インディーズゲーム 2013年 1/1~1/31の新作

1/1
FloodFrenzy!_ss.jpg

Flood Frenzy! 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Fusion Gaming ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2013/01/01

 無意味な出し惜しみゲーム。

 「Xbox.comのゲーム詳細ページで、スクリーンショットがタイトル画面しか用意されていない時点で問題あり」という法則のとおり、本作も言うまでもない作品である。
 特定のブロックをボタンの色に対応した4色に変化させつつ、周囲にある同じ色のブロックを巻き込んで大きくなっていくので、全面を同じ色にするというゲームのようだ。が、デモ版は10秒くらいしか遊ばせてくれないという、恐ろしいほどのケチ。ぽち袋の値段よりショボいお年玉みたいだ。


ArcadeofNeon_ss.jpg

Arcade of Neon 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Ivatrixgames ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/01/01

 様々なミニゲームが収録された作品。

 自身を4色に変え同じ色の○を取得していく単純なゲームや、『Pong』のようなゲームなど多数が収録されているとのこと。
 「塵も積もれば山となる」とは言うものの、これは積もっているというか、棚の上にホコリが積もっているようなものである。


1/2
SquadronScramble_ss.jpg

Squadron Scramble 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:DepthCharge Software ジャンル:レース & フライト 2013/01/02

 パーティー・ドッグファイト! オフ8人プレイまでに対応。

 ひとつのコントローラーでふたりまでプレイでき、最大8人での対戦ができる戦闘機シューティング。ぐるぐる回ってドッグファイトを繰り広げるとのこと。特筆することもないであろう“あんまり人が集まらなさそうな対戦ゲーム”である。
 この手のジャンルはゲームとしての整合性とかよりも、とにかく人を集めることに重きを置いたほうがまだ良い評価を受けそうだ。今の状況だと、「コンピューターとちちくり合う寂寥のパーティーゲーム」という感じである。


1/4
TriviaOrDieMovieEdition_ss.jpg

Trivia Or Die: Movie Edition 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Fun Infused Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/01/03

 映画関連の出題がされる4択クイズゲーム。オフ4人プレイまでに対応。『Trivia Or Die』の新バージョン。

 クイズにうまく答えられなければ待ち受けるのは死! というアバターを使ったクイズゲームである。続編なので流用(というか、問題だけが新規)のようだ。特に悪いわけではないが、特に良くもない。
 このゲームに対し、なんて声をかければいいのだろうか? クイズより圧倒的に難しく、同時に答えはどうでもいいのかもしれない。


1/5
PiratesAttack_ss.jpg

Pirates Attack 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Versplay Interactive ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/01/05

 海賊退治も単なる作業だと教えてくれるゲーム。

 海賊船を陸地から大砲で撃退するゲームである。地上には数カ所の砲台があるので、そこを移動しながら全ての敵を倒す。
 それにしても作業に感じるのなんの。大砲の弾は、どこでもいいから海賊船にかすれば10ダメージで、直撃しても10ダメージなのがつらい。そして海賊船のHPが見えるので、ますますしんどい。ボスが出てきてHPが200とか書いてあると、「20回も当てるのかよ!」と文句ばかり出るという、緊張のない海賊撃退ゲームである。


1/6
AvatarFootball_ss.jpg

Avatar Football 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Barkers Crest Studio ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2013/01/05

 明快なるアバター・アメフト! オフ4人、システムリンク・オン6人プレイまでに対応。

 アバターを使って遊ぶ(使わずとも可能)アメリカン・フットボールである。観客やオープニングでフレンドのアバターが出たり、チームやフォーメーションをカスタマイズすることができることが特徴か。
 Xbox360インディーズゲームにおけるアメフトの決定版になりそうだが、しょっちゅうゲームが中断されるのは仕方ないにしてもそれがテンポが悪く見えたり、価格が240MSPなあたりが気にかかるか。もっとも、向こうでは人気のある競技のようなので、ひどい扱いにはならないと思うが。


TankAttack2D_ss.jpg

Tank Attack 2D 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Giles C ジャンル:シューティング 2013/01/05

 いい加減な全方位シューティング。

 戦車を操作して敵戦車と戦うツインスティック・シューティングなのだが、敵がテキトーに出てくるだけ。たまにボスが出てくるものの強烈な変化はなく、システムにも特に言うことはない。戦車らしい部分もほぼない。
 このやる気のない効果音を聞いているとなぜか、自身の身体が蝕まれていくような気がする。いや、この場におけるこの手のゲームにしてはマシなほうではあるのだが……。仮にそうだとしても楽しく感じることもないわけで、自分の首筋に噛み付かれたよう気分は偽りではないのだろう。


TheNinjabreadMen_ss.jpg

The Ninjabread Men 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Derf n Derf ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/01/06

 アクション・シューティングのつもりなのに、全方位シューティングになっているであろうゲーム。

 おそらく、ニンジャー(ジンジャー)ブレッドマンが固定画面で敵を倒す2Dジャンプアクション・シューティングなのだろうが、アクションの表現が下手すぎて移動に制限があるツインスティック・シューティングにしか見えないという有様だ。
 内容もかなりあっけなさすぎる。演出も難易度も、気付いたらデモ版が終わっているというくらいに味が薄い。そもそも見せたいものをきちんと表現できていないであろう作品なので、同情すらしたくなる。


Harvester_ss.jpg

Harvester 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Dain Reinhart ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2013/01/06

 つらい。

 スクリーンショットを見ると「なんだこの汚れた画面は?」と思うだろうが、水道管ゲームである。要は(どれがどうなのかよくわからない)パネルを回転させ、道をスタートからゴールまで繋げればいいのだ。
 スクリーンショットを見ても説明文を読んでもよくわからず、引き伸ばしたであろう汚い画面に衝撃を受けつつ遊んでみれば、やたらカーソルの滑る単なる水道管ゲーム。これをつらいと言わずになんと言う。


KubeBall_ss.jpg

Kube Ball 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Dream Titan ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/01/06

 かわいいKubeたちのピンポン・バトル! オフ・オン・システムリンクでの2人プレイに対応。

 複数の四角いキャラクターが登場し、それぞれの特殊能力を生かしてピンポン対戦をするゲームである。劇的に面白いなんてことはまずないだろうが、気休めにはなりえるかもしれないという程度に、アレンジは施されている。
 「アレンジ『Pong』なだけ十分マシなほうで」という書き出しを使おうとしていた自分に気づき、ふと涙が出そうになる。


1/7
Decoy_ss.jpg

Decoy 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Mexond ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/01/06

 おとりのジープとして爆撃から生き残るアクションゲーム。『Avoider』からの派生作品。

 スピンオフというか流用というか……。前作は爆撃を回避し続けるだけだったのだが、今回はステージごとに区切られており、一応はストーリーもついているようだ。
 それは功を奏したかというと、難しいところである。面倒なチュートリアルで人が逃げるようになったが、貧弱なゲームプレイは露呈しにくくなったといえそうだ。はたしてこれは、一長一短という言葉を使っていいのか。


Ricochet_ss.jpg

Ricochet 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:MatthewHall3d ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2013/01/06

 うまく板を配置してボールを導く物理演算パズル。

 ボールの発射方向や強弱、そして跳ね返すための板の位置を決め、うまく物理演算を読んでゴールを目指すパズルゲームである。レベルごとの難易度にややばらつきがあるようだ。
 世の中にどうでもいいものなんてないらしいが、どうでもいいと言われそうなゲームである。


1/8
Genix_ss.jpg

Genix 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Xpod Games UK ジャンル:シューティング 2013/01/07

 鍵を集めてゴールを目指す迷路&全方位シューティング。

 ツインスティック・シューティングとも自称しているが、敵がやたら固すぎて真っ当に戦っていられないこともあり、迷路をうまく抜けていくほうが主体なのだろう。
 迷路としては単純すぎ、シューティングとしては不備が多すぎる。考えもなく別のジャンルをくっつけただけのキメラにしか見えない。こののっぺりとしすぎた世界に抱いた第一印象が、そのまま流れ込んできたかのようだ。


TheRunner_ss.jpg

The Runner 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Coda Panda ジャンル:キャラクター アクション 2013/01/07

