インディーズゲーム 2012年 9/1~9/30の新作

9/1
MarchtotheMoon_ss.jpg

March to the Moon 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Califer Games ジャンル:シューティング 2012/08/31

 コメントに困りすぎる縦スクロールシューティング。

 主人公の髪型・服・ジーンズなどを設定できるシューティングゲーム。アビリティも複数種類あり、敵を倒してそれらを育てつつ戦っていく。
 が、レベルデザインが例のごとく無茶苦茶で、面白いかどうか語るレベルにすら到達していないだろう。ましてや、主人公をハゲにしたり金髪にしたり、ジーンズの色を設定して誰が喜ぶのか!? どういう言葉をかけていいか困るという意味がわかるだろう。


Mayhem_ss.jpg

Mystic Mayhem 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:DarrionCSUSB ジャンル:キャラクター アクション 2012/09/01

 2.5Dアクションと名乗ってはいるが、劣化した印象しか残らない2Dアクション。

 3Dで描かれたステージを進む2Dアクションである。ただし、視点を主観視点にも変更できるあたりが特徴か。ルールとしては、鍵を見つけてゴールを目指すというもの。
 このゲームは2.5Dアクションなどと名前をつけているが、主観視点は無意味と言い切れるし、背景が立体的だからといって何かあるわけではないのだ。そのため単なる2Dアクションであり、結果としてレベルデザインの不出来さや無意味なコントローラーの振動ばかりが目に付き、不快感しか残らないのだ。と、以前にもこの手のゲームで似た話を書いた記憶がある。


9/2
NullBattles_ss.jpg

Null Battles 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Techno Hermit Games ジャンル:シューティング 2012/09/02

 すべてがバラバラになる対戦FPS(一人称視点シューティング)。オフ4人、オン・システムリンクでの16人プレイに対応。

 触った瞬間にダメな対戦ゲームだとわかる。やたらとこわばっており味気ないキャラクターたち、重力がふわふわしているせいで意味不明にしか見えないステージ、当たっているのだか当たっていないのだかさっぱりわからないレーザー……。これで対戦する人がいるはずがない(と書いておけば、物好きが遊んでくれる可能性が出てくるだろう)。
 崩れているのはこのゲームの対戦そのものである。


PaintballWar_ss.jpg

Paintball War 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Strange Games ジャンル:シューティング 2012/09/02

 アバターのペイントボール・対戦シューター。オン・システムリンクでの16人プレイに対応。

 16人までのオンライン対戦がウリで、装備のカスタマイズやキルストリークも存在している。が、『Avatar Laser Wars 2』と比較すると、ほとんどの面で負けている。
 ましてやペイントボールという題材も既に使われているし、かなり立場がなさそうなアバター対戦ゲームである。無論、安いので数はそこそこ出るだろうが。


OoziEarthAdventureEp4_ss.jpg

Oozi Earth Adventure Ep. 4 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:AwesomeGamesStudio ジャンル:アクション & アドベンチャー 2012/09/02

 2Dジャンプアクション、Ooziシリーズ最新作。『Oozi: Earth Adventure Ep. 3』の続編。

 これまたいつもどおりだ。グラフィックの出来はいいが、退屈なステージが続くという感じである。そして、シリーズファン向けであることも同じだ。
 やはり、この手のシリーズものは右肩下がりで人気が落ちていくようである。それもそのはずで、単なるアクションゲームを分割して、しかも長い時間をかけて配信しているのだ。デベロッパにも事情があるので仕方なかろうが、プレイヤーの感心が消えるには十分な時間があるだろう。


Volley_ss.jpg

Volley 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Johannes Schmidt ジャンル:アクション & アドベンチャー 2012/09/02

 かなりシンプルな2Dバレーボール。オフ4人までのプレイに対応。

 丸を操作してバレーボールをするというゲームである。特殊なアイテムがいくつか存在し、1対1と2対2が選択可能。
 別に何が悪いというわけではないし、目立つ問題があるわけではない(ボールが保持できるのは気になるが)。とはいえ、見たこともあるゲームであり、褒め言葉も出ない程度なのである。


9/3
summoners_ss.jpg

summoners 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Justin Sallo ジャンル:戦略 & シミュレーション 2012/09/02

 対戦カードゲーム。オフ・オン・システムリンクでの2人プレイに対応。

 モンスターの攻撃と魔法を駆使し、相手のライフを削りきれば勝ちというカードゲームである。カードを集めたりレベルアップをしていく要素もあるようだ。
 ゲームジャンルとして致し方ない部分もあるが、デモ版ではかなり理解しづらい。また、見た目もいまひとつという印象を抱かれそうだし、操作体系にも疑問が残りそうだ。そして、安いなりに人気を得ようとしても目立ちにくいか。


LittleKingdomAdvanced_ss.jpg

Little Kingdom Advanced 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Andreil Game ジャンル:戦略 & シミュレーション 2012/09/02

 シンプルかつ小規模なストラテジー。『Little Kingdom』のバージョンアップ版。

 建物を作り土地と資源を奪い合うというゲームである。いかに敵より効率良く資源を回収していくかが肝であり、ルールはいたってシンプル。
 今までかなり素っ気なかったグラフィックもいくらか直されているし、何よりパッケージ画像にまともな絵があるだけでもだいぶ違うだろう。もっとも、人気を得るにはもうひと押し欲しいところだ。手軽で簡単なストラテジーという目のつけどころ自体は悪くないことだし。


