スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Biohazard 6 04 すべての尻拭いをするのがエイダ編

謎を解いたあとは物語の片付け

bio6_04_01.jpg
アラフォーなのに若々しすぎるエイダ

 これまでレオン編、クリス編、ジェイク編と遊んでいったが、すべてをクリアするとエイダ編が登場する。これによって物語の全貌が明らかになるというわけだ。

 「バイオ2」から登場しているエイダ・ウォンは謎の多い人物らしいが、正直なところ物語の矛盾を都合よく解決するエージェントなのではないだろうか。今回はエイダ関連の謎や不明点が多いのだが、それをすべて彼女がカバーしてくれている(といっても、かなり無理やりにだが)。

bio6_04_02.jpg
やはり謎解きは簡素だが、そもそも昔からこんなものか?

 序盤のゲーム内容は謎解きが多いようで、これは昔のバイオを思い返したのだろうか。しかし今更こんなことをやるなんて驚いたが、やはり空気を入れ替える程度には効果があるだろう。

bio6_04_03.jpg
フレンドの方もここがよくわからんかったそうだ

 ただし、非常にわかりにくい謎解きがあるというか、このゾンビが三匹いるところの謎がまったくわからなかった! よくわからないなりに強引な方法でクリアしたが、これは謎解きというより解けていない謎そのものである。

すべての責任を負う女、エイダ・ウォン

bio6_04_04.jpg
ジェイク編で出てきたチェーンソー野郎はエイダとも顔見知りだった

 そして、後半のエイダは他キャラを助ける旅に出ることになる。これにより穴が多い物語の補完をすると同時に、クロスオーバー・マッチングで世界中のプレイヤーも助けることになる……、のだが、相変わらずマッチングしづらいうえに、しても相手がすぐいなくなるではないか。このあたりの仕様、いささか問題がありすぎる。

bio6_04_05.jpg
全く見たことのない顔も出てくる

 とはいえ、こうして文句が多く出るのは、協力プレイではなくほぼシングル専用モードだからだろう。やはりひとりで遊ぶと退屈に感じるというか、協力プレイが前提のゲームをシングルで遊んでもどうしようもないし、おまけと解釈しておく。

bio6_04_06.jpg
もちろんレオンとの絡みもあるぞ

 しかしこのエイダという女、謎が多いというか制作陣に都合よく使われているというか……。おそらく彼女が真実をひとつでも話せば、今回の物語はあっさりと崩壊してしまうだろう。群集劇ということで話のどこかに破綻が出るとは思っていたが、それをこうしてひとりでカバーしていたとは。なんだか同情したくなる話である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。