 激ムズどころではない障害物回避アクション。

 勝手に進むキャラを上下に動かし、即死の障害物を避けていくという割と見るタイプのゲームだ。更に本作は、上下ふたつのキャラを同時に操作していく必要がある。そして、最序盤から恐ろしく難易度が高い。
 何がひどいって、最初のトラップすら越えられないプレイヤーが続出するであろう調整だ。ただでさえ同時操作で難しいのに、ゲームスピードも早いし罠の配置も冗談になっていない。トレーニングモードもあるのだが、難しいところを重点的にトレーニングできるわけでもない(なんなのだそれは)という仕様だ。おそらく天然でやっているのだろうが、それが微笑ましいような怖いような。


1/10
LittleAcornsDeluxe_ss.jpg

Little Acorns Deluxe 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Team Pesky ジャンル:キャラクター アクション 2013/01/09

 リスのドングリ集め2Dアクション。オフ2人プレイに対応。

 リスのお父さんが家族のためにドングリをすべて集めるというジャンプ・アクション。iOS向け作品の移植のようだが、アクションゲームということもあって据え置き機でも遜色のない具合である。Xbox360版は協力プレイに対応。
 これはなかなかの佳作だろう。特別に目新しい点はないが、そつなく出来上がっており、退屈に感じることもない。よって、安価な暇つぶしとしては十二分な具合といえそうだ。どこを見ても微笑ましいアクションである。


1/12
ZombieSplatter_ss.jpg

Zombie Splatter 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Matt Mitman ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/01/11

 さまざまな銃でゾンビを撃ち殺すFPS(一人称視点シューティング)。

 ハンドガンに始まり、ショットガンやガドリングガンでゾンビを倒しまくるだけ。ルールはサバイバルとキング・オブ・ザ・ヒルで、アナグリフなどの立体視に対応。
 さすがにゾンビの種類が豊富なのは立派なのだが、この手のジャンルは安い先駆者がいるのであまり目立てはしないだろう。とはいえ、ゾンビを殺している気分になれるという最低部分だけは保証できる。……といっても、そんなゲームは山ほどあるのだが。


1/16
StorageWarfare_ss.jpg

Storage Warfare 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:24kt_Studios ジャンル:戦略 & シミュレーション 2013/01/13

 ガラクタの中に光り輝くものを探すオークション・ゲーム。

 「倉庫オークション」に参加し、価値あるものを見つけ出して競り落とすというゲームである。倉庫内の商品はいくらで売れるかわからず、すべてをひとまとめで競り落とさねばならないので、価値を予想して利益を出すことが目的となる。
 競り合いも利益の獲得方法も底が浅く、すぐ単なる金を稼ぐ作業と化しそうで怖い。利益を出したその後がきちんと用意されているのだろうか。この作品自体が、押し付けようとしているガラクタなんてことでなければいいのだが。


sin_gouseiyanomike_ss.jpg

新・魔法合成屋さんのミケ 400MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:nakfiv ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/01/14

 メインであろう魔法合成パズルがわかりにくかったので、3年後にそれをあっさり削除したアドベンチャー。『魔法合成屋さんのミケ』のリメイク版。

 ミケが魔法を合成し、フィーネが敵と戦い、物語を読み進めていくゲームである。3年前の前作は、メインと思われる魔法合成パズルがルールを読んでも理解できないような代物だったが、今回はなんとそれが理解できるのだから素晴らしい! して具体的にどうなったのかといえば、魔法合成パズルを削除し、合成の成否をダイスの数値によるもの(つまりランダム)にしたのである。あまりの強引な解決法に目眩がする。
 戦闘はダイスで大きな数字を出すという単純なルールなのに、こちらもやはりかなり理解しづらい。そして、一応は萌えキャラっぽいのが出ること以外、肝要であろう物語などを含め、ほとんどの面で貧弱にしか見えないのもこびとスタジオらしく相変わらず。とどめに価格は400MSP。自分で言っておいてなんだが、これがリメイクだとにわかには信じがたい。


1/17
DynastyofDusk_ss.jpg

Dynasty of Dusk 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Brian Paine ジャンル:RPG 2013/01/16

