Trials Evolution 15 DLC 「Neverending Trials」の終わりを見てやったッ!!

NeverendingはNeverendingじゃなかった


 『Trials Evolution』のDLC「Riders of Doom」が終わらない終わらないと嘆き続け、はやひと月と半分ほど。ようやく! ようやく! 「Neverending Trials」の15ラウンド突破を達成した……。感動もひとしおなので、ぜひリプレイを動画で見てもらいたい。

TrEvo_RoD_keika2_01.jpg
もう一秒もこれをやりたくないので、実績解除を確認したら即自爆

 この「Neverending Trials」は特に難易度が高いのだが、それ以上にやる気を維持するのがひどく難しかった。それさえマシであれば、もっと晴れ晴れとした気分でプレイを続けられたことだろう。

 というのも、本作のスキルゲームは「ほかで磨いたスキルをこのゲームで見せつけろ」という意図らしく、クラッシュしたら即終了で、チェックポイントもなく、難関ポイントを何度も練習できないのだ。おまけにこのスキルゲーム、多くのパターンからランダムでステージが構成されるため、クリアもできないどころか、ロクに練習もできていないステージすら出てくるのである。

 そんなわけで、うまくない人が練習しようとすると過度のストレスが貯まるのである。更に、ここ数年で僕がそうなったのだが、あまり熱中できていないゲームを遊ぶと嫌なことばかりを思い出すようになってしまったのだ。どうもストレスが不快な記憶の呼び水になっているようで、本当にロクなことがない。

あとは「バンシーの叫び」

TrEvo_RoD_keika2_02.jpg
残りはトーナメント実績のみ

 さて、これで「Riders of Doom」も終わり……となればいいのだが、もうひとつ難関実績が残っている。とはいえ、残っているのは特定の既存ステージを5つ通しでノーミスでクリアをすればいいというものだ。

 いや、難易度的には確かにこれも難しい(世間的にはこっちのほうが圧倒的に解除者が少ない)ものの、気分としてはかなり負担が少ないのである。どのステージも一度はノーミスクリアしたことがあるし、どんなにミスをしても必ず通しでプレイできるので、練習も思う存分できる。たったそれだけのことで、ストレスが大幅に減るのだ。

 とはいえ、これも解除するのにどれだけ時間がかかることやら……。早いところこのゲームから解放されたいと願いつつ、またもやバイクを走らせ続けるのである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント