スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Biohazard 6 07 DLCで追加された3種類の対戦モードはなかなかイケる!

「バイオ6」における対人戦モード「Survivors」

 2012年12月18日、『Biohazard 6』に追加ダウンロードコンテンツが配信された。なお、これはXbox360版が先行配信だそうで、意外な事実に驚くばかり。とはいえ、喜んでその蜜を吸わせてもらおう。

 追加されたコンテンツは3種類の対戦モードでそれぞれバラ売りされているが、まとめて買うとだいぶお得のようだ。

bio6_dlc1_01.jpg
「Survivors」はシンプルな対戦モード

 最初のルールは「Survivors」。これはエージェント同士が戦うモードで、最大6人がドンパチやらかすという内容である。チーム戦も可能だ。

bio6_dlc1_02.jpg
ハシゴを登っている最中の無敵時間もなくなっていた

 前作の対戦モードはマーセナリーズに人間を攻撃できる要素をつけた感じだったが、今回は対人がメインである。ひとりだけ生き残るか、制限時間で勝敗が決まる。

 基本的に弾の数が少ないため、うまいこと漁夫の利を得るように動くことがコツか。チーム戦では相手にプレッシャーをかけつつ追い込むという感じになり、それぞれで魅力がある。

bio6_dlc1_03.jpg
マップごとになれるB.O.W.が違う

 また、死亡後はB.O.W.として出現することができ、うまくプレイヤーを倒せば復活できるという要素もある。とまァ、割とどこかで見たことのあるルールではある。

 しかし無難な対戦ものとしては及第点に達しており、キャラごとの差異もきちんとあるため、これがなかなか熱中できる。膠着状態に陥りやすそうなのがやや気になるところではあるが。
このエントリーをはてなブックマークに追加


対戦落ち物パズルのような「Onslaught」

bio6_dlc1_04.jpg
「Onslaught」は『ぷよぷよ』みたいだ

 続いては「Onslaught」というマーセナリーズを基調にしたふたり対戦モードである。

bio6_dlc1_05.jpg
黄ばんだバケモノが送られた連中

 これはふたりで別々にマーセナリーズをプレイし、コンボを繋げると相手側にB.O.W.を送り込めるというものである。まるで落ち物パズルの対戦モードのようだ。

bio6_dlc1_06.jpg
30コンボすると強いヤツが送られるようだ

 僕はマーセナリーズ自体があまり好きでないのだが、このモードはなかなか気に入った。プレイ自体は完全に別々なので妨害行為のようなものはないし、集中力やポジション取りの純粋なコンボ勝負になっている。これも一皮むけた対戦モードだ。

おそらく期待度が一番高い「Predator」

bio6_dlc1_07.jpg
真っ先にプレイしたのが「Predator」

 そして最後となる「Predator」モードは、エージェント VS ウスタナクというものである。集まったうちの誰かひとりがバケモノとなるので、お互いに生き残りをかけて戦うわけだ。

bio6_dlc1_08.jpg
戦闘不能の人間を投げたり、適宜配備される武器を使うのがコツ

 正直なところ、ウスタナクがあっという間にボコボコにされるゲームだと思っていたのだが、意外と健闘する感じであった。エージェントは弾数が少なく、ウスタナクは狭いマップでその体格のでかさと素早さが生かされるので、これがなかなかゴチャゴチャして楽しい。

bio6_dlc1_09.jpg
人間側も強い武器を拾えるので、うまく回収するのがポイントとなる

 ただ、武器の配置などをプレイヤーが覚えると、やはりエージェント側が有利にも見える。このルール以外もそうだが、おそらくは本気でやり込むような対戦ではないのだろう。

細かいところはどこまで手が入っているのやら

bio6_dlc1_10.jpg
どうやらパーティーを組んで野良の人をいじめているらしかった

 ちなみにこの対戦DLC、切断率が表示されるようなので、一緒に遊びたくないであろう人がよくわかるので実に頼もしい。特にホストの切断率が高い場合は危険な部屋なので、そういう部屋で遊ぶことを未然に防げるだろう。

 どれも完璧で斬新な対戦モードというわけではないが、僕は前作の対戦が比較対象にあるので、オマケとして遊ぶには十分な具合に感じている。根を詰めるようなものではないので、フレンドとのんびりやるのがいいだろう。

 ところでこれらのモードは、マーセナリーズ用のマップを使っているのである。となると、別のDLCとして販売されている追加マップも欲しくなるところだ。が、マップがない場合のマッチングがどうなることやら。ホストさえDLCを持っていれば全員が遊べるなんてことであれば、喜んで買うところだが……。

 ともあれ、しばらくはこのDLCでのんびりと遊べそうである。余談になるが、現在はランクマッチよりプレイヤーマッチのほうが圧倒的に人が多いようだ。そして、実績はプレイヤーマッチでも解除可能。遊びに行く場合はそこに気をつけるといいだろう。

コメント

こちらのDLCは画面分割プレイって出来るのでしょうか?

残念ながら、対戦DLCはどれも分割画面に対応していないようですね。「Onslaught」なんかはオフにも向いたルールだと思うのですが……。

返信ありがとうございます。
分割には対応していないんですね。有力な情報ありがとうございます。
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。