 中国が舞台のレトロJRPGをイメージしたRPG。

 本作は中世の中国が舞台の古典的RPG。主人公は、不死を得ようとしている皇帝を止めるために冒険する。コマンド代わりに用意された4つの職業や、スキルツリーによる成長が用意されており、JRPGをイメージしているとのこと。
 立派な前例のあるジャンルに正攻法で挑んでも荒が目立つだけであり、だから奇抜なアイデアや搦手を使う作品が多いわけだ。よって本作、極端な問題はメニューが開くのが遅いくらいなのだが、まともに作っているのが仇に見える。もっとも、このゲームの奥にもそういうものがあるのかもしれないが、デモ版では読み取れるはずもなく。


TheFlyingDead_ss.jpg

The Flying Dead 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:SCR Designs ジャンル:シューティング 2013/01/17

 空飛ぶゾンビの横スクロール・シューティング。

 戦闘機に乗ってミサイルを撃ちまくり、敵ゾンビの戦闘機や爆弾などをぶっ潰していくゲームである。コインを集めてアップグレードを買うことが可能。全12レベル。
 淡々と敵を倒していくだけで、BGMも立派なステージ構成もない。唯一まともなのは、きちんとゾンビが出てくるところである。あとはタイトルの語呂がいいくらいか。我ながらひどいことを書くものよ。


GridSpaceShooter_ss.jpg

Grid Space Shooter 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Meh Games ジャンル:シューティング 2013/01/17

 タイトルのとおり、マス目上で戦う全方位シューティング。オフ2人プレイに対応。

 2本のスティックで敵を撃ち殺すシューティングで、内容自体はありがちなものの高品質である。ややチュートリアルが冗長だが、敵の種類が豊富できちんと緩急をつけている。ステージクリア時の演出も好みだ。
 ……と褒め切りたいところなのだが、Xbox360インディーズゲームでも豊富すぎるジャンルであるうえに、目立つ要素もほとんど見当たらず、これは埋もれるのがオチではないか。「あと数年早ければ」と言えば聞こえはいいが、いくらなんでも遅すぎる……。


1/18
GalacticConquest_ss.jpg

Galactic Conquest 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Ralem Productions ジャンル:戦略 & シミュレーション 2013/01/17

 銀河を奪い合う古典的なRTS(リアルタイム・ストラテジー)オン2人プレイに対応。

 申し訳ないのだが、チュートリアルの段階で挫折した。かなりシンプルなシステムなのはいいが、それを長々と説明されてはついていけない。とりあえず、資源を溜めてユニットを作り、迫りくる敵戦艦を倒すというわかりやすいシステムであるようだ。
 また、ユニットが惑星の中に入り込んでしまうと選択が不可能になってしまったり、敵が来るタイミングがよくわからなかったりと、懐かしきRTSとはこんなにつらいものなのかと思ってしまうが、これが誤解であることを願う。


LightsOut_ss.jpg

Lights Out 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:LittleGreenBob ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2013/01/17

 音と記憶を頼りに、暗闇の中を進むパズルゲーム。

 まずはステージの構造を見て覚え、次に電気を消して暗闇の中を進んでいく。道中には罠や落とし穴があるので、障害物の音と記憶を頼りにゴールを目指していくゲームとなっている。全100レベル。
 今の時代にはかなり不向きなゲームで、携帯なりデジカメで写真を撮られて終わりだろう。仮にそれを避けたとしても、単にベタ覚えのゲームにしか見えない。また本作、使われているアイコンの意味など説明不足で、電気がついている時から暗闇にいるかのようだ。


1/19
UltimateDodgeball_ss.jpg

Ultimate Dodgeball 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:K-dog ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2013/01/18

 アバターたちのドッジボール・バトル! オフ4人、オン・システムリンクでの2人プレイに対応。

 最大4対4でプレイできるドッジボールのゲームである。複数あるボールを奪い合って相手にぶつけ、敵チーム全員のメンバーを倒すことができれば勝利となる。内野や外野といった概念はないルールだ。
 操作もルールもわかりやすく、内々で遊べば悪くないはずである。だが、ルールが特殊だったり、自身のアバターが使えなかったりと、素直に受け入れがたいであろう箇所はやや多いか。なお、日本語にも対応している。


StoryTaleManiaChristmas_ss.jpg

Story Tale Mania Christmas 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Deviant Spark ジャンル:ファミリー 2013/01/18

 物語ジェネレーター、クリスマス・バージョン。『Story Tale Mania 360』の季節編。

 「今年はクリスマスまでに間に合わなかったゲームはないようだな……」と思ったらコレである。物語の特定単語を入れ替え、新しい物語を創造するという作品だ。
 元よりゲーム機向きでなく、あまり評価の高くない本作が季節外れになってしまったときたら、これはもう見るも無残なものであろう。今の気持ちは、カラスが事故死した猫の死体をついばんでいるのを見た時に似ている。


1/20
AvatarStealth_ss.jpg

Avatar Stealth 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Ho-Hum Games ジャンル:その他 2013/01/19

 アバターのステルスミッション。

 足音と視界に気をつけて自身のアバターを操作し、奇妙な機械から隠れつつゴールを目指すゲームである。操作は通常移動としゃがみ移動のみと、非常にシンプル。ステージは自動生成とのこと。
 いくら低価格帯とはいえ、底が浅くて刺激がだいぶ弱いように見える。もう少し見つかることへの恐怖を煽るなり、ステージ中にすべきことを増やさないと、10分も間が持たなさそうだ。


1/21
StarWingsMissionCommand_ss.jpg

StarWings: Mission Command 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:RicolaVG ジャンル:シューティング 2013/01/21

 あの棒読み横スクロール・シューティングゲームが帰ってきた! 『StarWings』の続編。

 棒読みボイスとやっつけキャラデザが特徴の『StarWings』に新作が登場。今回も3機の宇宙戦闘機でフォーメーションを組み、ステージをクリアしていく。本作では新しいメンバーが登場し、無論メンバーの入れ替えもでき、ステージの冗長さもかなり改善された。
 そんなわけでSTGとしてはだいぶまともになったわけだ。しかし、それはそれでなんだか寂しい気がするし、完璧に面白くなったとは言い難いという声もあるだろうが、これは素直な成長と受け取るべきだろう。ふつうに遊びたいならば、もっと熟すのを待つべし。この柿はまだ渋い。


1/22
SteelChampions_ss.jpg

Steel Champions 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Neuralnet ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2013/01/21

 無秩序がウリのロボット・ボクシング。

 主人公のロボットを操り、左右のパンチ、スウェー(回避)、必殺技を使い分けて敵を殴りまくるボクシングゲーム。身も蓋もないことを書いてしまうが、『パンチアウト』のゲームシステムに『リアル・スティール』の設定をかぶせたのだろう。
 もともと海外向けであろう『パンチアウト』に、ロボットという設定だけ借りてきて、おまけに萌えキャラがやたら出てきたりと、あまりのごった煮具合に胸焼けしそうだ。硬派なボクシングでもなく、ロボットの感動ものでもなく、女の子がキャットファイト的に殴りあうゲームでもなく、これはなんだ。


ExplodingImp_ss.jpg

Exploding Imp 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Wytchlight ジャンル:キャラクター アクション 2013/01/21

 屁こき悪魔の除草2Dアクション。

 屁を爆発として利用する最悪なインプ野郎が、ノームや妖精をぶっ殺しつつ周囲の花をすべて屁で破壊していく。通常攻撃はほぼ飾りで、屁範囲攻撃や屁ダッシュを駆使していく屁ゲー。
 とりあえず、屁が出るうえに悪辣な世界なので刺激的な部分はある。しかし、問題は屁の羅列で笑えるかどうかだ。つまり前述の屁がたくさん書かれている部分で興味を持てたのであれば、試してみる価値はある。が、屁と連呼するようなものだと思って間違いない。


1/25
GeriatrixZombieCity_ss.jpg

Geriatrix - Zombie City 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Pixel Junkie Games ジャンル:シューティング 2013/01/24

 アルツハイマー老人がゾンビ・アポカリプスを生き残……る? オフ4人プレイまでに対応。

 酸素吸入が必要な老人が、ベトナム帰りの腕を生かしてゾンビだらけの街で生き残るというゲームである。しかし、ゾンビを撃ち殺すアクション部分はいいが、なぜか走っている車の間を通り抜けるミニゲームが挟まれている。
 ミニゲームで車がたくさん走っていたり、タイトルが妙なように、このゾンビ黙示録は老人の妄想ではと思えてしまう。が、ゾンビを撃ち殺すステージ中にそういう描写はほぼなく、ミニゲームは適当にぶっこんだだけで、タイトルもそこまで意図せずつけたようにも見える。どうも、老人よりこのゲーム自体がイカれているらしい。


Pester_ss.jpg

Pester 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Flump Studios ジャンル:シューティング 2013/01/25

 レトロな見た目の弾幕寄りSTG。オフ4人プレイまでに対応。

 敵を倒してハイスコアを目指すというだいぶシンプルなシューティングゲームである。レトロアーケード風のフィルタをかけることができるほか、2機同時操作や操作反転といったオプションが存在。
 前作の『Super Killer Hornet』を改善したものとのこと。確かに変な日本語はなくなり、ゲームプレイも幅広くなった……が、そのウリでもあった奇妙さはなくなったし、広がりはほとんど無駄に見られてしまいそうだ。

 なお、本作は後日に特集記事を書く予定である。


1/27
MatchFrenzy_ss.jpg

Match Frenzy 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Duane Hoyt ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2013/01/26

 あまりにも無骨すぎる落ち物パズル(?)ゲーム。オフ2人プレイに対応。

 同じ種類のブロックを隣接させ、点滅するブロックで一気に消すという対戦型の落ち物パズル。タイトル画面の小汚くてぐにょぐにょな建物といい、すごいイビツな形のブロックといい、不気味さがウリなのか。
 しかしながら破綻している部分は特に見受けられず、純粋にしょうもないゲームでもある。……と書かなければならない事実がつらい。


1/28
BitzKrieg_ss.jpg

BitzKrieg 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Hebridean Productions ジャンル:戦略 & シミュレーション 2013/01/27

 シンプルかつ高速なリアルタイム・ストラテジー。オフ4人プレイまでに対応。

 4種類のユニットを生産し移動させ、各拠点を奪いつつ、敵陣地を破壊すれば勝利となる。また、なぜか指導者の顔をカスタマイズするシステムもある。
 とにかくテンポが早く、一見しただけではついていけないだろう。ところで本作のコンセプトは何かと考えてみるに、「この手のジャンルをあまり遊ばない友人と、ソファーでだべりつつ気軽に戦ってみる」というものだと思われるのだが、そういう人にここまでハイテンポかつキャッチーでないゲームをやらせていいのだろうか。


Element_ss.jpg

Element 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:LoneWolf Studios ジャンル:テーブル ゲーム 2013/01/28

 元素は集められてもプレイヤーが集められなさそうなボードゲーム。オフ4人プレイまでに対応。

 トークンをうまく動かし、場にあるエレメントを集めていくボードゲームである。マップ上で災害が起こるとトークンが没収されるようなので、それを避けつつ高得点を目指す。
 ……というルールらしいのだが、チュートリアルは文章を垂れ流しにしているだけで、ターン経過時のCPUの行動がほとんどわからないなど、入門の時点でつまづく人が多そうなのなんの。面白くなくてもいいから、まずは人が集まりそうなものを……、と思わずにいられない。


1/29
ProtectOurBase_ss.jpg

Protect Our Base 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:CandelaCreations ジャンル:シューティング 2013/01/29

 タイトル画面こそ最高に興奮できるシーンであろう固定画面シューティング。

 固定砲台を左右に動かし、ついでにミサイルやRPGも駆使して、上部から迫り来る歩兵や戦闘機を撃ち落とすという内容である。『スペースインベーダー』の派生版みたいなものだろうか。
 Xbox.comの詳細ページにゲーム内のスクリーンショットがほぼないことからわかるように、期待できない作品であるし、実際に今の基準では良い評価を得るのが難しい程度の中身しかない。とりあえず、タイトル画面は格好がついているだけマシといえよう。


1/31
Arcadecraft_ss.jpg

Arcadecraft 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:firebase ジャンル:戦略 & シミュレーション 2013/01/31

 1980年代のゲームセンター経営シミュレーション。

 1980年から1986年の間、アバターたちが遊びに来るゲームセンターをうまく作り経営していくゲーム。この時代のアーケードはATARIの『Asteroid』などが発売され始めた年であり、そういったどこか見たことのあるゲームがわんさか出てくる。
 歯ごたえのある経営シミュレーションとしてはほとんど期待できないものの、この時代のゲームに思い入れのあるプレイヤーが引っかかるであろう要素はきちんと盛り込めているだろう。レトロなアーケードを懐かしむには十分すぎる一作だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント