インディーズゲーム 2013年 4/1~4/30の新作

4/2
SeedsofRalark_ss.jpg

Seeds of Ralark 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Chris Riffey ジャンル:キャラクター アクション 2013/04/02

 トカゲのラバーリング・アクション。

 トカゲを操作し舌を伸ばして壁にくっつけ、その反動で飛んで先へ進んでいくアクションゲーム。チェックポイント制だが、それでも難易度はかなり高め。
 この手のアクションとしてはそこまで大きな問題を抱えているわけではないが、背景がかなりワンパターンだったり、キャラの移動が早いのか遅いのかよくわからなかったりなど、躓く箇所が非常に多いだろう。ただでさえ特別でなさそうなのに、トカゲという容姿のせいで完全に見放されてしまいそうだ。かわいそうなトカゲだが、トカゲに同情する人もいないかもしれない。


4/3
WizardMonkeys_ss.jpg

Wizard Monkeys 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Blanc Game Studio ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/04/03

 サルどもが跳ねまわる魔術師アクション。オフ4人までのプレイに対応。

 魔術師のサルが4種類の魔法を使ったり、より強い帽子を求めて戦うアクションゲーム。Coopだけでなく対戦モードもあるようだ。
 大味にもほどがあるアクションゲームというか、ほとんどバランスというものが考えられていない一作だろう。通常攻撃はバカみたいに飛距離が短く、敵の攻撃は死ぬほど見づらく、かと思えば特殊魔法が恐ろしく強かったり、敵はバカみたいに跳ねまわっていたり……。サルは所詮サルか。


AircraftRC_ss.jpg

Aircraft RC 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:gefarts ジャンル:戦略 & シミュレーション 2013/04/03

 ラジコン飛行機シミュレーター。

 ラジコン飛行機を操作して輪をくぐったり自由に飛ばすことができる。が、遠近感の表現がほとんどできておらず、輪をくぐるのは至難の業で、そもそもまともにプレイできるのだろうかと思ってしまうほどだ。
 それとも、ラジコン飛行機のシミュレーターとはこういうものなのだろうか? となれば、門外漢など端から相手にしていないわけで、注目を浴びないのも当然というか、シムというものはそういうものか?


4/4
RetroArcadeAdventureRemade_ss.jpg

Retro Arcade Adventure Remade 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:SIACTRO ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/04/03

 今ひとつリメイク具合がよくわからない固定画面アクション。『Retro Arcade Adventure』のリメイク。

 ドラゴンや巨人となって敵をなぎ倒す固定画面アクション。「ミクロ・RPG」と「アヴォイド・イット!」というふたつのミニゲームつき。
 相変わらずものすごい大味で、綿密さというものは皆無である。よって、なぎ倒す楽しさを表現しているのだろうが、これまた物足りないとしか言いようがない。それよりも、ミニゲームの「ミクロ・RPG」における実写テレビ画像で、作者と思しき人物が写ってしまっているほうが気になるくらいだ。


Smatter_ss.jpg

Smatter 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:no3y3h4nd ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/04/04

 どこまでも曖昧な全方位シューティング。

 探索型の全方位シューティング。大量に現れる敵をなぎ倒しつつ、鍵を見つけて先へ進み、敵が出てくる源を潰すというルールである。見づらいような神秘的なような光を放つグラフィックが特徴か。
 ルールや見た目の曖昧さが著しく、何をやっているのかわからないと言い切れてしまいそうなあたり、本作の弱点となるだろう。いや、これはテーマが統一されていると言えなくもないような、そもそも「曖昧」というテーマ自体が統一と正反対のような。


4/5
Uproar!_ss.jpg

Uproar! 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:dirtysteve ジャンル:格闘 2013/04/05

 完全にイカれた連中だらけのストリート・ファイト。

 一言で表現するならば、クソたっぷりの3Dベルトスクロール・アクションである。見た目からゲームバランスまでおかしくない部分がほとんどない。
 登場人物はすべてモーションがおかしく、身体に障害を抱えているのではと不安になるし、雑魚敵は通常攻撃連打で完封できるうえにライン合わせができないため知能にも問題あり。しかし、武器を持っているボスは強すぎて勝てる見込みがないという、イカれているファッキン・ゲームである。「ボタンを押すとキャラが動く」くらいしか褒める要素がない。


PathofKingArthur_ss.jpg

Path of King Arthur 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Point Hit Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/04/05

 パッケージ画像が一番良くできているRTS風味の全方位シューティング。

 このデベロッパが以前に配信した生首全方位シューティングこと『Spanker's Army』を、RTS寄りにしたゲームといったところか。ユニットを購入して簡単な指示を出しつつ、自分もナイフを投げて戦うというというもの。
 Xbox.comのスクリーンショットがPC版そのままな時点で察しはつくが、およそ名作とは程遠い作品である。ゲームバランスは常に「これでいいのか?」と思うばかりであり、生首どもがうごめく姿はまるでゴキブリの産卵場である。


IndiemonEarthNation_ss.jpg

Indiemon: Earth Nation 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:RicolaVG ジャンル:RPG 2013/04/05

 インディーモンを集めて戦うRPG! もといパチモンRPG!

 カードに収まるモンスター、「インディーモン」を題材にしたRPGというか、「ポケモン」の劣化コピーである。無茶苦茶に引き伸ばした画面に、どうでもいい会話や戦闘など、相変わらずRicolaVGの作るゲームはすごい。
 本作が箸にも棒にもかからないのは言うまでもないが、そもそも「モンスターを集めて戦うシングル用RPG」というアイデアすら、Xbox360インディーズゲームで既に実現されているのだから、実験的でもなく手の届いていないところにも滑り込めておらずどうしようもない。が、それも作風のうちか。


4/12
EZMessageSender_ss.jpg

EZ Message Sender 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Fisch Team ジャンル:その他 2013/04/12

 Xbox360用のメッセージ作成支援ソフト。

 指定グループへの一斉送信や、オートコンプリート、定型文、T9入力に対応している。無論、日本語には非対応。
 利便性はあるにはあるのだが、完璧なメッセージ・ツールとしては欠けている点が多く、それはXbox360がメッセージ機能をそこまで重視していないことが原因だろう。いや、そもそも日本語に対応していない時点で、国内では語る必要もないか。


4/13
ZombieEstate2_ss.jpg

Zombie Estate 2 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:JeremyVerchick48 ジャンル:シューティング 2013/04/12

 ファンシーなドット世界でゾンビを撃ち殺しまくる全方位シューティング。『Zombie Estate』の続編。

 前作はかなりの人気があったようで、今回は85種類以上の武器、14種類の敵、30種以上にも及ぶキャラのカスタマイズ用帽子と種類がますます豊富に。やや大味な印象を抱くものの、ゾンビを撃ち殺しまくるという部分は相変わらずだ。
 需要に沿った人気ゲームというべきだろうか。特にひねりがない上に適していないであろう続編のため目新しさはないだろうし、「ゾンビをいつものように撃ち殺す」という手堅すぎる刺激を求めるべきだろう。


AvatarProWrestling_ss.jpg

Avatar Pro Wrestling 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Bwoot Games ジャンル:格闘 2013/04/12

 あからさまに廉価版なアバター・プロレス。オフ4人までのプレイに対応。開発は『Avatar Fighter Online』を手がけたBwoot Games。

 アバターたちが3つのリングで戦うプロレス・ゲームである。しかし、アバターの動きはぎこちなく、リングにめりこんだり、いきなりワープしたりと、あからさまな問題がそのままだ。
 おそらく、XBLAで配信されている『Fire Pro Wrestling』の人気にあやかった低価格ゲームなのだろう。よって、出来の良し悪しなんてものはどうでもいいのかもしれないが、それにしてももう少し取り繕えなかったのか。


4/15
SDGT_ss.jpg

S.D.G.T 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:K2-Games ジャンル:シューティング 2013/04/14

 宇宙コロニーの防衛シューティング。

 防衛施設付きのスペース・コロニーを操作し、敵や隕石を破壊しまくるシューティング。クレジットとマテリアルを集めて武器や装備などを強化することが可能である。
 点数をつけるとすれば、それなりのものがつくだろう。とはいえ、多数あるスペース・シューティングと何がどう違うかは不明で、また宇宙に漂う敵をひたすらに倒すだけではないかと感じる。これが宇宙における孤独のようなものなのか。


4/17
Discovery+_ss.jpg

Discovery+ 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:noowanda ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/04/16

 上下に狭い『Minecraft』クローン。

 言うまでもなく大人気『Minecraft』クローン、つまりブロックを配置してものを作るゲームなわけだか、その中においても特徴のない一作だ。本作は見た目こそ悪くないのだが、これといった要素はない。いや、高度・地下制限が強いのはユニークか。
 高解像度テクスチャがウリな『Block World』という作品があるうえに、そちらは既にオンラインに対応して価格も同じであり、オンリー・ワンなど狙える気配もなく。本作もアップデートをするのかもしれないが、ともあれまだいそうな三匹目のドジョウをすくいに来ただけなのだろう。


4/18
TheKeepZombieHorde_ss.jpg

The Keep: Zombie Horde 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Sick Kreation ジャンル:シューティング 2013/04/17

 芋ってひたすらにゾンビを撃つFPS。

 迫り来るゾンビや生存者を高台から撃ちまくる一人称視点シューティング。オーラをまとっているのが生存者らしいので、彼らを助けつつ金を溜めて装備を買い、更にゾンビを倒しまくる。
 ゾンビと生存者が並んで走っているだけでマヌケなのに、ゲームをリセットしても弾丸が元に戻らなかったり、エラーコード4が出たりと不安要素は多い。持っているハンドガンで頭を撃ち抜くのも、ひとつの選択肢だと再確認させられる雰囲気がある。


ZombieCompound_ss.jpg

Zombie Compound 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Smoodlez ジャンル:シューティング 2013/04/17

 かわいいゾンビは正義な全方位シューティング。オフ4人までのプレイに対応。

 ゾンビがとてもキュートなドット絵で描かれているのが特徴のツインスティック・シューティング。武器の購入・アップグレードができるほか、タレットを設置できるアイテムなどが存在している。
 しかしゾンビがかわいいのはいいのだが、ウリはそれだけだ。やはりこの手のゲームらしく、敵の出現方法が単純で種類も少ないため、恐ろしいほど単調で、ありがちすぎる作品だ。もっとも、それでもかわいいゾンビというだけで人気を得そうなのが怖いが。


WarRapier43210_ss.jpg

War Rapier 43210 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:varga ジャンル:RPG 2013/04/17

 宇宙銃士のジョークだらけアドベンチャー。開発は『Ajare&Watch』を手がけたvarga。

 43210年、帝国の宇宙銃士たちがVetustiansから生き残るために死闘を繰り広げるアドベンチャー。各所を探索してアイテムを探し先へと進んでいくわけだが、汚い言葉に笑っていいのか困るジョークが盛りだくさん。7つのエンディングが用意されている
 今回のアクション・パートや、前作のLCDゲーム風の探索など、このデベロッパはいろいろな要素を盛り込むのが好きで、努力しているのは明確にわかるだろう。だが、それを人に受け入れさせる努力はあまり見えないのも、相変わらずだ。


LarrysLoot_ss.jpg

Larry's Loot 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Justin Sallo ジャンル:ファミリー 2013/04/17

 マネー・バッグを集めるのは単純じゃない単純なアクション。オフ4人までのプレイに対応。

 棒人間を操作し上下に移動して敵を避けつつ、アイテムを駆使してマネー・バッグを集めるという単純なゲームのはずなのだが……。本作はライン移動ができる箇所や、当たり判定やそれに伴う演出、アイテムの意味など不明瞭で、一見しても意味がわからないゲームに仕上がっている。
 「単純なゲームをむやみに複雑怪奇に!」というコンセプトの作品は多数あるので、その方向で勝負するのはなかなか容易ではないだろう。ましてや本作、理解しようと思えばわからなくないあたりも弱る。


TotallyTanked_ss.jpg

Totally Tanked 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Meta ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/04/17

 最悪でないだけマシなタンク全方位シューティング。オフ4人までのプレイに対応。

 戦車の全方位シューティング。敵の戦車の大半はなぜか弾を撃ってこないので、ゾンビにでもしておけと思う以外に特筆することはない。
 ひたすらに敵を倒すだけで、大味かつアイテムも没個性的である。ただ、通常弾が強いおかげで単調ながら苦痛にならないのはありがたい。なんだか貶しているように見えるかもしれないが、僕なりの褒め言葉である。


4/19
HackThisGameCollection_ss.jpg

Hack This Game Collection 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Utopioneer Games 2 ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2013/04/19

 『Hack This Game』シリーズ総集編。

 ハッキング風の謎解きミニゲーム集である『Hack This Game』から『Hack This Game 4』までを詰め合わせにし、20のボーナス・パズルを加えた作品である。
 やや動作にもたつきを感じるが、もの自体は単なるまとめなので無難な出来とは言える。また、本作自体がしつこい儲け方にも見えるが、そこまで目くじらを立てることもなかろう。なんせ、Utopioneer Gamesの唯一と言っていいほどまともなシリーズなのだから。


4/20
PlanetaryShield_ss.jpg

Planetary Shield 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Axouxere Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/04/19

 宇宙でスリングショットを撃つことの難しさを知るゲーム。オフ2人プレイに対応。

 地球に迫る隕石を破壊するため、人工衛星を使ったスリングショット的な装置でそれらを撃ち落とすというゲームである。アナログスティックを使ってエネルギー体を飛ばす方向を決めるのだが、これがかなりシビアな調整だ。
 そして、その妙に難しい操作のせいで台無しでもある。どこにでも撃てるために精細過ぎる操作が必要で、ここでほとんどのプレイヤーが投げ出すに違いない。もっとも、操作がマシになったところで「また惑星を破壊するゲームか」と言われるのも違いないのだが。


MPLSlots1_ss

MPL Slots #1 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Meet Play Live LLC ジャンル:その他 2013/04/19

 ただの宣伝。

 奇妙なズレ方をするスロットが3種類用意されている。LiveGLBT.comというコミュニティ・サイトのミニゲームを移植したもののようだ。
 おそらく「サイトの宣伝のために無料で配信したかったが、Xbox360インディーズゲームはタダが無理なので、しぶしぶ80MSPで配信している」というゲームであり、デモ版を遊んでもらうだけで十分なのかもしれない。よって、ゲームとして論外でもどうでもいいと。しかし、タイトルに“#1”とついているあたりが本当に怖い。助けてくれ。


FlippinShadows_ss.jpg

Flippin Shadows 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:The Unallied ジャンル:ファミリー 2013/04/19

 回転するシルエットを当てるゲーム。オフ4人までのプレイに対応。

 高速で回転するシルエットの物体を4択で当てるパーティー向けのゲーム。早く答えると得点が高く、最終問題では点数が倍になるルールで対決を行う。
 これといった問題点もなく、無難な作品といえそうだ。十数分もやれば飽きそうだが、その程度の期待ならば応えてくれるはず。


TerranonWorlds_ss.jpg

Terranon Worlds 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Kevin R J Kozakewich ジャンル:シューティング 2013/04/20

 宇宙戦争が見えてこない全方位シューティング。

 簡素なラインで描写された宇宙船が特徴(と言っていいのか?)の、推進力を駆使して戦うタイプの全方位シューティング。アップグレードをしつつステージをクリアするアーケード・モードのほか、対戦モードも搭載している。
 ものすごい想像力が豊かでない限り、この宇宙戦争はたいへんショボくれたものに見えるだろう。ましてや、大味すぎるアップグレードやステージばかりなのだから、凡人未満の僕などには、文房具店のペン売り場における試し書き用紙に引かれた無茶苦茶かつ多数のラインにしか見えないのである。


Tonk_ss.jpg

Tonk 400MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Browebs ジャンル:テーブル ゲーム 2013/04/20

 「トンク」というトランプ・ゲーム・人が集まらないエディション。オフ・オン・システムリンクでの4人までのプレイに対応。

 手札から同じ数字、もしくは同じ記号の連続した数字のカードを出し、手札をすべて無くしたプレイヤーが勝利というルール。一番気合が入っているのは最初のムービーと言えば、なんとなくわかってもらえるだろう。
 よそでもできそうなトランプ・ゲーム、400MSPという高価格、人に説明する気のないテキストのみのルール説明と、まず間違いなく人が集まらないであろう要素が揃っている。「トンク」的に考えれば“役”が揃っていると言えなくもないが、残念ながらそういう話ではない。


4/21
ItanoAlphaFlight_ss.jpg

Itano Alpha Flight 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Dusk and Dawn Interactive ジャンル:シューティング 2013/04/20

 はやすぎるハイスピード・ロックオン・アクション。

 擬似3Dのハイスピード・ロックオン・アクション。戦闘機を操作し、攻撃を避けつつ敵機をロックオンして破壊する。
 しかし、立体感がまったくわからないので、敵の攻撃がどこにどうあるのかがさっぱりわからないし、そもそも何が起きているのかもよくわからないという困った状態だ。何がハイスピードかといえば、このゲームの先走りっぷりがプレイヤーを置いてきぼりなほどハイスピードなのである。


AvatarRumble2_ss.jpg

Avatar Rumble 2 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Ho-Hum Games ジャンル:格闘 2013/04/20

 アバター・スマブラ2。オフ2人から4人のプレイに対応。『Avatar Rumble』の続編。

 四種類の武器を選び、敵と戦って場外に落とす『スマッシュブラザーズ』ライクな対戦アクション。Xbox360インディーズゲームにおける別作品、『The Impossible Game』や『Bleed』などの作品とのコラボ・ステージも存在している。
 相変わらず、パーティー向け(アイテムやステージの仕掛けなど)の要素がなく、コア向けなこともなく、何を目指しているのか不明だ。よって、前作と同じくウリは「どことなくスマブラっぽい」ということだけであり、続編としての進歩が感じられない。


4/22
GravityFighters_ss.jpg

Gravity Fighters 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Henrik Karlsson ジャンル:懐かしのゲーム 2013/04/21

 対戦型の全方位シューティング。オフ2人から4人までのプレイに対応。

 フラッグを見つけて陣地に持ち帰るという対戦型の全方位シューティング。AMIGAで登場していた『Gravity Force 2』の影響を受けているとのこと。
 制作者がその作品を好きであろうことはわかるのだが、むやみにつらい仕様が多く飾り気もあまりないし、現代向けにはなっていなさそうだ。僕にも人の心はあるので、人の思い入れを貶すようなことはやめておこう。決して悪口を言うにも困るから無視をするだなんてことではない。


HeartBreaker_ss.jpg

Heart Breaker 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Random Saturdays ジャンル:シューティング 2013/04/21

 愛を破壊しても味気ないシューティング。

 アンチ・キューピッドとなり、カップルたちの愛を破壊しながら敵と戦うシューティング。愛を破壊しまくれば、3種類の特殊な攻撃を使うことができるようになる。
 筋は通っているが、ゲームプレイは大味そのもの。カップルの愛を破壊したがる人は大勢いるはずなので、そこに焦点を絞ればまだ良かったかもしれない。現状だと、カップルはただの障害物でしかないし、連中の嘆き悲しむ姿という最大のポイントを楽しめない欠陥品なのだ。


4/24
HeroesOfRock_ss.jpg

Heroes Of Rock 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:11 out of 10 Studios ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/04/23

 ギターを振り回すイカれロック・アクション。

 ギターで敵を殺すアクション。ヘビーメタルを聴きつつボタンを連打し敵を倒すだけの内容で、ギターコントローラーでの操作に対応しているが、ただ単に対応しているだけで意味がないようにしか見えない。
 画面内のキャラが、土煙をあげるほどひたすらにギターを振り回している。その姿はロックでも暴徒でも英雄でもなく、ただ頭のおかしい人がいて、それを止めようとしている人たちがいるだけにしか見えないのだ。


4/25
BidWhist_ss.jpg

Bid Whist 400MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Browebs ジャンル:テーブル ゲーム 2013/04/24

 「ビッド・ホイスト」にクソをつけたもの。オフ4人、システムリンク・オンで24人までのプレイに対応。

 「ゲーム画面のスクリーンショットが用意されていない作品は駄作」の法則があるように、本作は当たり前のように尻の穴から出てくるものだ。内容としてはトランプを使って遊ぶ「ビッド・ホイスト」というゲームで、規定数の手札を持ち、強いカードを出して勝利した回数が最も多いチームが勝利となるもの。
 数日前に配信された『Tonk』とまったく同じで(素材も流用している)、ゲームとしては成立しているが、人が集まる要素がなくてどうしようもない。この調子で複数のゲームを出すのだろうかと考えるだけでつらく、腹痛を訴えてここに雑感を記すことをサボりたくなる。


LearnIndoEuropeanLanguage_ss.jpg

Learn Indo European Language 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:phantomgames ジャンル:エデュテイメント 2013/04/24

 買ってはいけない欧州言語入門。

 フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語の基礎を学べるアプリ。単語や文法を確認できるというよくあるしょうもないものである。どうも開発元のサイトにある情報をそのまま流用したようだ。
 「Xbox360インディーズゲームのエデュテインメント・ソフトは買ってはいけない」というのが我が家の家訓だが、まさしくそのとおり。さすが我が先祖だ。


Centroid_ss.jpg

Centroid 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:BlackJack4tt4ck ジャンル:キャラクター アクション 2013/04/25

 どうしようもない棒人間のイモムシ無視アクション。

 棒人間のアクション・シューティングなのだが、無茶苦茶だ。音符をランダムに配置したかのようなBGMや効果音に始まり、ゴキブリ用のトラップから必死に逃げようとするようなジャンプ、おまけに倒しきれないほどのイモムシが出るので、スルーしてゴールに行くだけの内容……。あまりにもゴミゴミしい。
 とはいえ、ストーリーを熱心に語ったり、プレイしたくもないチュートリアルがあったり、メニュー画面に手間をかけていたりと、努力の跡は見えなくもないのだ。もっとも、それが余計に悲惨さをもり立てるのだが。


4/27
AvatarTrialsNinjaUprising_ss.jpg

Avatar Trials: Ninja Uprising 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Stunt Bear Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/04/26

 人を騙すのもNINJAの仕事かもしれない3Dアクションゲーム。

 NINJAとなったアバターを操作し、二段ジャンプや壁走りを駆使してゴールを目指すアクションゲーム。ステージは3つのみで、時間を競うことがメインになるようだ。
 タイトルやパッケージ画像は非常に格好がついているのに、アクションとしては大味極まりない。とりあえず壁を蹴って先に行くだけで、タイムを競うどころかクリアするのも億劫であり、“カッコイイ・ニンジャ・ゴッコ”から覚めてしまう。遠目にはあざといのだが。


MagneticByNatureAwakening_ss.jpg

Magnetic By Nature: Awakening 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Tripleslash Studios ジャンル:キャラクター アクション 2013/04/26

 80MSPなりの芸術的アクション・パズル。

 磁力を駆使して宙を舞い、ゴールを目指す2Dアクション・パズル。ステージ数はなかなか豊富のようだ。
 見てくれは割と良いのだが、アクション・パズルとしてとにかく没個性的かつ習作に近いので大した評価がつかないであろうことが弱るところ。特に物語などもなく、「XBLAで配信されているようなアート・ワークが際立っているアクション・パズル」との強烈な差を感じてしまう一作である。


VirusAttack_ss.jpg

Virus Attack 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Lights off Studio ジャンル:戦略 & シミュレーション 2013/04/26

 原始人なら喜ぶであろうストラテジー。オフ4人までのプレイに対応。

 次第に増えていく資源を使って陣地を奪い合っていくという、ものすごく原始的なリアルタイム・ストラテジーである。一応は成長要素があるのだが、そんなことはどうでもいいくらいに簡素ですかんぴんである。
 この手のゲームをやらない僕にとっても、貧弱すぎてやりたくならない作品だ。とはいえ、ものは場所や時代が違えば評価が覆るのも当然なので、軽くタイムリープでもして原始人にやらせたりするといいのではないだろうか。


MiniWizards_ss.jpg

Mini Wizards 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Raoghard ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/04/26

 魔法使いアバターの対戦ゲーム。オン4人までのプレイに対応。

 魔法使いとなった自身のアバターを操作して敵と戦う対戦TPS(三人称視点シューティング)。当然のごとく値段相応の内容であり、これといった要素はない。
 アバター対戦ものはマイナー・チェンジが山ほど出たジャンルである。もっとも、今も需要はなくもないのだろうし、宣伝が成功すればそこそこ……、という程度にしか希望がないほど、柳の下のドジョウは獲り尽くしたのではという感じだ。そしてこれも言う必要はないだろうが、対戦をやりたくて買うものではない。


JamSouls!_ss.jpg

JamSouls ! 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Kaosumog ジャンル:キャラクター アクション 2013/04/26

 アーティストが非常に頑張ったゲーム。オフ4人までのプレイに対応。

 相手を踏み潰したり、アイテムを駆使して倒す2D対戦アクション。ゲームシステムとしては特筆することはないが、アーティストの技量が実に発揮されている。
 そして、アーティストの実力が素晴らしすぎて浮いている作品でもある。キャラのデザイン、背景、一枚絵、タイトルなどなど、どれも見事だ。が、肝心のゲームは並かそれ以下である。ひとりだけ張り切りすぎたのか、それともほかの能力が追いついていないのか……。せめて見た目だけで満足できるタイプのゲームなら良かったのだが。


4/28
MarshmallowDuel_ss.jpg

Marshmallow Duel 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Potential Game Studios ジャンル:キャラクター アクション 2013/04/27

 今にも消えそうな2D対戦アクション。オフ・オン・システムリンクでの2人プレイに対応。

 黒い背景に泡のようなアイテムがたくさん登場する2D対戦アクション。相手を水に落としたり、アイテムを使って殺すと勝利となる。
 語ることがない。何もない。あっという間に溶けて消えるであろう様は強火であぶられたマシュマロに似ているかもしれないが、そこに甘さは残らなさそうだ。


AliensvsRomans_ss.jpg

Aliens vs Romans 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Sick Kreation ジャンル:シューティング 2013/04/27

 ローマ兵が銃を持って戦うB級FPSだが、あまり笑える感じではない。

 ローマ兵となってエイリアンと戦うWave形式のシングル用FPS(一人称視点シューティング)。Waveごとに違った敵が出てくるようだ。なお、残機制でリトライはない。
 静止画の見た目はこの価格帯において及第点以上だが、動きやFPSとしてなどはやはり価格相応か。よって、安いことがウリであり、それ以上はないだろう。


4/30
PlanetWars_ss.jpg

Planet Wars 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:ColePowered ジャンル:シューティング 2013/04/29

 プレイヤーキャラが著しく弱い育成全方位シューティング。オフ4人までのプレイに対応。

 ストーリー・クリア型の全方位シューティング。新しい装備や能力を購入していくシステムがあり、銃やアタッチメントや特殊能力など、鍛えられる要素が豊富である。更に敵を強くして獲得ポイントを増やすこともできる。
 序盤からかなり難しいうえに、キャラの移動もかなり遅く、敵も硬くてつらい。何事かと思うような具合だが、これはおそらく強化システムが豊富だから序盤は能力が著しく低いのだろう。……はたしてなんのために強化をするのかと悩まされそうな一作だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

4月のインディーズは凄く気に入ったのがありましたー!
Magnetic By Nature: Awakeningです。
パズル系かと思いきや、完全にアクションでした!
ロックマン2で即死ステージを攻略してる時の様な快感...
音と背景が綺麗で、でもスッキリしてるから何回ミスしまくってもイラッとせずに済みます(笑)
個人的には、クリアしたマップを眺める機能とか欲しい!って位に絵が気に入りましたねー。
最終ステージまで来ると背景見たさの余り、ゴールするのが惜しくてウロウロしてました。
凄いぜ80MSP!

あ、ステージ、あんまり豊富で無いですよー。
たったの36ステージでした(笑)

気に入る作品があったようで羨ましいです。
ステージ数はそんなものでしたか。確か3ワールドか4ワールドくらいあったので、てっきり多いものかと勘違いしていました。
非公開コメント