とびだせ どうぶつの森 27 住人たちのお宅拝見

最初は古参住人の家を見ていく

TobiMori_27_01.jpg
今日はなんとなく作ったバラのアーチからお届け

 前回は僕の家について紹介したが、今回はいんけん村の住民たちの家について紹介しようではないか。彼らは基本的に、最初からかなり整った部屋を持っている。そのせいで、彼らが前の家具と交換するものを手に入れてしまい、部屋の調和が乱れるのを嫌うプレイヤーもいるのだ。だからこそ、今回の紹介をしたい。

 なぜそんなことをするのかといえば、統一されていない部屋にも歴史があるからだ。たとえ無茶苦茶に家具が配置されている部屋のように見えても、住んでいる人にとってその家具は、ひとつひとつ手に入れたものである。それを解説しつつ、住人たちの家を見て行こう。

TobiMori_27_03.jpg
チャックが寝ているところで勝手に大騒ぎ

 まずチャックの部屋である。これまた統一感のない部屋なのだが、もともとログシリーズは色の種類が多いせいか、そこまで大きな違和感がないように見える。

 チャックはリサイクルショップで変なものを買うのが趣味らしく、僕が出した「ハーベストかべかけランプ」なんかがあるのが思い出深い。ハーベスト家具はみんなに売りつけたのに、今も持っているのは彼くらいだ。古参住人ならではの家具である。

TobiMori_27_08.jpg
壁紙と床がまともだと家具が統一されてなくても平気かも

 次はマリリンのお宅へ。彼女はロイヤル&ゴージャスなシリーズを併せて所持していたが、今は若干庶民らしさが出てきたか。とはいえ、「メトロイド」や「こうふくのき」を飾っていたりで格好はついているような気もする。

 彼女の家にあるもので思い出深いのは「スズキ」である。確かこれは最初期に僕があげたもので、未だにそれを飼っているというのがいじらしい。それがたとえ“またおまえか!”でも大事なもののようだ。

TobiMori_27_04.jpg
朝早くに押しかけてすまん

 そして、チャコの家はなんだか殺風景である。元はバスケットボールができる体育館のような部屋だったのだが、その面影はもはや「パイプいす」と「ひじょうぐち」くらいのものか。

 この家で気に入っているのが入り口にある「ファイアーバー」だ。これはいらない非売品を処分した時にあげただけなのだが、まさしく侵入者を殺すかのような配置で使ってくれるとは。あとは、クリスマス後に押し付けた「おかしいりブーツ」をまだ大事に飾っているのが嬉しい。

 こんな具合に、住人たちの家を見れば思い出がいろいろと掘り返せるのだ。単なる統一感のない部屋などと言ってはなるまい。
このエントリーをはてなブックマークに追加


次は、モモチ+途中から引っ越してきた住民たち

TobiMori_27_05.jpg
しかしモモチはその服が似合いすぎる

 ところで、最初期からいるわりに部屋の変化が少ない住人もいる。それがこのモモチで、彼の部屋は和風でまとめられており、家具の変化もだいぶ少ない。

 唯一それらしくないのは手前の「でんしレンジ」だが、料理に関してはズボラと思われる彼にはそれなりに似合っているのではないだろうか。特に部屋をコントロールしようというつもりはないのだが、こういうケースもあるのだ。

TobiMori_27_02.jpg
タイミング悪く風邪をひいていたアンソニー

 続いてはキザなアンソニーのお宅だ。彼はもともとロイヤルシリーズを揃えた立派な家に住んでいたのだが、今はなんだか訳の分からないことになっている。

 とはいえ、思うところは多い。黒い「よくあるチェア」は、最初からリサイクルショップに並んでいた品であり、何人もの住民の手に渡ってきたものであるが、結局は僕の手元に戻り困ったことになった。そこで黒くリメイクしてみたところ、アンソニーがいたく気に入ってずっと使ってくれているのだ。

 そもそも、「キウイのふく」も僕が持っていたものを彼が熱烈に欲しがったものだし、「パンケース」も僕が使わなかったものをあげた……と、なんだか寒気がする気もするが、喜んで使ってくれるのならまァいいだろう。

TobiMori_27_06.jpg
今ではアイーダの顔もすっかり見慣れた

 今度はアイーダの家である。彼女はエジプト風味で部屋をまとめていたものの、なんだかずいぶんとファンシーになってしまったような。

 彼女が持っている「ミイラのひつぎ」だとか中央にあるバスタブ(名称不明)が欲しくていろいろな家具をプレゼントしてみたのだが、どうも結構なレア家具らしく、今だに手放してくれない。くれないというならば、もっとカワイイものをプレゼントしてよりファンシーにしてやる。

TobiMori_27_07.jpg
あんこの飼ってるでかい魚はなんだろう?

