とびだせ どうぶつの森 05 バカンスで友情を磨き、それを一瞬で壊す

フレンドと一緒に南の島へ

TobiMori_05_01.jpg
あんこは礼儀正しいが、髪型がかなりキツい

 いんけん村から南の島へ行けるようになった夜、僕は改札を開けながら村をぶらぶらしていた。それにしてもこの越してきたあんこ、別に彼女が悪いわけではないのだが、うちの村でふたりめのカバ女ではないか。なぜかわいい子が来ないのかと思う一方、しずえのかわいらしさが引き立つので良いかもしれない。

TobiMori_05_02.jpg
カービィの帽子とシャツを見せてもらった

 そんなことをしていると、フレンドのちぇあさんが遊びに来てくれた。まずは村を見ていただき、部屋へご案内。どうやら人体模型をずいぶんと気に入ってくれたようで何より。

TobiMori_05_03.jpg
クリーパーとカービィの奇妙な共演

 さて、その後は船に乗ってエンヤコラと南の島へと向かう。こうしてフレンドと一緒に遊びにいけるのも島のいいところだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加


島にはさまざまなツアーもあるぞ

TobiMori_05_04.jpg
でかすぎるダンゴムシではなく、ダイオウグソクムシ

 まずは島の周囲で虫取りやら魚釣りだ。ひとりでもできることではあるが、こうして獲物を見せびらかしたりできるのはいい刺激となるものよ。実際、素潜りで手に入れたコイツを見せたら、ちぇあさんも素潜りをしたがっていた。

TobiMori_05_05.jpgTobiMori_05_06.jpg
なぜかミニゲームをやると昼になる

 続いてはツアーへと向かう。これは複数人でも遊べるミニゲームで、鉱石探しや制限時間内にたくさん魚を釣ったりするのだ。成功すればコインがもらえ島で景品と交換できるし、そもそもこのツアー中に珍しい果物を拾えたりする。

 これもやはり、複数人で遊ぶものなのだろう。地味ながら種類もいろいろあるようだし、そのうち難易度もあがるようなので、村に誰か来たら遊びに行きたいスポットだ。

TobiMori_05_07.jpg
マリリンにお土産のワカメをプレゼント

 そんなこんなで深夜にもかかわらず島で遊びまわり、村へと戻ってきた。ポケットには島から持ってきた珍しい果物やらグソクムシがたくさん。さぞ磯臭かろう。おまけにサメも持っているのでアンモニア臭く、同時にカブトムシ臭も鼻を突きそうだ。だが、ふたりで臭くなってこそ、友情が強くなったのである。

仲良しごっこはもう終わりだ!

TobiMori_05_08.jpg
最初は真ん中のを踏んでいたので違いに気づかなかった

 続いてはちぇあさんのからくり村へとおじゃまする。入るなり「神と和解せよ」ポスターが貼ってありたいへん敬遠したい村に思わされたが、よく見れば「ネコと和解せよ」ではないか。これは早いところ、公共事業のマイデザイン看板で見たいところ。

TobiMori_05_09.jpg
貼ってあるカービィとメタナイトのデザインは帽子のやつだ

 続いてはお宅拝見である。それにしても「ネコと和解せよ」が多く、この村はネコと壮絶な戦争をした歴史でもあるのかと思えるようになってきた。

TobiMori_05_10.jpg
大型テレビもうらやましい

 家の中は、テーブル筐体にヴァーチャルボーイに、コインに土管にとものすごいゲーマーらしい形で整っているではないか。家具の出てくる運があるとはいえ、なんてうらやましい! 人体模型を飾っている家とは大違いである。

 ……とこんな感じに、極めて仲良く遊ぶことができて楽しかったのである。だが、彼は最後にとんでもないことを言い出した。それは、「お前の村のしずえより、うちのしずえのほうが100倍はカワイイぜ!」(意訳)という、決して言ってはならないことを……。

TobiMori_05_11.jpg
おまけにまた別の人の村でこういうことをやっていた

 その瞬間、今までの雰囲気はガラスのように砕け散り、“どちらのしずえがよりかわいいか対決”が始まったのは言うまでもない。網と網のぶつかり合い! 穴による軟禁! 糞尿を詰めたジョウロ攻撃! こうして穏やかなバカンスは、一瞬にして過去の出来事となったのだ。

○ とびだせ どうぶつの森 06 村長は尊大である
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1494.html

コメント

非公開コメント