーヒートしてしまう。

 しかし、リロードが不要な性能はかなり強いといえる。おかげで使っている人もよく見る武器だ。ただし、威力と精度がいまひとつなので遠距離から撃ち漏らすことが多い。よって、攻撃力をあげるアビリティや専門分野が必要となるだろう。

Hybrid_06_07.jpg
LMG-12U/A

 一方のLMG-12U/Aは、装弾数が100と限りあるものの、威力は割と高いというものである。

 軽マシンガンはリロードする手間と威力のどちらを取るかといったところか。味方との連携さえ取れていればLMG-12U/Aのほうがアビリティを別枠に割くことができて便利ではあるが、運用次第だろう。

選ぶのになかなか迷うアサルトライフル

 最後になるのが中~遠距離戦闘に向いているアサルトライフルだ。しかし、ものによっては近接戦闘もこなせるものもあるのが、このカテゴリのすごいところ。

Hybrid_06_08.jpg
MR8A カービン銃

 まずはパラディン側のデフォルト装備であるMR8A カービン銃。フルオートで発射速度も速く、中・遠距離を無難に戦うことができる。最初期から存在する武器だが、これはいつまでも使える安定した存在といえる。

Hybrid_06_09.jpg
N1モデル アサルト

 そしてヴァリアント側のデフォルト装備なのがN1モデル アサルトだ。こちらはMR8A カービン銃より威力が高く、発射速度と装弾数が低め。だが、これも使い勝手がよい。どちらを使うかは好みによるだろう。

Hybrid_06_10.jpg
MR19 バトルライフル

 アサルトライフルの中でもやや異色なのがMR19 バトルライフル。これはセミオートで一発ずつ撃たなければならない。

 しかし、威力がかなり高いのでカバー越しの撃ち合いにも勝ちやすい。確実に当てることができれば、ほかのアサルトライフルよりこれを選ぶべきだろう。

Hybrid_06_11.jpg
N3モデル バースト

 メインウェポン紹介の最後となるのはN3モデル バーストだ。これはフルオートではなくバースト射撃が特徴だ。カバー越しに撃ちあうゲームでのバースト射撃は余計な印象が強く、だいぶ影が薄い。

そして忘れてはならないのがサブウェポン

Hybrid_06_12.jpg
ハンドガンの正式名称は忘れた

 そして、どの装備を持っても常にサブウェポンとして携帯しているハンドガンのことは忘れてはならない。これは装弾数が20しかない補助的なものであるものの、精度はよく威力もそこそこだ。

 メインウェポンがショットガンやスワームの際は、自分の苦手な場所に相手が逃げた際の追い打ち、あるいは緊急用の装備として使えることになるだろう。侮れない武器なので油断は禁物である。もっとも、アサルトを持っている時なんかは出番がほとんどないが。

 さて、これで私見による武器紹介は終わりとなる。ついでなので、次回以降はアビリティ紹介もしておこう。

○ Hybrid 07 アビリティ博覧会
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1434.html

コメント

非公開コメント