 そして、チャコの部屋は歯科医院のようなものだったのに、今ではその面影はまるでない。この村に来てからずいぶんと趣味が変わったようだ。

 ところで、あんこも前述のチャックもアイーダも半纏を着ているが、これは以前村にいたボルシチが流行らせたものである。確かに時期には合っているが、それにしても妙なブームだ。そのせいでここまであんこの趣味が変わったのだろうか。

そしてよその村から越してきた住民たち

TobiMori_27_09.jpg
ケーキで紅茶を飲む……のがコンセプトか?

 次からは、ほかの村から引っ越してきた住民の家である。まずはティーナ。初期状態がわからないためになんとも言えないのだが、おそらくキッチンとケーキと、「ティーセット」あたりが初期から持っている家具なのだろう。

 どうも彼女の家には家具が少ないのだ。おそらく、前の村にいた村長がアレコレ買って行ってしまったのではないだろうか。そうなると不憫に見えてきてしまい、さっそく手紙を買って家具を押し付けるのであった。

TobiMori_27_10.jpg
おそらく放置ぎみだったであろうちょいの部屋

 一方、ちょいはすれ違い通信でやってきたのだが、家具はきちんと揃っている。どうやら初期状態は楽器やパイプな家具を揃えたミュージシャンのような部屋だったのだろう。

 基本的にはそのまま形が残っており、変なところはない。だが、クリスマスプレゼントに届けた「べんきょうづくえ」があるのが気になって仕方がない。彼女が欲しがったのだからそれでいいのだが……。もっとマシな机を贈るべきだろうか? と、彼女の部屋を見るたびに思う。

TobiMori_27_11.jpg
なんだかよくわからないアグネスの部屋

 最後になるのは、最近引っ越してきたアグネスである。彼女の部屋はかなりいろいろな種類の家具があり、元がどんな部屋だったのかよくわからない。おそらくラブリー家具を揃えていたの、か?

 何よりの見どころは、「よくあるベッド」と「よくあるチェア」が揃っているところだろう。これはRパーカーズの最初期に置いてあるものであり、それを元の村にいた村長に押し付けられたに違いない。そしてほかにもバラバラな家具が多いということで、前にいた村でどんな扱いを受けていたか、だいたいわかるものである。

 さて、住民たちの家を見ていったがいかがだろうか。そこにあるのは単純な、あるいは荒唐無稽な配置の家具だろうが、想像力を働かせてみれば背景が見えてくるだろう。たまには彼らの部屋に邪魔するのもいいものだ。

○ とびだせ どうぶつの森 28 良いものはひとつだから良い
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1534.html

コメント

フレコ交換ってokですかね?

v-3色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文アイーダのツタンカーメン見たいの欲しいー

すみません、ここでは特にフレンドは募集してません。

ふふふふふふ

いんけん村お邪魔させていただきました
とても綺麗ですね!あまりに感動して次の日もう1回行きました!
しずえルーム真似しようとしてるわけではないです!断じて!

あと、住人のくちぐせに笑わせてもらいました
私は最近どうもくちぐせを考えるのが面倒で、直前に食べた食べ物などにしてしまうので
一見クレイジーに見えて統一性を感じさせるくちぐせに衝撃を受けました・・・
どうぶつの森e+の頃、狂ったように自分の本名をくちぐせに設定していたあの頃の魂がよみがえりました・・・

長々とくだらないことを書いてすみません
これからも楽しみにしてます!

陰険村拝見させていただきました。
すしずめさんのセンスが羨ましい限りです
私のクソみたいな村もいつか陰険村のような素敵な村にしたいです。

私の村にもアンソニーがいて先日写真をもらいました。
ティーナ可愛いですね。羨ましい。

>もちうまいさん
わざわざコメントありがとうございます。
名前のとおりいんけん村なので口癖には気を使っていますが、ティーナやアンソニーあたりはまだ手が入れられてませんねー。
また暇な時に見に来てください。

>2013/01/13(日) 21:38:51の方
コメントありがとうございます。
村の整備は基本的なルールを抑えているだけですが、それでもいくらかマシになりますね。
アンソニーの写真はうらやましい。僕も結構気に入っているヤツなので、早いところ友情の証をもらいたいです。

殆どの住人が...濃いですね

アンソニー

アンソニー、かっこいいですよね(^‐^)

あのデカい魚は、ピラルクです。

すしずめさんの村の夢見ました♪綺麗なむらですね
非公開コメント