DeathCloset_ss.jpg

Death Closet 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Stegersaurus Games ジャンル:キャラクター アクション 2012/08/29

 閉じ込められた男の即死アクション。

 固定画面に閉じ込められてしまった変な顔をした男。彼は迫り来る即死攻撃を避け続けなければならなくなったのだ! というようなゲームである。
 この手の即死アクションは手軽かつ歯ごたえがあり、類似ジャンルで人気を博している。本作も理解しやすく、同時に繊細な操作の必要があるので家庭用据置機向きと言えそうだ。とはいえ、もう少し敵の特性を見た目でわかりやすくしたり、死亡時のリトライが快適であって欲しかったところ。あとひと磨きか。


9/4
GetOffMyIsland_ss.jpg

Get Off My Island 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Elite Gudz Corp. ジャンル:アクション & アドベンチャー 2012/09/03

 タイトルを『Angry Monkey』にすべきだったゲーム。

 いわゆる『Angry Bird』のクローンで、サルが果物を飛ばしてクソガキどもを爆死させるというやや不謹慎なゲームである。なかなか整っているが、特別なものはなさそうだ。
 この手のタイトルは既に明確な類似作品(『Angry Fish』)があるので、あまり出番はなく。それこそタイトルを『Angry Monkey』にでもしたほうが売れそうである。せめて堂々とやるべし。


MageCage_ss.jpg

Mage Cage 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:ThunderfishEntertainment_0 ジャンル:キャラクター アクション 2012/09/03

 魔法を駆使して戦う2Dアクション。オフ4人プレイまでに対応。

 魔法を全方位に飛ばしまくり敵を倒しまくる対戦アクション。魔法はぶつかると爆発を起こすので、それや特殊能力で大ダメージを狙って敵を倒していく。
 別に対戦ゲームとして問題はないが……、いや、あるといえばあるか。この程度の出来ではなかなか対戦相手が集まらないという問題が。


Resistor_ss.jpg

Resistor 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Levi D. Smith ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2012/09/03

 電気回路のパズルゲーム。

 レジスター(抵抗器)を設置して電力を制限し、必要な数値の電力だけを目的地に届けるというパズルゲームである。本作はレジスター・カラーコードの基本を教えてくれるそうだ。つまり、半ばエデュテインメントということだろう。
 こう書くとなんだか難しい気もするが、うまく線を繋ぐだけのパズルだと考えればいい。……いやしかし、それでは電気回路を学ぶことにならないのではないか。しかもパズルゲームとして首をひねるステージも多めである。……「えっ」という声が聞こえたが、聞かなかったことにしておこう。


TrapBallEdici#243;nBillar_ss

Trap Ball Edicio'n Billar 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Axouxere Games ジャンル:キャラクター アクション 2012/09/04

 プレイヤーにほとんど衝撃を与えない即死ゲーム。

 8ボールを転がして即死トラップを避けつつゴールを目指すアクションゲーム。ステージクリア形式となっている。また、ボールの周囲以外がすべて暗闇になる「NINJAモード」も存在。
 そこそこ理不尽に8ボールが死ぬのだが、演出がほとんどないので実にあっさりしている。おかげで面白みがない。8ボールが死んでもどうでもいいように、このゲームもどうでもいい。


9/7
PunchThatFace_ss.jpg

Punch That Face 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:GeeksandDorks ジャンル:格闘 2012/09/06

 相手の顔面を欲望のままに殴りたまえ。

 変な顔の連中が現れるので、Aボタンを連打しまくりそいつらの顔をボッコボコにするのが目的である。敵を殴り倒すと金がもらえて装備が買えるほか、アワードシステムなども存在している。
 絵も安定していないのでかなりふざけたゲームに見えるが、成長要素などもあり意外とまともである。もっとも、背景色が連打で変化するうえに、その色が原色の赤や青なのでえらいことになるのだが……。(まるで『Colaris』だ。)

 それにしても説明文の日本語が秀逸だ。

「パンチ、パンチ、パンチ!そして、もっと パンチ!お前の野望はこの拳にいる! がんばれ!」

 “お前の野望はこの拳にいる”……。なんという玉虫色の言葉か。だいぶふざけたゲームだが、不思議と奇妙な魅力がある。


Face-PlantAdventures_ss.jpg

Face-Plant Adventures 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:oddworm games ジャンル:キャラクター アクション 2012/09/07

 口だけ男が時計をぺろぺろしまくる2Dアクションゲーム。

 立ちはだかる壁を解除しながら先へと進むアクションアドベンチャーとでもいうべき作品である。奇妙なキャラクターや世界が魅力だろうか。
 この手のジャンルとしてはかなり没個性的であるが、悪いわけではない。しかし、その状態で視認性の悪いアクションを遊ばされると、ストレスばかりが溜まるのである。必要なのは、何かほかと違うという(ことをプレイヤーに認識させる)ことなのだろう。


9/8
SlowDown_ss.jpg

SlowDown 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:CompilerGames ジャンル:レース & フライト 2012/09/07

