コンパニオン・チェストがこの危険なダンジョンで唯一の友達です 『Diehard Dungeon』 特集

bbox_DhD.jpg

おそらくその手のゲームの系譜だと思われる『Diehard Dungeon』

 どうも人は自動生成されるダンジョンに行きたがるようだ。それこそローグライクに始まり、『Spelunky』、『The building of isaac』、そしてそれのクローンである『Sushi Castle』など、死ぬかもしれないのにダンジョンへ行く連中が多すぎる。

 なぜそんな危険を冒すのかと聞けば「宝が欲しいから」なんて答えが帰ってくるだろうが、本音はこうではないか。「それこそ死ぬかもしれない刺激が欲しいから」。

 そして、その命知らずの考えはXbox360インディーズゲームにもやって来ている。そんなわけで紹介するのは、tricktale開発の『Diehard Dungeon』である。いわば危険だらけのダンジョンへ宝箱と共に潜るドット絵・アクションゲームといったところか。

DhD_13a.jpg
チェストと共に宝を探すアクションゲームだ
このエントリーをはてなブックマークに追加


とにかくお宝を求め、アビリティを駆使して敵を倒せ!

DhD_02.jpg
『Diehard Dungeon』タイトル画面

 さて、本作は自動生成のダンジョンを潜り、特殊能力であるアビリティ、そしてお宝を手に入れつつ、ボスを倒して最深部へ向かうのが目的であり醍醐味となる。無論、このプレイヤーの心を掴みやすいであろうドット絵で構成された世界も見所のひとつだ。

DhD_04.jpg
自動生成される部屋を次々に進んでいく

 ゲームの基本的なルールは簡単だ。剣を振り回して敵を倒し、銀の鍵を手に入れるなり敵を殲滅するなりの条件を達成し、次の部屋へと進んでいくというだけである。部屋は敵や罠でいっぱいなので、警戒は怠らずに。

DhD_03.jpg
特に喋ったりしないと思われる(統合失調症の患者にとってはさておき)

 しかし、このダンジョンを進むのはひとりでではない。なんと仲間として「コンパニオン・チェスト」が存在するのである。このかわいいヤツは宝を得るたびに成長し、そのうちプレイヤーを手助けしてくれるようになったり、中に入ることができるようになるのだ。

DhD_06.jpgDhD_05.jpg
ほかにもミニゲームがプレイヤーを待ち受ける

 そして、道中にはミニゲームも待ち構えている。ルーレットは当たればさまざまなアイテムやアビリティを、そして火を集めるトラップドア・ミニゲームはクリアすれば確実にアビリティを得ることができる。冒険を有利に進めるため、これらを駆使したいところ。もっとも、ルーレットなんかは運に左右されるわけだが。

DhD_07.jpg
最初のボスでは遠距離攻撃のアビリティを入手できる

 エリアの最終フロアにはでかいボスが待ち受けている。当然のように強いので、その場に落ちているアビリティを拾って対抗しよう。

DhD_08.jpg
上でも下でも待ち受けるのは敵と罠

 こうしてエリアをクリアすると、次に進む場所を選択することができる。上へ行くか下へ行くか、はたしてどちらが天国でどちらが地獄なのやら。

注意点とほかのミニゲームについて

DhD_09.jpg
同じルートを行けば同じ展開になりやすい

 本作はエリアごとにマップが変化することは確かだが、ボスの内容やトラップドア・ミニゲームで手に入るアビリティは変化しないようなのだ。つまり、自動生成といえるのは進む最中の部屋内容だけなのである。

 そのため、安定させようとすれば展開にそこまで劇的な変化は起こらない。無論、アイテムの出やルーレットの結果は変化するが、その程度である。はっきりいって拍子抜けしたが、どうもそういう作品のようだ。

DhD_10.jpg
最後の最後にある真の目的がこれ

 また、本作はクリア時にゴールドキーを10本持っていないと真エンドに辿りつけないのだが、配信直後のバージョンでは鍵が足りない状態になっているとのこと。これは2012年9月11日から2~3日しばらく後のアップデートにより改善されるとのことなので、購入するならそれからのほうが良いだろう。

DhD_11.jpg
アップデートで完成形に近づくタイプのゲームか

 更に、本作を購入する人が多ければ追加要素を配信する予定があるそうだ。この手のゲームは物量が多くてなんぼのところがあるので、要素の追加は歓迎したい。

DhD_12.jpg
3分間、戦い続けてスコアを競うmayhemモード

 ほかにも、mayhemモードというコンパニオン・チェストが主役の全方位シューティングも存在している。おまけにしてはそれなりに遊べ、しかもグローバルハイスコアにまで対応しているというのだから贅沢だ。

 この危険なダンジョンは実に様々に姿を変える。もっとも、変化するのはミニゲームあたりのおかげであって、ダンジョン自体は似たような印象を持ちそうだが。

○ システムが機能不全でもこのダンジョンは血まみれになる 『Diehard Dungeon』 レビュー
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1452.html


box_DhD.jpg

Diehard Dungeon 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:tricktale ジャンル:アクション & アドベンチャー 2012/09/11

 コンパニオン・チェストとゆくローグライク風アクションゲーム。
 自動生成のダンジョンでお宝を探すというトップビューのアクションゲームである。
 目を引くドット絵に、コンパニオン・チェストといったユニークなキャラにミニゲームなど、光が当たりそうなゲームではある。

コメント

非公開コメント