謎と物理演算を読み、仕掛けを設置する職人になる“リアルタイム・ゴロゴロ・パズル” 『Ball Track Builder』 特集

bbox_BallTrackBuilder.jpg

物理演算アクション・パズルとでもいうべきか 『Ball Track Builder』

 子供のころ、ビー玉を階段の上から落として、壁にぶつからないようにうまく下まで行かないか試したことがある。当然無理なわけだが、しかしなぜかできるような気がしていたのだ。

 そして歳を重ね、NHKの『ピタゴラスイッチ』を見てあの時の願望が叶った気がした。大規模な装置を使って、ビー玉をうまくゴールへ向かわせ、しかも道中には計算され尽くした妙に笑える装置が揃っている。いわゆる『ルーブ・ゴールドバーグ・マシン』というやつで、僕はどこかでそれを見て、自分の遊びに求めていたのかもしれない。

 今回の記事で紹介する『Ball Track Builder』を遊んでいて、そのことをふと思い出した。本作はころころと転がる玉の行き先に仕掛けを配置してゆき、ゴールにたどり着かせるリアルタイム『インクレディブル・マシーン』とも言えそうなゲームだ。

BallTrackBuilder01.jpg
転がるボールをゴールへ導くパズルゲームだが、リアルタイムで助けるのだ

 Xbox360インディーズゲームで配信されている本作の価格は80MSPで、開発はフランスのcoiAxis(Giuseppe Piscitello)である。これからゲーム内容について説明したいところだが、本作はグダグダ言うより動画を見てもらったほうが早いだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


4つの仕掛けを設置して、ゴールを目指すだけ!

BallTrackBuilder02.jpg
『Ball Track Builder』タイトル画面

 さて、“リアルタイム・ゴロゴロ・パズル”ともいえる本作の特徴は、動画を見てもらったのならばもうわかるだろう。単純に4つの仕掛けをタイミングよく配置するだけでいいのだ。だが、そのステージを越えるには計算が必要である。

BallTrackBuilder03.jpg
とにかく仕掛けを出すタイミングが重要なのである

 使う仕掛けは、ボールをジャンプさせたり止めることのできる斜めの台が2種類に、足場になる踏み板、そして乗るとボールが大ジャンプするバネ。ステージ上にはこれらを使って避けるべく障害が立ちはだかっているのだ。

 仕掛けを配置する地点もボールと一緒に前へ前へと動いているので、ボールの動きを見極めて適切にそれらを配置していくことになる。なお、空中に踏み板を出現させ、それを踏んだ直後に斜めの台を出し、シーソーの要領でジャンプするなんて芸当もできるため、まさしく『ピタゴラスイッチ』的な快感を味わえることだろう。

ふたつの抑圧に耐えてクリアを目指す楽しさは確かにある

BallTrackBuilder04.jpg
場合によっては物理演算のバグでボールがぶっ飛ぶこともある

 ただこの仕掛けの設置、ボールの進行に合わせて行うこともあり、かなり曲者である。物理演算される仕掛けはしょっちゅう壁にめり込むし、少しでもボールの当たりがズレれば予想もしていないところへぶっ飛んでしまう。

 やはり瞬時に設置することもあって、まずそれに慣れなければならない。そのうえ、ステージをクリアするには謎を解くように仕掛けを理解しなければならないし、更にそれがわかっても物理演算の地道な微調整が必要となる。

BallTrackBuilder05.jpg
経過時間や残した仕掛けの数によって、トロフィーがもらえたりもする

 つまり、パズルを解くための計算と、アクション技術による微調整が必要になるゲームなのでややハードルが高いゲームなのである。だが、それをくぐり抜けた時の快感は、確かに新鮮な味わいがある。

 おそらく、両方の抑圧から解放されるからこそ、この楽しみがより強く感じられるのだろう。まずはパズルの謎を解き、続いて仕掛けを配置するタイミングを微調整し、そして最後に本番に挑むことによって、やっとクリアにたどり着くわけだ。この達成感は大きくなってもおかしくはない。

まずはデモ版を触ってみて欲しい

BallTrackBuilder06.jpg
ステージはクリアするたびにひとつずつ解放されていく

 ステージは全部で45ステージで、慣性を生かしてゆっくり進むステージや、あるいは走るボールをなんとか制御していくステージなどに分かれている。どれもこれも歯ごたえはあるが、噛み砕いた時の味わいは保証しておこう(もっとも、なかなか難しくて半分くらいしかクリアできていないが)。

 この『Ball Track Builder』、見た目がかなり地味だし、スクリーンショットを見てもあまり魅力を感じないタイプのゲームであろう。だが、知能と技術を駆使してボールがドラム缶にたどり着いた時、自分自身があの複雑でおかしい装置になったかのような気分が味わえるのだ。

○ この物理演算アクション&パズルの楽しみは、人に届きにくそうだ 『Ball Track Builder』 レビュー
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1503.html


box_BallTrackBuilder.jpg

Ball Track Builder 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Coimbra79 ジャンル:その他 2012/11/27

 転がり続けるボールをゴールへ導く“リアルタイム・ゴロゴロ・パズル”。
 あるいはリアルタイム『インクレディブル・マシーン』とでもいうべきだろうか。
 パズルを解くと同時に、アクションゲーム的に瞬時の判断で仕掛けを設置して、ボールをドラム缶に導いていく噛みごたえのある一作。

コメント

非公開コメント