インディーズゲーム 2013年 2/1~2/28の新作

2/2
ENGO_ss.jpg

ENGO 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:t0my ジャンル:シューティング 2013/02/01

 四足ロボットたちの対戦型全方位シューティング。

 うねうねと動く四足ロボットを操作し、CPUたちと撃ち殺しあって一番多く星を集めたプレイヤーの勝利である。敵を倒すと高得点の星が手に入るほか、パワーアップ用のアイテムなどが用意されている。
 これはどうも人間同士で対戦するゲームにしか見えないのだが、なぜか今の本作はシングル専用である。作品の出来が悪いことなんてないのに、どう見ても肝心な歯が抜けているのだ。いずれアップデートする予定ならいいのだが……。


2/3
LabyrinthX_ss.jpg

Labyrinth X 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Team Shuriken ジャンル:RPG 2013/02/02

 チーム・シュリケンの萌え萌えアドベンチャー(まただよ)!

 選択肢を選ぶだけの簡単な、それも美少女たちに彩られた冒険を体験することができる。……という、毎度毎度同じことをしまくっている作品だ。今回はなぜかレトロ風のグラフィックなのに、美少女はふつうの立ち絵である。
 今回は死亡シーンが妙に凝ったアニメになってはいるので、進歩は感じなくもない。……が、結局は美少女キャラを目当てにすることになるだろうという、進歩というものから程遠い一作でもある。今回も、美少女に興奮したら買うべし。


AvatarMazeGame_ss.jpg

Avatar Maze Game 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Willow Games ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2013/02/02

 アバターが迷路でハートのゴールを目指すゲーム。

 コインを集めて店でアイテムを買ったり、ステージ選択ができたり、どこかで見覚えのあるシステムと思いきや同デベロッパの『Maze Game』をリメイクしたものであった。
 しかしキャラがアバターになったくらいでは、前作と同じく「紙に書いた適当な迷路をやるよりはマシかもしれないが、本当にコントローラーを持って迷路をなぞるようなことがしたいのか?」と言うしかないだろう。確かに変な丸よりアバターにしたほうが圧倒的にマシではあるものの、そんなちっぽけな進歩だけを見たくはなかった……。


2/5
OnARoll3D_ss.jpg

On A Roll 3D 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Battenberg Software ジャンル:キャラクター アクション 2013/02/04

 3Dにしたのに2Dソニック風味のアクションゲーム。『On A Roll』の3Dリメイク版。

 以前の作品は劣化『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』だったが、今回はいくらかマシになっており、特に見るからのパチもの臭は大幅に軽減されている。とはいえ、ゲームシステムには大幅は変化はないように見え、3Dである利点も少ないし、正面から勝負しているゆえに端々に疑問が感じられるか。
 新しいゲームとして面白いとはいえないものの、3年半以上もかけてここまで綺麗に作りなおした姿勢を見逃してはならないだろう。もっとも、それはゲーム内容には関係ないし、もっと違うゲームで発揮してもらいたかたっところだが。


2/6
FiskalClif_ss.jpg

Fiskal Clif 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:The Unallied ジャンル:レース & フライト 2013/02/06

 USAの財政難を乗り越えるため、アメリカーを運転する大爆笑ミニゲーム。

 奇妙な人型ネコとなり、アメリカー(AmeriCar)に乗って落ちているお金を拾い集め、ハイスコアを目指すミニゲーム。アワードシステムやグローバルハイスコアが存在している。
 おそらくアメリカー(AmeriCar)のくだりや、それに関するUSA(United Salesmen of Automobiles)の物語で笑うべきなのだろうが、僕は困惑しかできなかった。ミニゲームの内容も、それで爆笑したついでにプレイする程度のものなので、誰かが笑ってあげて欲しい。嘲笑ではなく。


2/8
AjareWatch_ss.jpg

Ajare&Watch 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:varga ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/02/07

 『ゲーム&ウオッチ』のようなLCD風ゲームを舞台にしたアドベンチャー。

 暴言ありパロディありの物語に連れられて、レトロでパチもんなLCD風ゲームをプレイしていくことになる。そのLCD風ゲームはミニゲームというわけでなく、複数のマップで構成されるアドベンチャーとなっているようだ。ほかにも、Youtubeを模した動画(というか会話シーン)集なども存在。
 購入しないと体験版から抜け出せない仕様が特徴だった前作『Torque Quest』が日本では2つしか売れなかったそうで、それすらもジョークにしているほど冗談が詰め込まれている。とはいえ、その冗談が読みにくいうえに質も疑わしいとなれば、わざわざ読むほうが奇特で当然だろう。というわけで、本作も盛大にスルーされそうである。


2/9
HiveHivetheboardgame_ss.jpg

H.i.v.e. (Hive the board game) 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Sean Colombo ジャンル:テーブル ゲーム 2013/02/08

 女王蜂を確保する昆虫たちのボードゲーム。オフ・オン・システムリンクでの2人プレイに対応。

 虫が描かれた六角形のコマを動かし、敵の女王蜂を包囲すると勝利となるボードゲーム。それぞれの虫は動きが違い、偶然の要素が一切ないこともあり、「昆虫将棋」とでも例えればわかりやすいか。なお、『Hive』という同名ボードゲームをビデオゲーム化したものである。
 虫をわざわざ3Dで描写したあたりには疑問が残るものの、移植としては概ね問題ないだろう。となれば、あとの問題はどれだけ人を集められるかである。かなり実力差の出るゲームなので場違いな気もするが、さて。


FAT_ss.jpg

FAT 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:One Guy Studios ジャンル:キャラクター アクション 2013/02/08

 痩せ型ガールが世界のデブをぶち殺しまくる2Dアクションゲーム。

 スリムガールが太った料理人や相撲取りをヒールで殴り殺し、悪のデブ魔女を倒すことを目指すジャンプ・アクション。スリムガールは攻撃を食らうたびに太っていくのが特徴。また、常軌を逸したとしか言いようのないほど長くて大味で最悪なステージが実にファック。
 スリムな少女が太っていくという題材は特殊な性的嗜好としてありえそうだが、デモ版で最初のステージをクリアすることができないほどひどいので論外だ。やってられるかと言うしかない。


2/12
ZombieSquare2_ss.jpg

Zombie Square 2 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:TheJKer ジャンル:シューティング 2013/02/11

 四角いゾンビたちを四角い連中が迎え撃つ全方位シューティング。オフ4人までのプレイに対応。『Zombie Square』の続編。

 基本は前作と同じく、店で食料や武器などを購入し、夜に襲い掛かってくるゾンビどもをブチ殺すという内容である。続編としてグラフィックを3Dに一新し、キャラ選択などの要素を付け加えたようだ。
 前作より無意味な点が減り、何をしたいのかも明確になっている。よって、かなりまともになっているというべきなのだろうが、残念なことに前作とほとんど同じような印象だと言わざるをえない。つまるところ、だらだらとゾンビを殺すことには大した進歩がないのだ。


2/13
ChainedWings_ss.jpg

Chained Wings 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Toolkitz ジャンル:シューティング 2013/02/13

 火炎放射器のついた戦闘機で戦う横スクロール・シューティング。

 火炎放射器で攻撃するのは特別に見えるかもしれないが、結局は凡百の横スクロール・シューティングである。多めのストーリーとショップシステムも付属している。
 スクリーンショットのみすぼらしさや、容姿がのび太そっくりな主人公の萌えキャラを見ると敬遠したくなるかもしれないが、破綻しているゲームではない。かといって、見た目がブサイクな萌えキャラに近づきたがる人がいないように、このゲームを喜ぶ人も多くはないだろう。


LetsLearnJapaneseDeluxe_ss.jpg

Let's Learn Japanese: Deluxe 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:GZ Storm ジャンル:エデュテイメント 2013/02/13

 日本語学習ソフト。『Let's Learn Japanese: Beginner』の続編。

 ひらがな・カタカナ・漢字・単語を一覧とフラッシュカードで学ぶことができる。また、デモ版では確認できなかったものの、四択クイズのような形式もあるようだ。
 低価格なエデュテイメントとしては体裁は整っており、前作よりも見た目はまともになった。とはいえ、本気ならばもっと別の方法で学ぶべきだろう。というより、日本語勉強ソフトを日本でも配信するあたりを、それも前作と同じことを二度やったことを笑えばいいのだろうか。


2/14
UndeadEmpireHellfire_ss.jpg

Undead Empire: Hellfire 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:BigRookGames ジャンル:シューティング 2013/02/13

 6人の奇妙な連中がゾンビに立ち向かう全方位シューティング。オフ・オン4人までのプレイに対応。『Undead Empire』の続編。

 デモ版の手触りは前作とほぼ変化せず、協力プレイが前提であろうやや大味気味なゲームである。奇妙なキャラ(軍人だけでなくツインテールの学生)などが出てきて、マッドな博士やゾンビをぶっ潰すという内容だ。今作は新しい武器やタレットが追加されたようである。
 「オンラインでプレイするならば安価だし悪くはない」ということで落ち着きそうだが、続編としての進歩はだいぶ怪しいので、極端に人気が上がるということもなさそうだ。


2/15
BadCaterpillar_ss.jpg

Bad Caterpillar 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Fun Infused Games ジャンル:シューティング 2013/02/14

 ゴキブリのように高速で這いずりまわるイモムシを撃ち落とすシューティングゲーム。

 上部から高速で蛇行してくるイモムシを倒す固定画面シューティングである。障害物によって連中の移動が変化するので、それをうまく処理したり、パワーアップやボムを使いこなして倒す。なお、面クリア型である。
 本作はミニゲームとして捉えれば、なかなか刺激的に仕上がっている。まず、速すぎるイモムシを激しく撃つことに重点が置かれており、そこに戦略性も加えられている。よって、素早く気軽にそれなりの刺激を得られるわけだ。おまけにパッケージ画像もなかなか見事で、構えすぎなければ事足りるといえそうだ。


2/16
Jemboree_sss.jpg

Jemboree 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Final Boss Productions ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2013/02/15

 わかりにくい「わかりやすい3つ揃えて消すパズル」。

 マス目上にジェムを置き、縦か横に3つずつ並べて消していくパズルゲーム。手元に来たジェムは3つほどストックすることが可能である。なお、iOS向け作品の移植のようだ。
 ジェムの置き方にやや面倒なルールがあるため、この手のパズルにしてはやや煩雑で、しかもそれなりの楽しさがあるのかも疑わしい。まさか難解にしただけとは考えたくはないが、さておき3つのジェムを揃えて消すパズルの中でも爪弾きにさそうだ。


2/17
TheFantasticFivesome_ss.jpg

The Fantastic Fivesome 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Baller Industries ジャンル:RPG 2013/02/16

 治療のために美人を口説きまくらねばならないアドベンチャー。

 朝食時にいきなりキレて倒れるという重病にかかった主人公が、治療のため魅力的な女性たちとデートをするという、イカレポンチなアドベンチャーである。ルールとしては適切な選択肢を選んでいくというもの。女性はフルボイスなうえに多少の動きを見せる。
 このデベロッパは今までは奇妙なアドベンチャーばかりを制作していたが、今回はエロのみで釣ろうということなのだろう。美女は日本の萌えキャラ寄りではなくかなりバタ臭く、彼女たちは少し乳が揺れて微妙な声がついているだけである。とはいえ、今までの作品よりは注目されそうか。


2/18
Giball_ss.jpg

Giball 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Msi/Gtr/Jms ジャンル:懐かしのゲーム 2013/02/17

 過去の哀愁漂うブロック崩し 即死アイテムをふんだんに添えて。

 『アルカノイド』クローン(というよりデッドコピー)で、要はアイテムが降ってくるブロック崩しだ。パドルでボールを弾くあたりはふつうなのだが、即死アイテムの出る確率が尋常ではなく、1ステージ中に二桁以上出てくる。
 この大量の即死アイテムは、制作者からプレイヤーへの「死ね」というメッセージだろう。なので、僕はこう返してやる。「テメェなんぞ360インディーズゲームのカタログの中で埋もれ、誰にも見られないまま永遠に孤独で過ごしてろカス!」。


2/19
InfiniteDoodle_ss.jpg

Infinite Doodle 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Smudged Cat Games ジャンル:その他 2013/02/18

 無限に深いお絵かきツール。開発は『Gateways!』のSmudged Cat Games。

 基本は通常のお絵かきツールなのだが、かなりのズーム&アウトが可能である。スタンプを押せばそれをかなり大きく拡大して見られるし、描いたものを見えなくなるほど小さくすることも可能だ。また、コントローラー向けの操作を用意している。
 この場における他のお絵かきツールよりは面白いのだが、そもそも「据置機向きではないという壁」が越えられなさそうだ。本作のPC版は無料でDLできるようなので、素直にそちらでやるべき。


Minotaur_ss.jpg

Minotaur 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Awesome Enterprises ジャンル:格闘 2013/02/18

 ミノタウロスが血のシャワーを浴びるベルトスクロール・アクション。オフ4人、オン8人までのプレイに対応。

 このミノタウロスは見掛け倒しであり、そもそもアクションゲームの基本が整っていない。敵であるローマ兵は無茶苦茶に出るだけだし、そもそもローマ兵がでかかったり小さかったりするし、当たり判定も明確でなく、ウリであるはずの血もやっつけで飛ぶだけ。ボタンを連打しているだけでなんとなしに終わるとてもダメなゲームだ。
 神話のミノタウロスは脱出不可能な迷宮に閉じ込められたそうだが、本作をオンラインでフレンドと一緒に遊ぶという行為はまさしくそれと同じである。なるほどそう考えてみれば、この単調で苦痛な作りも意図されたものなわけがないだろうが。


2/20
RadRaygun_ss.jpg

Rad Raygun 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:TRU FUN Entertainment ジャンル:キャラクター アクション 2013/02/19

 ゲームボーイ風味&ロックマン・テイストな2Dアクションゲーム。

 時は198X年のアメリカ、Dr.ヨコイによって造られたラッド・レイガン(本名はグンペイらしい)が、ソ連にいる共産主義の悪の博士どもをぶっ潰すという物語である。ゲームボーイかつ『ロックマン2』のパロディ作品でもあり、随所にそのこだわりが見て取れる。
 僕は見てすぐに気に入った。この4階調のグラフィックにぎこちないスクロールは、まさに過去を懐かしむにおいてうってつけだろう。ただしレベルデザイン・当たり判定・視認性などに難がありそうで、アクションとしてはあまり期待ができなさそうである。


AscentofKings_ss.jpg

Ascent of Kings 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Nostatic Software ジャンル:キャラクター アクション 2013/02/20

 王になるための洞窟探索アクション。

 4人兄弟で最も期待されていない末っ子が、新たな王を決めるための試練を受ける探索アクション。兄たちは便利な道具を持っているので、それを奪いつつ12の祠を探す。
 小さな探索アクションとしては問題はなさそうだ。とはいえ、目を引く要素も特定の人を強く引き付ける要素にも欠けており、実態はさておき、王らしい威厳ある一作にはなれなさそうだ。


2/21
LaserFry_ss.jpg

Laser Fry 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:GGGamers ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/02/20

 最高に盛り上がらないレーザー飛び交うDJイベント・アクション。

 画面上に現れる丸を避けて、その色に対応したレーザーを起動させて丸を消す固定画面アクション。丸や起動中のレーザーに当たるとゲームオーバーになるので、それまでのスコアを競う。
 つまらないのは言うまでもないだろうが、そもそも面白くなる要素を入れていないので当然か。せめてレーザーが飛び交う箱をきちんと描ければいいのだろうが、主人公が棒人間なのにそれを要求するのは酷だろう。


2/22
Bingo_ss.jpg

Bingo 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Utopioneer Games 2 ジャンル:ファミリー 2013/02/21

 最大4人向けのビンゴ・シミュレーター。

 抽選されるボールの番号により、カードに書かれた番号を集め、縦・横・斜めの一列を揃えるあの「ビンゴ」である。オプションも特になく、特筆することもないどころか書くこともない。
 なんだこの「ビンゴが必要だからとりあえず作ってみたけど、ついでにXbox360でも配信しちゃおうかな♪」的なものは。脳みそが破裂しそうなほどコメントしづらいからやめてほしいし、その安易な行動で人を困惑させることもやめてほしい。


2/23
WhiteNoiseOnline_ss.jpg

White Noise Online 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Milkstone Studios S.L. ジャンル:その他 2013/02/22

 暗闇の中、バケモノから逃げ続けるホラーゲーム。オン4人までのプレイに対応。『White Noise: A tale of Horror』のオンライン版。

 オンライン版になるにあたり、それぞれ特性の違うキャラクターを追加したり、マップに手を加えたようである。相変わらず安価かつそれに見合ったホラーという感じで、値段分の恐怖は味わえるだろう。
 対人プレイすると恐怖は薄れるだろうが、そのくらいぬるいほうが人は集まるという算段だと思われる。実際、「フレンドを集めて軽く遊ぶホラーゲーム」としては十分な具合だ。もっとも、そのうち恐怖よりかったるさを語り合うようになりそうだが。


Cataclysm!_ss.jpg

Cataclysm! 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:TopNotch Studio ジャンル:シューティング 2013/02/22

 しょうもない系全方位シューティング。

 Xbox360インディーズゲームには「しょうもない系全方位シューティング」というジャンルが出来上がっており、これもそのうちのひとつ。破綻はしていないが、かったるくてやっていられないのだ。
 どうもこれは10分間ずっと戦い続けるというルールのようだが、2分プレイしてもう限界だった。カップラーメンができるまでの暇つぶしにすらなりやしない。


ProcrastinatingSquirrel_ss.jpg

Procrastinating Squirrel 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Daivuk ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/02/22

 マヌケなリスが隠した木の実を必死に探す掘りまくりゲーム。

 リスが雪原の中に隠された木の実を探すというルールである。また、木の実を集めてシャベルなどのアップグレードを購入することが可能なので、更に効率よく掘れるようになるわけだ。要は、Xbox360インディーズゲームでも人気が出た『Miner Dig Deep』のような穴掘り系ゲームである。
 しかし本作、マップの読み込み(生成)が非常に遅く、しょっちゅう画面が止まるのでまともに遊べない。また、アップグレードもかなり数が少なく期待できないので、二番煎じにすらなれていないだろう。なんともマヌケなリスらしい一作。


Constellation_ss.jpg

Constellation 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:AlecVickers ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/02/22

 星座を輝かせる月ぶらぶらゲーム。

 惑星の重力に揺らされる月となり、星座の間にある線を通って星々を輝かせていくというゲーム。特に複雑なルールはないようで、ぶらぶらと月を揺らしているだけのようにも見える。
 というより、レベルデザインに難があって、本当になんとなく動かしているだけでクリアになってしまう。簡単なのはいいが、これでは何も心に刻むことはできないだろう。デモ版ではEasyまでしか遊べないため、それ以降に何かあるかもしれないが、都市部で星を見ようとするくらいに結果は期待できなさそうだ。.


ShortCircuit_ss.jpg

Short Circuit 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Jason Yarber ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2013/02/23

 誰にも押されなさそうなライト消滅パズル。

 押した場所と上下左右のマスが点灯か消滅に反転するので、うまくすべてのマスを消していくという古典的なパズル。日本では『ライツアウト』という名前だと馴染み深いだろうか。
 同じようなゲームはXbox360インディーズゲームにも既にあり、それにすら大幅に劣る出来である。何も押さずとも、本作の光はすべて消えている。


2/25
VoxelRunner_ss.jpg

Voxel Runner 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Petiephant ジャンル:キャラクター アクション 2013/02/24

 特徴はボクセルな自動スクロールの障害物回避アクション。

 出てきた障害物に1ボタンのみで対応するというシンプルなアクションゲーム。タイミングが重要でシビアなゲームだが、操作は至極単純なので、高難易度クリアのカタルシスを味わいやすくなっているわけだ。この手のゲームはXbox360インディーズゲームでもいくつか出ており、本作もそのクローンのひとつだろう。
 少なくともデモ版を見た限り、問題はなさそうだ。爆発的な人気は無理だろうが、この手のジャンルにおいてそれなりなクローンとして評価されるだろう。


2/26
youyseiboukenki_ss.jpg

妖精冒険記 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:YUWAKA ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/02/25

 妖精がラフレシアを目指すアクションゲーム。開発は『コロンでジャンプ』などのゆわかさん。

 ふわふわと飛ぶ妖精を操作し、次第に減るハートがなくなる前にゴールであるラフレシア(のようなフシギな花らしい)を目指す。アクションゲームツクールでの制作とのこと。不親切な面が目立ち、障害物、ルールやアイテムの効果など、一見してすぐにはわからないだろう。
 解像度もかなり低く、アクションとしても特筆することがなく、ましてや本作、ステージも6つのみなのだ。フリーゲームをXbox360に移植したのだろうかと思いきや逆で、Flash版から物語が追加され、ステージもこれで増えたそうである。Xbox360版をフリーゲームとして出したほうが良かったのではないだろうか。


