スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

二丁拳銃に空中ダッシュとスローモーションを駆使し、スタイリッシュな英雄となれ! 『Bleed』 特集

bbox_Bleed.jpg

今になっては足りないであろうジャンルを攻めた『Bleed』

 昨今のゲームセンターに何があるかというと、プリクラやUFOキャッチャー、格ゲーに音ゲー、そして大型筐体だとか麻雀といったあたりだろうか。

 これは家庭用据置機の性能があがった結果として、ゲームセンターでなければ遊べないものが揃っていくことになった結果なのだろう。しかしかつてはゲームセンターでなければ遊べないアクションゲームもあったし、ファミコンの『マリオブラザーズ』すらゲーセンにあったわけである。

 今になってそういったアーケードゲームに近いアクションを遊ぶにはどうするか。その答えのひとつとして、2012年12月12日にXbox360インディーズゲームで配信された『Bleed』という作品があるのだろう。開発はBootdisk Revolution。価格は400マイクロソフトポイント。

Bleed_01.jpg
全方位に撃ちまくってスローモーションでカッコよく避けろ!

 このゲームは英雄になりたい女の子が、二丁拳銃やミサイルをぶっぱなすアーケードゲーム・ライクなハイスピード・2Dアクション・シューティング。である。
このエントリーをはてなブックマークに追加


ストーリーモードはまだまだ序章

Bleed_02.jpg
『Bleed』タイトル画面

 この世界では100年前に活躍したドラゴンなどの偉大な英雄がいたのだが、もはやそれは過去の話。本作の主人公であるWrynは新たな英雄になりたいと夢見ており、それを実現させるために過去の英雄を始末して「DEATH LIST」を埋めていくのである。

Bleed_04.jpg
仕掛けも種類豊富だ

 このゲームはアクション・シューティングといってもややシューティング寄りで、右スティックで全方位に攻撃することができる。そして、狙い撃つことが重要であると同時に、時には空中ダッシュで大量に迫り来る弾を避けることもあるのだ。

Bleed_05.jpg
ステージごとの特色もきちんと出ている

 Wrynは二丁拳銃やミサイルなど12種類の武器のうち2種を使い、全7ステージにいる元英雄たちをすべてなぎ倒していくのだが、ゲームスピードが速いうえに前述のように狙ったり避ける必要もあり、なかなか難易度が高い。だが、スローモーションを任意で発生させることができるため、それで回避や攻撃が容易になる。また、ストーリーモードは何回でもコンティニューが可能だ。

Bleed_03.jpg
時には中に入って戦うこともある

 見た目も音楽もレトロな味わいが特徴の本作だが、アーケードのゲームに近い要素も多い。特に、エンディングを見ることが重要なのではなく、よりうまくプレイすることが大切なあたりがそうだろう。具体的には、やられると最終スコアが減ったり、敵を連続でうまく攻撃しつづけるとスコア倍率が上昇するシステムがあるあたりがそうだ。また、ボスなんかもパターンを読みきらずとも強引に倒すことができる。

やり込み始めてからこそ『Bleed』の本番

Bleed_06.jpg
ショップでは地雷やショットガン、体力やスローモーション時間を増加するアイテムなどが販売

 当然のようにショップシステムがあって様々な武器を買えたり、あるいは特定の難易度をクリアすると特別なキャラクターが解除されるといった要素はあるものの、これは選択肢がいくらか増えるだけに近いか。

Bleed_07a.jpg
ボスの組み合わせによっては何も出来ずに死ねる

 そう言えるのは、ストーリーモードの量があまり多くなく、クリアすることの喜びが薄いからだ。おそらく、クリアしたあとに解放される死んだら終わりのアーケードモードや、3体のボスが入り乱れるチャレンジモードが本番であり、そこで武器とスローモーションをうまく活用した超絶プレイをキメたり、ハイスコアを目指すというのが意図された遊び方なのだろう。

Bleed_08.jpg
ラスボスが出てくるシーンはなかなか笑える

 もっとも、だからといってストーリーモードが適当というわけではない。カットシーンにも凝った小ネタが入っていてそれが物語に絡んできたり、メタ的なジョークを含んでいるところも抜かりはないだろう。

 『Bleed』は「家庭用据置機らしい2Dアクションゲーム」として手に取ると面を食らうかもしれない。しかし、スローモーションで武器や空中ダッシュを駆使し流れるように敵を殲滅して、プレイヤー自身もゲーマーとしての英雄となる楽しさを表現したであろうゲームだ。

○ スタイリッシュな英雄を目指す道のりは、整備が甘い 『Bleed』 レビュー
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1513.html


box_Bleed.jpg

Bleed 400MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Ianthraxx ジャンル:キャラクター アクション 2012/12/12

 二丁拳銃とスローモーションを駆使するハイスピード・2Dアクション・シューティング。
 ビデオゲームの偉大な英雄になりたいWrynが、過去の英雄をぶち殺していくレトロスタイルのアクションゲーム。
 二丁拳銃にロケット、火炎放射器やカタナを駆使して全7ステージを攻略し、真の英雄となれ。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。