ただの2D『Portal』ではないあの『Gateways!』がv1.11になり、更に66% Off!!

bbox_Gateways!.jpg

『Gateways!』が値下げ&バージョンアップ!

 2D『Portal』にスパイスを入れたあの『Gateways!』がバージョン1.11になり、更に価格が240MSPから80MSPに値下げされた。PC版(5$)に比べると破格の安さだ。

 なお、この66%オフは恒久的なものか判断がつかない(制作者ブログでは特に言及がないようだ)。売上げが芳しくないため値下げに踏み切ったなどでなければいいが……。

 ※追記 この値下げは一時的なセールによるものとのこと。ただし具体的なセール期間については決めていないようである。

 もっとも、バージョンアップは素直に嬉しいことだろう。その部分に関しては今回は難易度の調整がメインのようだ。なお、ゲーム内容に関しては以前に記した特集記事を参照されたし。

Gateways!-101_01.jpg
『Gateways!』v1.11タイトル画面

○ これはポータル? いえ、質量と時間と重力も操作できます! 『Gateways!』 特集
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1450.html

難易度の低下をしているが、問題はそこではなさそう

 さて、具体的なアップデート内容は以下の2つである。
  • 特殊な銃についてのヘルプを追加
  • 難易度「Normal」を追加
 これについては公式ブログの記事を見てもらうとより詳しくわかるだろう。

○ Gateways planned changes blog - SmudgedCat - Indie DB
http://www.indiedb.com/members/smudgedcat/blogs/gateways-planned-changes

Gateways!-101_02.jpg
それぞれの銃について詳細な説明が用意された

 開発元であるSmudged Cat Gamesがフィードバックを反映した結果、難易度と説明の不足が大きな問題と判断したようである。よって、メニューにHelpが追加され、時間を操る銃(タイムトラベルガン)の詳細な説明などが追加された。

 また、現状の難易度が高すぎるという意見を反映し、マップやアイテムの配置は同じでパズル自体が優しくなった「Normal」モードも追加されたわけである。(具体的な変化はブログ記事にある画像を参照されたし。)

Gateways!-101_03.jpg
ゲームプレイ自体はほとんど変化がなく、相変わらずこんな感じ

 ただし、僕は本作に説明不足を感じたことはあっても、難易度の高さを感じたことはほとんどなかった。特に問題があるとすれば、「レーザーが時を隔ててどう反映されるのか提示されていない」部分や「目標はあくまで目標であって、解決するには別ルートを取る必要があるのを提示していない」といった部分だろう。

 本作はオーブを集めてパズルの回答を見ることもできてしまうあたり、“プレイヤーにうまくパズルを解かせる”部分が苦手なようだ。パズルゲームの問題はプレイヤーが投げ出してしまうことで、そこまでの誘導がうまい作品こそ大衆受けする作品となるのだろう。

 つまり、『Gateways!』に足りないものがあるとすれば、難易度を下げることではなく誘導を適切にすることなのだと思うのだが……。どうもこのアップデートを見る限り、それは望んでも仕方がなさそうである。

 ともあれ、66%もの値下げは喜ばしい話である。これとない機会であることは間違いないだろう。


box_Gateways!.jpg

Gateways! 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Smudged Cat Games ジャンル:キャラクター アクション 2012/09/13

 博士の奇妙な研究所、2D探索アクションパズル。
 博士は自分の創りだした装置、ワープ銃や自分の大きさを変えられる銃、そして時間や重力をも操作する銃を駆使し、奇妙なことになった研究所を進んでいく。
 『Portal』シリーズなどの影響を色濃く受けている作品だが、独自性もバッチリだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント