スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

はたしてブラックナイトは誰に剣を向けたのだろうか? 『Black Knight Sword』 レビュー

bbox_BlackKnightSword.jpg

見た目に綺麗な古典的アクションであることには違いないが、それにしてもなんだかよくわからないゲーム

 『Black Knight Sword』は2013年1月10日にXbox LIVE Arcadeで配信された2Dアクションゲーム。開発はグラスホッパー・マニファクチュア。価格は800マイクロソフトポイント。

 プレイヤーは剣の精に導かれブラックナイトとなり、傍若無人な女王を倒す旅に出る。ダークな世界や、劇場風のアートワークが特徴である。

 ゲーム内容の詳細については以下の記事を参照されたし。

○ Black Knight Sword 01 ダークファンタジーかつ現代的かつ古典的アクションかつ弾幕STGかつファンシー?
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1560.html

ある意味では混沌とした世界が表現できているが

BKS_01_06a.jpg

 かつてのビデオゲームは難易度が高いものが多かった。それは大きな影響力を持っていたゲームセンターの特性のせいもあっただろうし、表現の幅が狭かったこともあるだろうし、単に作品を作り慣れておらず難しくしがちだったのだろう。

 一方、昨今のビデオゲームは簡単、というより受け入れやすいものが目立つ。家庭用の作品が増えることに従い、とにかくすんなりと遊べて楽しみつつクリアまで到達できるということが重要視されていくようになったわけだ。当たり前だが、特定の人だけが遊べるゲームより、大多数の人が楽しく遊べるゲームのほうが人気は出るだろう。

 かといって、かつてあったような作品が一切なくなったわけではない。『Black Knight Sword』もそのひとつで、本作はとにかく習熟が必要なアーケードゲームのような2Dアクションだが、そこに現代に向けての要素を足している。

BKS_01_03a.jpg

 具体的には「猫頭草」と呼ばれる収集品や、特定の条件下でステージを攻略するチャレンジモードがそれである。ただし、これらはあくまでおまけに近い。軽く1回遊んだだけで楽しめるような要素として挙げられるのは、やはりアートワーク、もしくは世界観などと呼ぶべきものだろう。

 本作はすべて劇場のようにまとめられており、登場キャラクターたちは紙人形のようだがなめらかに動き、印象的な背景が多数用意されていて、本田博太郎によるナレーションが進行を手助けしてくれる。このダークでグロテスクな世界は、スクリーンショットを見てわかるように、実に力が入っているのだ。

 おそらく、この劇場のような薄暗い世界を楽しむアクションゲームとしたかったのだろうが、実態はかなりよくわからない感じになっている。

黒の騎士はいったいどこへ向かっていたのか……

BKS_rev_01.jpg

 というのも、本作はどうも方向性がはっきりしておらず、幽々たる世界なのかと思いきや、かわいらしい猫が出てきたり、場にそぐわないものも登場する。これらはおそらくおぞましさを引き立てるスパイスなのだろうが、いまひとつ効果的でない。たとえば、本作は頭だけの敵が多数登場するため、猫頭草の背景にも恐ろしい設定があるのだろうが、猫頭草はとにかくかわいいだけだ。

 また、騎士や女王、童話のような要素がある一方で、実際の舞台は現代であり、そのためバイクやミサイルといった要素も出てくるのだ。これもどういう意図によるものなのかわからず、単にごった煮状態になっているようにしか見えない。

BKS_02_03.jpg

 それはアクションゲームとしても同じであり、表面上や用意されている要素は確かに現代風とも言えるのだが、何をさせたいのかよくわからないセーブシステムに始まり、キャラを見せるためにやたらと近いカメラなど、どうも配慮が足りず意図せず古臭くなっているであろう部分もある。「古典的アクションを現代風にした」というより、「古典的アクションが骨子で、それを現代風にしてみようとしたが、結果的に時代遅れになってしまっている」というべきだろう。

 もとより何度も頻繁にプレイして上達を目指すゲームというのは、家庭用据置機と相性があまり良くないのである。その違和感をなくすのは容易ではないため、完全な解決は難しい。しかしそれなりに工夫を凝らすわけだが、本作は作り手のしたいことをして、そこに現代風の要素をとりあえず入れ、無茶苦茶になっただけのように見える。となるとまさしく困惑するゲームで、誰に向けているのかわからず、受け取れるプレイヤーもごく少数になるだろう。

 ともあれ、『Black Knight Sword』という作品からは、確かに強いこだわりが見てとれる。とはいえ、その信念とでもいうべきものを持ったブラックナイトが何を目指しているのかは、わかるほうが少数なのだろう。


box_BlackKnightSword.jpg

Black Knight Sword 800MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Grasshopper Manufacture ジャンル:アクション & アドベンチャー, キャラクター アクション 2013/01/10

 グラスホッパー・マニファクチュア開発の2Dアクションゲーム。
 ブラックナイトがダークファンタジーな、しかし現代やらかわいい猫が出てくる世界で戦う。
 骨子は古典的なアクションゲームだが、現代風の要素もちりばめられている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。