No-FlyZone_SS.jpg

No-Fly Zone 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Brian Carey Games ジャンル:シューティング 2013/02/25

 しぶしぶ空飛ぶハリボテを掃除する全方位シューティング。

 マスターチーフのパチものみたいなヤツを操作し、ハリボテのヘリコプターやUFOなど、飛んでいるものをすべて車載機関銃で撃ち落とすというゲーム。言うまでもなく店でアップグレードを購入可能。
 ゲロを吐きそうになるほど退屈で、しかもそのくせ妙にシビアで、汚い言葉を叫びたくなるのは、僕の調子が悪いからだと思いたい。


BallGuy_ss.jpg

Ball Guy 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Kinekid ジャンル:キャラクター アクション 2013/02/25

 ボール野郎をウニにぶつけまくりたくなる固定画面アクション。

 ロケットの推進力を使い、ボール野郎を砂時計に導く固定画面アクション。統一感のない豆知識つき。
 大して面白くないのに、操作が難しく難易度が高くてリトライがスットロかったり、メニュー画面が恐ろしく見づらかったり、意図不明な豆知識を読ませてくれたりと、このボール野郎、プレイヤーの神経を逆撫ですることに関しては一流だ。


Chronoblast_ss.jpg

Chronoblast 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:n0rty ジャンル:シューティング 2013/02/25

 とてつもなく激しすぎ、多くの人はプレイすることすら許されないであろう弾幕STG。オフ2人プレイに対応。

 僕なんかは序盤からロクに避けられない弾幕STGである。一応はオートボムなど初心者向けの救済もあり、エフェクトやら豪快な数の弾など、非常に激しい見た目をしている。オンラインハイスコアやオフCoopにも対応。
 どうも弾幕STGの中においてもだいぶニッチな作りのようで、門外漢は近づくことすら難しいし、わからないなりに遊ぶことも難しいだろう。というわけで、本作については詳しい人に譲ることにする。


GalacticFortress_ss.jpg

Galactic Fortress 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:sharknice ジャンル:シューティング 2013/02/26

 究極の対戦型全方位シューティング。オフ4人までのプレイに対応。

 スナイパーやメディックなどさまざまなクラスを使い分け、敵陣地にあるフラッグを取得するチーム対戦型のツインスティック・シューティング。なんでもスキルとチームワークを競う究極のゲームらしい。
 オフライン用なので、おそらく家に読んだ友達と気軽に遊ぶゲームなのだろう。が、操作説明などがほぼテキストなうえにその表示が統一されておらず、見ても何が起こっているかわからないシーンが多く、手触りはかなり良くない。よって、そもそも対戦まで到達しなさそうなので、“究極に対戦が成立しづらいゲーム”とかなのだろうか? それにしても中途半端な究極だが。


2/28
KingSwing_ss.jpg

King Swing 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Carlo Sunseri ジャンル:キャラクター アクション 2013/02/27

 スウィング・ゴリラの優雅なターザンごっこ。

 ゴリラを操作し、ロープをうまく使って空中をターザンのように飛びまくる物理演算アクション。3種類のモードが用意されている。
 なんというか、とりとめのないゲームだ。ルールはわかるし何を競うかもわかる。だが、何もないゲームをいつまでやっていられるかという忍耐を鍛えるゲームにしか見えない。


MarbleMastersThePit_ss.jpg

Marble Masters: The Pit 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Polyart ジャンル:戦略 & シミュレーション 2013/02/27

 ボールをぶつけまくって敵の玉を落とす対戦型の物理演算アクション。オフ4人までのプレイに対応。

 水色のボールを操作し、ほかのボールを落としたり殺したりする対戦がメインの物理演算アクション。シングル用のステージも40用意されているとのこと。
 これはシンプルかつ手触りもいいので可能性がありそうなゲームなのだが、シングルプレイは脳みそが沸騰しているNPCと戦う状況だし、見てみれば無骨なボールばかりなので掴みが悪く、マルチにも非常に誘いづらそうである。もっと手が加えてあればと思わずにはいられない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント