スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Alan Wake's American Nightmare 01 プロローグ

『Alan Wake's American Nightmare』

AW-AN_01_01.jpg
『Alan Wake's American Nightmare』タイトル画面

 XBLA『Alan Wake's American Nightmare』が値下げで半額になっていたので購入した。本作は2010年に発売された『Alan Wake』の番外編のようなゲームである。本サイトではその作品についても記事を掲載しているので、興味のある方は参照されたし。

○ 『Alan Wake』プレイ記録
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-category-64.html

 このXBLA版は物語としても一応続いているようだが、ゲームの方向性としても、舞台設定としてもなかなかの変化が存在している。単品として見ても問題はないだろう。

AW-AN_01_02.jpg
今回は片田舎ではなくアリゾナが舞台

 さて、そんな本作の舞台はアリゾナ州の某所である。このモーテルにあの人物がいるのだ。

AW-AN_01_03.jpg
バリーの出番はここだけ

 そう、とある一室で眠っているのは、アランの元エージェントであるバリーであった。彼はユニークな性格でアランを助け続けたものの、今回は残念なことに物語とは遠い位置にいてもらうことになる。

AW-AN_01_04.jpg
この世界では大人気の番組「ナイト・スプリングス」

 あくまで今回の物語は、ナイト・スプリングスの中で始まるのだ。このドラマ番組は、かつてアランが作家としてデビューした思い出深いものである。

AW-AN_01_05.jpg
バリーが起きて見ていたらどんな騒ぎになったことやら

 そんなナイト・スプリングスの今夜の物語は、アラン・ウェイクが主役である。コールドロン・レイクの深い闇に囚われてしまった彼は、自身の作品が現実化する不可思議な現象を駆使し、作品の中で生き続けているのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加


敵はミスター・スクラッチこと、闇だ

AW-AN_01_06.jpg
実写と見まごうムービーかと思いきや、どうも実写っぽい

 現在のアランは光の闘士として、闇と戦い続けている。もっともそんな気は毛頭なく、流れとして仕方なく戦うハメになったのだが、もはや彼の銃撃センスと回避センスは一般人のそれではない。

AW-AN_01_07.jpg
ミスター・スクラッチの設定はかなりブレている

 そして闇の代表として現れるのが、ミスター・スクラッチ。彼は前作でも登場した意味深長な人物なのだが、今回においてはとにかく敵だ。そう理解しておけばいい。

AW-AN_01_08.jpg
あっさりやられて闇に飲まれるアラン

 アランはミスター・スクラッチに戦いを挑むものの、勝機はなかった。闇は“創作を現実にする”という能力を持っており、作家であるアランを利用して現実世界に進出し始めている。そんな強大な力を持っているのだから、ただの作家であるアランが勝てるはずもなく……。

AW-AN_01_09.jpg
そしてどこかに吐き出される

 そして、アランは気づけば今まで見たことのない場所へとたどり着いていた。なんとしてもあのミスター・スクラッチを止めなければならない──。そう、それはただ物語を創ることしかできない作家であるアランだからこそ、できることなのだ。

基本を思い出したあとはモーテルへ

AW-AN_01_10.jpg
いよいよゲームプレイの開始

 目を覚ましたアランは自分の居場所を確認するなり、すぐさまミスター・スクラッチに抵抗しなければと立ち上がるのであった。相変わらずこの男は短気なようで、敵を見たらボコボコにしなければ気が済まないらしい。

AW-AN_01_11.jpg
ベッドだろうと車だろうとなんでも飛んでくる

 無論、敵もこれを黙って見過ごすはずがない。闇は時にポルターガイスト現象として、アランの行く手を遮るのである。

AW-AN_01_12.jpg
まずはチュートリアル

 それに対抗する手段となるのがフラッシュライトの光だ。闇に光を当てれば消えるというのは、実に単純明快でわかりやすい。

AW-AN_01_13.jpg
アラン先生が初めてオートマチックピストルを使っている姿

 そして、闇に囚われた人間たちもこちらに襲い掛かってくる。こいつらは光だけでは倒せないので、ライトを当ててからハンドガンでぶち殺せばいい。はじめての人にとっては罪悪感が募りそうだが、もはや手慣れたアランは問答無用でぶち殺すだけ。恐怖などとは無縁だ。

AW-AN_01_14.jpg
とはいえ、基本的に原稿は収集アイテムに過ぎない

 更に、道中に落ちている原稿を集めていくことが重要になるのも相変わらずだ。この世界は書かれた世界なわけであり、原稿を得ればアランは未来の予知をすることができる。となれば、筋書きの裏をかいてミスター・スクラッチを倒すことができるかもしれないだろう。

AW-AN_01_15.jpg
あのモーテルにはどんな素敵なものがあるのやら

 さて、これで肩慣らしは終了だ。とりあえず、遠くに見えるモーテルの灯りを目指すべきだ。筋書きは既に原稿で決まっているわけで、それをこなしつつ闇を倒す方法を探していこう。

○ Alan Wake's American Nightmare 02 モーテルで金髪美人が死ぬ
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1441.html

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。