 いつでもどこでもカーレース。オフ4人までのプレイに対応。

 トップビューのレースゲーム。単なるレースのほか、豚を回避したりゾンビを轢き殺したり警察から逃げるモードが存在している。天候や時間の変更も可能である。
 ルールに対しては水増しという言葉を使いたくなるものの、コースの質感もなかなかで車の挙動も悪くない具合だ。足りないものがあるとすれば輝きだろう。どうも砂埃にまみれて見えなくなりそうなゲームだ。


HackThisGame4_ss.jpg

Hack This Game 4 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Utopioneer Games ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2012/09/07

 ハッキング風ミニゲーム集の最終章。『Hack This Game 3』の続編。

 ヒントとなる図形を見ながら4つのボタンから構成されるパスワードを探るというゲームである。それなりの人気があるシリーズのようだが、これで最後となるようだ。
 特別に何か目新しいものがあるゲームではないが、頭を捻る安価な謎解きゲームとしては立場があったのだろう。本作も特に言うべきことはない。


YetholmCastleAriesAttack_ss.jpg

Yetholm Castle Aries Attack 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:ipkerq32i ジャンル:戦略 & シミュレーション 2012/09/07

 羊が一匹、羊が二匹……、なタワーディフェンス。

 攻め来る羊たちを押さえるため、砲台を立てて陣地を守るタワーディフェンス。特筆すべき点はあまりないか。
 スクリーンショットを見た時の「ああ、あまり慣れていないのだろうな」という印象がそのまま伝わるゲームである。


BathSaltZombies_ss.jpg

Bath Salt Zombies 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:dreamwagon ジャンル:シューティング 2012/09/08

 音楽に合わせてノリノリでゾンビを殺す全方位シューティング。オフ4人までのプレイに対応。

 おそらく、人気のある『I MAED A GAM3 W1TH Z0MB1ES!!!1』から多大な影響を受けたのだろう。似たようなツインスティックシューターである。
 とはいえ、本作は劣化版という印象が離れない。演出は安っぽく、カメラの動きは意味不明で画面のちらつきはストレスを産むばかりだし、敵はだらだらと出続けるだけだ。もっとも、類似ジャンルなだけまだ注目を引くだろう。ゾンビも出ることだし。


9/9
DeathOrbWars_ss.jpg

Death Orb Wars 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Psyodronix ジャンル:アクション & アドベンチャー 2012/09/08

 オーブだらけの世界で生き残るミニゲーム。

 宇宙船を操作してオーブを避け続けるゲームだが、触れてしまったオーブ効果が不明瞭なので混乱しまくる。いきなり操作が反転したり、行ける場所が狭くなったりする。
 せめて説明さえしていれば無難なゲームになれたものを。このゲームも、まさしく宇宙に散らばっている塵のようになってしまうだろう。


GalacticThunder_ss.jpg

Galactic Thunder 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Cinj Interactive ジャンル:シューティング 2012/09/08

 何も書きたくならない横スクロールシューティング。オフ4人プレイまでに対応。

 特別なシステムのない横スクロールシューティングだが、問題点も当たり前のように搭載している。冗長なステージ、視認しづらい弾、視認性を下げるばかりのボムなど、まともに相手はしてもらえないだろう。
 かといって、貶す必要があるほどクソというわけではない。きちんと形にはなっているし、遊べなくはないのだ。ただ、いちいち遊ぶことがない程度に面白くないだけで。


ezmuze+2_ss.jpg

ezmuze+ 2 400MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Mad Ninja Corp._0 ジャンル:音楽 2012/09/08

 ミュージックシーケンサー。『ezmuze+』シリーズの新作。

 なかなかの実績がある作曲ソフトなので、本作も受け入れられる余地はあると思われる。
 ソフトの詳細については詳しい人の意見を聞くべきだろう。


MurderMiners_ss.jpg

Murder Miners 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:JForce Games ジャンル:シューティング 2012/09/09

 ブロックワールドで対戦FPS! オン・システムリンクでの20人プレイまでに対応。

 『Minecraft』のようなブロックで世界を生成する要素と、対戦FPSが混じったゲームである。対戦のほかに、ゾンビが襲い掛かってくるモードやクリエイションモードも存在している。
 この手のゲームにおける革新にはならないだろうが、値段なりの及第点には達する内容だろう。もっとも、素直にアバターものにしておけばよかったようにも思えるし、この手のジャンルにはそこまで入り込む隙もなさそうでもある。


BrimstoneAnActionRPG_ss.jpg

Brimstone - An Action RPG 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Punchbag Entertainment ジャンル:アクション & アドベンチャー 2012/09/09

 ハック&スラッシュのダンジョンRPG。オン・システムリンクでの8人プレイまでに対応。

 ダンジョンに潜り、より優秀なアイテムを手に入れるため、そして自身をより強くするために敵を倒し続けるゲームである。360インディーズゲームには『Cursed Loot』のような類似ジャンルも存在している。
 本作の魅力はオンラインに対応している部分だろう。同時プレイがいかなるものかはデモ版では見ることができないのだが、そことゲームバランスをきちんと押さえていれば立ち位置はあるはずだ。が、わかりやすい要素があまりないのは痛そうだ。


9/10
ColorSense_ss.jpg

Color Sense 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Bitreaction Game Studios ジャンル:懐かしのゲーム 2012/09/09

 またボタン覚えゲームか。

 またか。またボタンの光る順番を覚えて同じように押すゲームか。360インディーズゲームにおいて、この手のゲームはいったい何度目かと問いたいうえに、恐ろしく変哲もなく、ついでにいえばテンポも悪いではないか。
 何よりセンスが欠如しているのはこのゲームそのものだ。


Glare_ss.jpg

Glare 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Crabbo ジャンル:アクション & アドベンチャー 2012/09/09

 至極ふつうの全方位シューティング。

 ただのツインスティックシューティングだ。いや、敵の出現予告がないので理不尽に感じるだとか、ミニマップをつけるくらいなら全体を見渡せるようにしたほうがよかったのではだとか、敵が増えた時にボムを使うと処理落ちするのはどうかと思うが、そのくらいは見逃せばいいのである。
 この勢いでほかの細かいこともすべて見逃せばいい。この手のジャンルは山ほどあるということ、5分もプレイしないうちに飽きること、なんら精神を揺さぶるものがないこと……。いや、どうせなら、このゲームすら見逃せばいいのか。


HeyAliensIllMashYouUp!_ss.jpg

Hey Aliens: Ill Mash You Up! 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Kurikatos ジャンル:アクション & アドベンチャー 2012/09/09

 全シューター必見! これが究極のシューティングゲームだ!!

 自称「The ultimate alien shooting game」とのことだが、具体的にどこが究極かというと、制作者が「ピュウ!」と叫びまくってくれる部分だ。あとは、グラフィックの差し替えが可能な以外、すべて『スペースインベーダー』の劣化したものである。
 ひさびさに「てめェ、タダとはいえよくもこんなもんを遊ばせやがって、こいつはメチャ許さんよなぁぁぁ」という気持ちになった作品である。そして、作者は何十年前からタイムスリップしてきたのかと問い詰めたい。これはクラシックなどではなく腐敗だ。


qrth-phyl_ss.jpg

qrth-phyl 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:hermitgames ジャンル:アクション & アドベンチャー 2012/09/09

 スネークゲームの新境地。開発は『Leave Home』のhermitgames。

 ゲームとしてはいわゆる3D化したスネークゲームなのだが、見た目が変化しただけでここまで圧倒される作品になるとは。この黄金のヘビは光をまといながら、眩い宇宙空間を稲妻のように駆け抜けていくのである。
 いや、御託を並べるのはもういい。これに関しては実際に見てもらうしかないだろう。

○ “スネークゲーム”の蛇が見る世界 『qrth-phyl』 特集
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1448.html


DefendersoftheLastColony_ss.jpg

Defenders of the Last Colony 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:knitted pixels ジャンル:シューティング 2012/09/09

 最後のコロニーを死ぬ気で守る全方位シューティングゲーム。オフ4人までのプレイに対応。

 ツインスティックシューティングとタワーディフェンスが合体したという、自分が戦いつつ設置された砲台で敵を追い返すというジャンルのはずなのだが……。
 このゲーム、デモ版の起動自体はするのだが遊ぶことができないのである。どうも「Play」を押すとそのまま動かず、ようやく動いたかと思えばエラーコード4。既に最後のコロニーは陥落したというのか。


FunkyBalls_ss.jpg

Funky Balls 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Philip Muwanga ジャンル:キャラクター アクション 2012/09/10

 アバターの玉転がしアクション。

 XBLAで配信されていた『Marble Blast Ultra』を知っている人は、それの廉価版だと思ってもらえばいいだろう。玉に乗ったアバターをジャンプさせ、うまくゴールを目指していくというゲームだ。『Grunt Assault 1.2』というゲームや、そのほかのゲームのデモ版も収録されている。
 やはり内容は値段相応であり、かなり疑問が残るステージが多いし、演出もあっさりしすぎている。もっとも、安いゲームなのでそれなりの人気が出ることになるのだろう。ましてや、元の作品は配信終了していることだし……。


Senoka_ss.jpg

Senoka 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:MarkyWasTaken ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2012/09/10

 消すには背景色に揃える落ち物パズル。オフ4人までのプレイに対応。

 背景のライン色と同じブロックを配置すると、そのブロックが消える落ち物パズルゲームである。ブロックは上下にしか入れ替えできないので、色数が少なければ簡単だが、増えると途端に難しくなるのだろう。
 別にこのルール自体が悪いわけではないのだが、対戦ゲームなのに人を集める力がないであろうことは間違いがないだろう。そんなパズルゲームにどんな意味があるのかは、難しいところだ。


9/11
Sententia_ss.jpg

Sententia 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:MichaelArts ジャンル:キャラクター アクション 2012/09/11

 少年は迫害されつつも自身の力を強め、成長していく。

 奇妙な種族であり差別を受けている主人公が大人へと成長していく物語、道を進むために線を繋ぎ橋を作るパズル、むやみに難易度の高い2Dアクションゲームの3つがひとつになったゲームである。なお、本作は「art game」とのこと。
 アクション部分がやたらと難しいうえに、パズルも唐突でかなり混ざりきっていない印象がある。もっとも、これは物語の一環なら擁護できなくもない。が、やはり芸術的な要素をウリにする作品は見た目が重要である。よほど物語に含蓄がなければ、「アバタもエクボ」的に良くは解釈されなさそうである。


Splodge_ss.jpg

Splodge 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:XCircleSquare ジャンル:キャラクター アクション 2012/09/11

 2色を切り替え塔を登りまくるアクションゲーム。

 プレイヤーは球体のキャラとなり、体を赤と青に切り替えて足場を登っていく。赤い足場には青い体で、青い足場には赤い体で上に乗ったり、裏側にひっつくことが可能。人を馬鹿にしているのかと思うほど懇切丁寧なステージがあるのに基本操作を教えてくれなかったり、背景と敵の差がわかりにくかったりなど、この手のゲームにありがちな問題点は多い。
 もっとも、悪いゲームなわけではない。だが、いまさらになってこの場では受け入れられない程度だろう。せめて無料にしてAndroidあたりで出していればよかったものを。


9/12
HackTris_ss.jpg

HackTris 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Hhaunted ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2012/09/11

 数字を入れ替えて消していくパズルゲーム。

 敷き詰められた数字を入れ替え、同じ数字を3つ並べるとそれが消える。そして、消した数の合計が目的の数値に達成すれば次のレベルになるというパズルゲームだ。
 このゲームはだいぶ難易度が高い。3つ消しだと1秒しか猶予が増えないうえに、色ではなく数字で見分けるというのはかなり視認性が悪く難がある。パズルゲームのルールとしては無難だろうが、これでは単なる思いつきにしか見えない。


DiehardDungeon_ss.jpg

Diehard Dungeon 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:tricktale ジャンル:アクション & アドベンチャー 2012/09/11

 コンパニオン・チェストとゆく自動生成ダンジョン探索アクションゲーム。

 自動生成のダンジョンでお宝を探すというトップビューのアクションゲームである。目を引くドット絵に、コンパニオン・チェストといったユニークなキャラにミニゲームなど、光が当たりそうなゲームである。
 一方で、デモ版で持った印象は退屈なものであった。どうも道中が「敵と箱を壊して、鍵を探して先へ進む」というだけで、すぐに飽きそうな臭いを感じた。いや、実は先のほうに要素が詰まっており、それは杞憂だといいのだが。

○ コンパニオン・チェストがこの危険なダンジョンで唯一の友達です 『Diehard Dungeon』 特集
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1449.html


SnopsAttack!ZombieDefense_ss.jpg

Snops Attack! Zombie Defense 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Snops ジャンル:シューティング 2012/09/11

 犬のSnopsが猫ゾンビどもを大虐殺! な弾幕シューティングゲーム。

 弾幕シューティングが好きなプレイヤーは必ず見ておくべきだろう。非常に高品質な弾幕シューティングゲームであり、激しいショット、ぶっ潰したくなる敵、Buddyという仲間の存在、そして手応えのあるステージが用意されている。なお、残機+ライフ(厳密にはシールド)制で序盤は優しめに調整されている模様。
 気になるのは地味な効果音くらいのものだが、弾幕STGはこういうものなのだろうか? ともあれ、歓迎すべきニッチジャンルの作品だろう。


9/13
ASnowySlalom_ss.jpg

A Snowy Slalom 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Tarh Ik ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2012/09/12

 使用料が安すぎてむしろ割高に感じるスキー場。

 旗の間を通過するスラローム(回転)スキー競技のゲームである。自動生成されるトラックを滑るわけだが、生成というよりは難易度があがるたびにコースの蛇行具合が激しくなるといったもののようである。また、キャラクターは男女共に複数用意されている。
 難易度が上がりすぎると壁がトゲのようになるあたり笑えるが、雪上を滑る感覚は表現できていないわけではない。非常に安価なスキー場として覚悟すれば文句も出なかろうが、費やす時間のほうが高くつきそうだ。


Gateways!_ss.jpg

Gateways! 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Smudged Cat Games ジャンル:キャラクター アクション 2012/09/13

 科学者の不思議な研究所を探索しつつパズルを解く2Dアクションアドベンチャー。開発は『Adventures of Shuggy』のSmudged Cat Games。

 ステレオタイプな科学者が自分の創りだした装置(ワープ銃や、自分の大きさを変えられる銃)を利用し、広い科学研究所を探索するパズル寄りの2Dアクションゲームである。オーブを集めるとヒントや答えが見られるシステムが存在している。
 なんというか、デモ版の印象は『Portal』である。使える装置が二箇所にワープ装置を作る銃なので、進行方法もまるきりそれだ。また、ゲームの仕様上致し方ない部分もあるのだろうが、せめて博士が複数に増える装置などを見せてもらいたかった。だが、先に期待をするには十分な良さを見せるデモでもあった。


9/14
SmoothOperators_ss.jpg

Smooth Operators 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Andreas Heydeck ジャンル:戦略 & シミュレーション 2012/09/14

 コールセンターのオフィス経営シミュレーション。

 かわいらしいドット絵が特徴の会社経営シムである。コールセンターを作りトイレや食堂を併設し、会社員を雇い管理人に掃除をさせ、ビルをうまく経営していく。ほかのゲームでいえば『ザ・タワー』に類似しているか。
 この手のゲームは長い目で見なければ判断がつかないが、デモ版で触れられる部分の感触はだいぶ良いだろう。やや操作について要求したい点はあるが、それはともかく憎くもかわいらしい社員を見るのは悪くないものだ。なお、英語がきちんと読める人向けであることも付記しておく。


9/15
LifeintheDorms_ss.jpg

Life in the Dorms 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Moment Games ジャンル:RPG 2012/09/14

 四角い顔の大学一年生が殺人鬼のルームメイトとの生活をはじめる……! 開発は『Office DisOrders』を手がけたMoment Games。

 プレイヤーは大学に入学し、殺人鬼のルームメイトらしい人物との共同生活をはじめる。だが、その人物は姿が見当たらず、次第に主人公は牧歌的な事件(?)に巻き込まれていくというアドベンチャーゲームである。
 この手のゲームは先が長いので、デモ版ではなんとも言い難いか。わかるのはせいぜい、相変わらずテンポが悪いことくらいだ。


JungleJam_ss.jpg

Jungle Jam 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Soft Sell Studios ジャンル:懐かしのゲーム 2012/09/14

 クソザル VS 人類のパズル対決。開発はうわさのSoft Sell Studios。

 3つ揃っているパネルを探して消すという基本は『さめがめ』と同じであるが、プレイ中にサルが邪魔をしてくる。クソザルは様々な特殊効果を起こすMonkifyというものを操り、パネルを入れ替えたり石ブロックなどを混ぜてくる。
 確かに創意工夫は感じられるし、特定のレベルを選定しているデモ版の作りも良好だ。が、しょせんは買ってきた落雁にひとつまみの砂糖をかけるようなもので、むしろ後乗せの砂糖の食感の悪さ、つまりクソザルの迷惑さのほうばかりが強く感じられる。ヤツはパズルではなく毒物で殺処分してやりたい気分だ。


Baccarat_ss.jpg

Baccarat 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Developer25 ジャンル:テーブル ゲーム 2012/09/14

 トランプのバカラが遊べるゲーム。開発は『Pumpkin Smasher』を手がけたDeveloper25。

 ATMから金を引き出して掛ける……。ATMから金を引き出して掛ける……! ATMから金を引き出して掛ける……!! 本当にそれだけのゲームである。儲けるとVIPルームにいけるらしいが、どうせそこでもやることはバカラなのだろう。
 おまけにこのカジノ、画面は見づらいわメニューは使いにくいわで最悪だ。まるで廃ビルの中で行なっている違法賭博のようであり、そういうものに興奮するジャンキー以外にとっては無用である。


9/16
InterGalaXia_ss.jpg

InterGalaXia 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:ByteBox Games ジャンル:シューティング 2012/09/16

 やっていると急に差し込みが起こりそうなシューティングゲーム。

 横スクロールシューティングだが、自分の吐いたゲロで窒息死しそうなくらいにどうしようもない。目隠しをしつつ鼻をほじりながら配置したかと思うような敵や、まともに動かない特殊武器の選択、冗長という言葉をプレイヤーに教え込むために構成されたステージなど、貶し始めたら止まらない。
 いや、否定的な意見はよくないと考える人もいることだろう。せめてひとつくらいは褒め言葉を出さないと。とりあえず、きちんと起動できてゲームルールが理解できるあたりは素晴らしい。


9/17
DiamondChalle_ss.jpg

Diamond Challe 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Schniedel ジャンル:懐かしのゲーム 2012/09/16

 ふつうの『バルダーダッシュ』系パズルゲーム。オフ2人プレイに対応。

 プレイヤーは洞窟で敵を倒し、ダイヤモンドを手に入れつつ出口を目指すというパズルゲーム。岩を落として敵を倒したりするところからして、『バルダーダッシュ』系のアレンジ版なのだろう。ステージ数は約35ステージで、レベルエディタも付属している。
 こういうゲームにはなんて声をかけるべきか迷う。あからさまな上辺だけの褒め言葉はすぐに嘘だとバレるし、かといって非難するようなものでもないが、この手のゲームはこの場に山ほどある。「ふつうはいいことだよ」とでも言うべきか。


Entropy_ss.jpg

Entropy 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:autotivity-games ジャンル:キャラクター アクション 2012/09/16

 奇妙な球体に誘われ、無機質な施設を進む一人称視点のアクションパズル。

 時間戻しや重力操作バブルを操り、熱、酸、電気などを活用して先へ進む一人称視点のアクションパズルである。無機質な部屋、壁に大きく描かれた何かを伝えようとする絵、そして舞台設定の雰囲気などはやはり『Portal』に類似していると言わざるをえないだろう。
 そして、本作は「安いインディーズゲームとしてなら高品質」である。同時に、おそらく世間の目は厳しいものになるではないか。理由は簡単で、差別化しようとしているものの既存のゲームと類似しすぎており、結果的に比較されて粗がかなり目立つからである。


9/18
BungeeFerretTossing_ss.jpg

Bungee Ferret Tossing 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:yyrGames ジャンル:シューティング 2012/09/17

 バンジー動物投げテロリスト殺しゲーム。オフ2人プレイに対応。

 “ヘリからバンジーしながらダイナマイトをつけたフェレットを投げてテロリストどもをぶち殺す”という出落ちゲームである。それでオワリ。ゲームプレイはおまけだろう。
 笑えないジョークほど見ていて辛いものはない。誰か僕の代わりに大きく笑い飛ばしてあげて欲しい。


CityTuesday_ss.jpg

City Tuesday 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Return To Adventure Mountain ジャンル:アクション & アドベンチャー 2012/09/18

 ピクトグラムの世界で爆破を阻止せよ!

 主人公はテロの数分前に戻ることのできるタイムトラベラー。このピクトグラムの世界で爆弾を見つけ出し、テロリストの野望を阻止するのである。さまざまな仕掛けを活用し、時を進め、あるいはその日の始まりに戻し、爆破を阻止していくパズルゲームだ。
 この印象的かつまとまりやすいグラフィックは見事なのだが、ゲームの根幹であるパズルとしてはやや期待はずれという印象がある。街中にあるアイテムや情報を使って爆弾を探すのだが、引っかかりのない印象に落ち着いてしまいそうなのだ。が、それについてはとにかく先を見てからか。


9/19
Xenominer_ss.jpg

Xenominer 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Gristmill Studios ジャンル:アクション & アドベンチャー 2012/09/19

 惑星探査型『Minecraft』クローン。

 月にひとり取り残されたことに気づいたプレイヤーは、自身の持っている装置を駆使して生き残っていくというサンドボックスゲームである。惑星にある資源を駆使し、自身の生命維持に必要なエネルギーや有用な装置を作成していく必要がある。また、簡単なプログラムをすることが可能で、BOTに穴掘りなどを任せられるようだ。
 サバイバル要素が前面に押し出されているタイプの『Minecraft』クローンのようだが、マルチがないので建設は二の次。はたしてサンドボックスでサバイバルというのは相性が良いのか疑わしいが、いささかデモでは判断がつかず。とりあえず、人気要素は抑えられていそうだが。

 なお、現在の値段は期間限定とのこと。


9/20
Pixel_ss.jpg

Pixel 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Rob Tom Roe ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2012/09/20

 正方形で構成された世界の一人称視点アクションパズル。

 足場を生成する銃を駆使しゴールを目指すという一人称視点のゲームである。一人称視点だけあって足場が見えづらいものの、落下しづらくなる工夫は施されているようだ。
 だが、このジャンル(あるいは作品)ならではのアイデアはデモにおいては見られなかった。基本はやはり視認しづらいアクションであり弱点は克服しきれておらず、あえてそれを選んだなりの長所を伸ばした様子も見られず。かなり無難で印象が弱く、特筆すべきものはなさそうだ。取り柄は安いということ……か。


9/21
StrategySoccerLiveClub2013_ss.jpg

Strategy Soccer Live Club 2013 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Hoelkosoft ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2012/09/20

 ターンベースの戦略サッカーゲーム。『Strategy Soccer』の改訂版。オフ・オンでの2人プレイのみに対応。

 1ターンにふたりの選手を動かし、パス・シュート・走るなどの命令を与えてボールを運んでいく。選手には体力があるので、それをいかに残してゴールへ繋ぐかという戦略ゲームである。
 最大の問題は「そもそも対戦してくれるプレイヤーがいるかどうか」というあたり、前作から進歩していないことだろう。もっとも、ゲームの出来を知る以前でつまづくというのは本作だけの問題ではないが。それにしても、パッケージ画像でサッカーボールのアスペクト比が間違っているあたり、人を遠ざける能力がある。


9/22
NukeWar84_ss.jpg

Nuke War '84 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:We Love Hamsters Software ジャンル:戦略 & シミュレーション 2012/09/21

 アメリカ対ソビエトの冷戦・戦略ゲーム。

 冷戦に備えてミサイル・戦闘機・潜水艦・スパイによる調査を準備し、敵国をぶち倒す戦略ゲームである。升目の中で相手の位置を予測して爆撃する「海戦ゲーム」のアレンジ版といえばわかりやすいだろうか。
 はっきりいって、このゲームに楽しませてもらうという意味で会うことはないだろう。ノスタルジアに浸れるなんて事情があればまた別だが。


CarsShootingatALIENS_ss.jpg

Cars Shooting at ALIENS 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Zebra Games_0 ジャンル:レース & フライト 2012/09/21

 「子供が作ったゲームだよ! だから察せ!」というゲーム。

 いわくつきのゲームばかり出すZebra Gamesが搦手を使ってきた。パッケージ画像のケミカルさに目を惹かれるが、なんとこれは子供によって作られたらしい。なんて微笑ましいのだ。
 しかし、遊んでみると困るとしか言いようがない。作中で子供が声でゲームルールを説明してくれるのはいいものの、ゲームは完璧に破綻している。無茶苦茶な車の挙動、激しすぎるエイリアンの攻撃、そもそもプレイ中に画面がしばしば止まる……! ハハハ、子供のやることだから。子供のやることだから……。


TacticalMeasure_ss.jpg

Tactical Measure 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Utah Game Forge ジャンル:キャラクター アクション 2012/09/21

 コントローラーの振動がいかに不快かを教えてくれるゲーム。

 自動スクロールのジャンプのみアクションで、音符をとっていくと音楽ができあがる……、という形はありがちなものである。しかし、コントローラーの振動が発狂した薬中が如く激しすぎ、BGMよりも振動音のほうがでかいという有様だ。
 おかげであまりにも不快であり、まともにゲームを遊ぶことすらままならなかった。どのくらい吐き気がするかというと、このゲームをプレイ中のコントローラーを制作者のケツにぶち込んでやりたいくらいには気分が悪かった。


9BallChampionLIVE_ss.jpg

9 Ball Champion LIVE 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Maximinus ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2012/09/22

 オンラインプレイに対応した9ボール。オフ・オンでの2人から4人までのプレイに対応。

 もはやMaximinus Gamesに言うことはない。9ボール、8ボールとオフラインプレイのみの複数のバージョンを作り、今度はそれをオンラインに対応させ新作として出す……!! この、ただカタログを孕ませようとする手法にかける言葉はないのだ。
 もう勘弁してくれ。


8Ball_ss.jpg

8 Ball 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:The Gao ジャンル:ファミリー 2012/09/22

 オフライン用8ボール。オフ2人プレイに対応。

 簡素な8ボールを遊べるものである。テーブルのサイズをカスタマイズ可能で、プレイするたびにスコアなるプレイヤーの経験数値が記録されていくようだ。
 前述のようにMaximinus Gamesが8ボールを配信している(それも80MSPでオンラインに対応したものも)ので、本作には立場がないとしか言いようがない。このデベロッパは9ボールやらバージョン違いを出さないでいてくれると助かるのだが……。


9/25
mezondomaou_ss.jpg

メゾン・ド・魔王 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:chiclo ジャンル:戦略 & シミュレーション 2012/09/25

 魔王となりアパートの経営をしつつ人間を倒す戦略&経営シミュレーション。

 経営しているアパートにさまざまなモンスターが入居してくるので、彼らの面倒を見つつ襲ってくる人間を倒すというゲームである。特に素敵なのはモンスターのデザインが見事なところだ。種類も多ければ設定もこまめで、何よりどいつも愛嬌がある。
 シムとしては理解しやすく、底の深さは判断のつかないところではあるものの、かわいらしい見た目にあったものになっていそうだ。そのために僕はだいぶ気に入ったのだが、この出来のわりには市場の理解を得られなさそうなゲームでもある。


9/27
SGLII-BugBlast_ss.jpg

SGLII - Bug Blast 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:jofan ジャンル:キャラクター アクション 2012/09/26

 グロテスクな虫のアクションシューティング。オフ2人プレイに対応。『Snakez Gunz & Ladderz』の続編。

 今回はステージ中で指示される目的を次々とこなしていくアクションゲームとなっている。たとえば敵である虫を倒したり、一定数の宝石を集めたりと、そういったことを繰り返していくようだ。
 しかし、相変わらずどんな楽しみを表現しているのか理解できない。目標をこまめにつけたのはいいが、そもそもその行為自体に疑問を感じてしまうほど無味無臭である。とにかく、主人公の虫が気味悪いことしかわからない。


9/28
MoeMekuri3_ss.jpg

Moe Mekuri 3 萌めくり3 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Kohei ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2012/09/27

 萌えキャラの水着姿を拝むために必死にパズルを解くゲーム第三弾。

 『萌えめくり』シリーズも第三弾だ。今回は新キャラが登場するようになり、システムが初代のものになっているようだが、やはり「萌えキャラを拝むゲーム」という部分は変化がない。そして、この場においては上質なのも同じだ。
 しかし、正直なところ停滞を感じる。やはり「パズルをクリアすると萌え絵が出る」という原始的なギャルゲー作品から変化しておらず、飽きも払拭はできないだろう。が、360インディーズゲームにおける真っ当なギャルゲーは、このシリーズとTeam Shurikenの作品くらいしかないというのも事実なのだ。


9/29
RedInvasionTDBlitzkrieg_ss.jpg

Red Invasion: TD Blitzkrieg 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Milkstone Studios S.L. ジャンル:戦略 & シミュレーション 2012/09/28

 7/10タワーディフェンスが帰ってきた! 『Red Invasion: Tower Defense』の続編。

 以前『Red Invasion: Tower Defense』のレビューで書いたように、これは10点中7点のゲームである。確かにタワーディフェンスとしてはなかなかの具合なのだが、特筆すべき点はない。が、360インディーズゲームでは安くて安定した作品といえる。
 そして、今回も同じような結論か、それにやや劣る位置にたどり着きそうだ。今回は新しいタレットや敵を用意しているようだが、そもそもパッケージゲームのような続編が得意なタイプの場ではないので、飽きのほうが強いだろう。よって、過剰な期待をしなければ、前作を知らなければ、値段で納得すれば、と言葉を前置きする形になる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

SGL2についてですが、あのゲームのメインはサントラで、ゲームはおまけです。
中でも2曲目はすばらい。私はハマりました曲にですが(笑)

おお、まさか『SGLII - Bug Blast』プレイヤーがいらっしゃるとは! 貴重な話を聞けてありがたいです。
曲を借りたり外注している作品も多いせいか、サウンドだけやたらと突出してる作品はちらほら見ますねー。

レス、ありがとうです。
確かにサウンドだけ突出したゲームが時々ありますね。
「the sugar killerz」
なんかもサントラが良かったですよ。
ゲームはそれなりにですが(笑)

ちょくちょく来てますんで、これからもインディズゲームのレビューよろしくです。

更新する余裕がある限りは続けるので、よければご覧ください。
もちろん、ゲームのほうも色々遊んでみてください。
非公開コメント