無料ゲーに、3年越しで有料DLCが来るなんて…… 『Doritos Crash Course City Lights』

まったくもって面を喰らったとしか言いようがないDLC

DoritosCC_DLC_01.jpg
懐かしき『Doritos Crash Course』タイトル画面

 2010年、Xbox LIVE Arcadeで配信された無料アクションゲーム『Doritos Crash Course』にDLC「Doritos Crash Course City Lights」が配信された。それも2013年になってから……。

 あまりの出来事に思わず驚いたが、衝撃はそれだけではない。本作はDoritos主催のゲームアイデアコンテストで優勝し、そのため無料配信されたにも関わらず、DLCは160MSPで有料なのである。いや、金を取るなと言いたいのではなく、そういうビジネスもあるのかと素直に困惑しているのだ。なんせ本作は、現在流行りのF2P(フリー・トゥ・プレイ)だとかアイテム課金というわけでもないのだから。

 ふと思い出し、かなり前に自分で書いた記事を読み返した。確かに無料で遊べるアバターゲーム、それも十分な品質を持ったものということで、『Doritos Crash Course』には良い印象を持っている。が、それにしても今回は……。

○ 無料XBoxLiveArcadeが到来 『Doritos Crash Course』編
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-967.html

DoritosCC_DLC_02.jpg
どれが追加ステージかわかりにくすぎる

 さておき、追加されたのは「Las Vegas」ワールドと「London」ワールドの2種類。それぞれ5種類のステージが入っているので、合計10ステージの追加のようだ。また、「Japan」ワールドにEasy版が追加されており、新たな実績とアバターアワードまで入っているのである。

DoritosCC_DLC_03.jpg
相変わらずアバターが表情豊かなゲームだ

 なんせ数年ぶりに遊ぶので内容はすっかり忘れている……、と思いきや、既出の仕掛けはあっさりと思い出せるほど記憶は鮮明であった。そのおかげ(あるいはそのせい)か、特に感動することもなく。

DoritosCC_DLC_04.jpg
難易度的にも中途半端な印象

 とはいえ、基本的な「どこかにありそうな無茶なアトラクション系TV番組」風のゲームプレイは相変わらずであり、まだ未プレイの人には良いDLCになる……のか? DLCには無料デモがあるとはいえ、さすがに有料を買ってわざわざ遊ぶのだろうか……?

 通常なら「遅すぎたDLC」とでも言いたいところだが、なんせここまで遅いのだから不気味ですらある。

DoritosCC_DLC_05.jpg
隣のゲームももう少し実績が簡単だったらなァ

 とりあえずひと通りクリアして実績はコンプリートしたが、残ったのは疑問だけであった。なぜ今更になって、しかも有料でDLCを……。問題があって時間がかかってしまったのだろうか? それとも何か深い考えがあって?

 世の中には奇妙なゲームが数あるものの、このDLCもまた不思議なもののひとつである。


box_doricc.jpg

Doritos Crash Course 無料 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Wanako Games / A2M ジャンル:キャラクター アクション, レース & フライト, アバター 2010/12/08

 ドリトス提供のゲームアイデア・コンテスト「Unlock Xbox」に入賞し、XBLAで無料配信されたアクションゲーム。
 Xbox360のアバターが、TVのアトラクション番組に出演したかのように、さまざまな罠を超えてゴールを目指すゲーム。
 なぜか3年後に有料DLC「Doritos Crash Course City Lights」が配信された。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント