半年近く経ち、さすがにこのダンジョンも蜘蛛の巣が…… 『Diehard Dungeon』に二度目のアップデート

bbox_DhD.jpg

昨年の9月下旬からようやく動きが

 2012年9月11日にXbox360のインディーズゲームで配信された『Diehard Dungeon』に二度目のアップデートがやって来た。本作は自動生成ダンジョン・アクションなのだが、要素が少なくアップデートが待ち望まれていた。

 ……しかし、気づけばもう半年以上経っており、年が明けてしばらくしてようやく二度目のアップデートがやってきたのである。いかんせん遅すぎて、すっかり冷え込んでいるのではと思うのは僕だけではないというか、大半の人は本作のことを忘れているだろう。

 とりあえずリリースして次第にアップデートしていくというやり方もひとつの手だが、つらい面もある。それは時間が人を冷めさせるということと、待ったからといってゲームが大きく変化するわけではないということだ。

DhD-102_00.jpg
『Diehard Dungeon』Ver1.2タイトル画面

 なお、アップデートの詳細についてはTricktaleの公式サイトを、前回のアップデート、ゲーム内容の詳細については下記の記事を参照されたし。

○ Version 1.2 Progress Report | Diehard Dungeon:
http://dieharddungeon.wordpress.com/2012/11/07/version-1-2-progress-report/

○ 『Diehard Dungeon』がようやく一度目のアップデート!
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1459.html

○ コンパニオン・チェストがこの危険なダンジョンで唯一の友達です 『Diehard Dungeon』 特集
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1449.html

わかっていたことだが、再び熱心にプレイする気にはならず

DhD-102_01.jpg
新しい敵のおかげで難易度があがったようだ

 さて、本作がVer1.2になってどう変化したかというと、エリア・雑魚敵・アビリティ・ボスの追加などといったところだろうか。とはいえ、大きくゲームが変化するというほどではない程度だろう。

 せっかくなので僕もしばらく遊んでみたが、以前の飽きを払拭することはできなかった。ようやく来てくれたアップデートだが、正直なところ……。

 そもそも話題が続くゲームでないとアップデートを続けるのは難しいし、Xbox360のインディーズゲームは初動が最も大きいケースが多いようなので、『Diehard Dungeon』のようなゲームにはアップデートして要素を充実させていくということが難しかったのだろう。Ver1.3も予定しているらしいが、本当にそれは来るだろうか。


box_DhD.jpg

Diehard Dungeon 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:tricktale ジャンル:アクション & アドベンチャー 2012/09/11

 コンパニオン・チェストとゆくローグライク風アクションゲーム。
 自動生成のダンジョンでお宝を探すというトップビューのアクションゲームである。
 目を引くドット絵に、コンパニオン・チェストといったユニークなキャラにミニゲームなど、光が当たりそうなゲームではある。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント