通好みのショー? とんでもない! 笑いと友情に溢れるアクション劇場にようこそ! 『バトルブロック・シアター』 レビュー

bbox_BBT.jpg

友達と騒いで遊ぶアクションゲーム

 『バトルブロック・シアター』は、2013年4月3日にXbox LIVE Arcadeで配信された協力&裏切り&ジョークまみれのふたりプレイ2Dアクション。開発はThe Behemoth ®。価格は1200マイクロソフトポイント。

 プレイヤーはネコだらけの劇場で捕まった囚人となり、残虐非道な出し物に出演することになる。基本はジャンプ・アクションだが、ふたりで協力して進んだり、時に裏切りが発生することも。また、対戦モード(アリーナ)やステージ・エディットも用意されている。

 ゲーム内容の詳細については以下の記事を参照されたし。

○ バトルブロック・シアター 01 ここは友情と裏切りと笑いが渦巻くアクション劇場
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1596.html

友情と裏切りと笑いとウンコが詰め込まれたショウタイム

BBT_review_01.jpg

 『バトルブロック・シアター』は、友人と笑いながら協力プレイをするアクションゲームだ。基本はステージをクリアしていくことになるのだが、道中には協力が必要な箇所があったり、あるいは仲間を敵の餌食にして先に進めるような場所が存在しているため、協力と裏切りを繰り返しつつクリアを目指すのである。

 単に協力するだけでなく、仲間にも攻撃ができてしまうかのような「裏切りもできるのにあえて手を差し出す」という状況こそ、人と一緒に遊ぶ楽しさを際立たせてくれる。だからこそ本作は、味方にも攻撃ができるうえに爆弾や炎を投げつけられるのだ。もっとも、仲間をわざと殺してしまう楽しみもあるが。

BBT_review_03.jpg

 そして、おかしな残虐表現からウンコまで、ザ・ベヒーモスのジョークがてんこ盛りなのも保証しよう。本作はとにかくナレーションがやかましいほど喋り、語り手になるだけでなく、プレイ中に口出しをしてきたり、エンディングなどでも歌ったりもするのだ。無論、すべてプレイヤーを笑わせるために、だ。

 プレイヤーはナレーションのくだらない語りや展開を見る観客側でもあり、友人と一緒に遊んで作中の残虐ショーの出演者となったり、ステージ作成機能を使って演出をしてみたりと、作り手の側に立つこともできる。だからこそ本作は、劇場を舞台にした『バトルブロック・シアター』なのだ。

BBT_review_02.jpg

 なお、本作はひとりでも遊べなくはないのだが、それではやや精細の欠いたアクションに見えてしまうかもしれない。4人まで遊べるやや大味な対戦モード(アリーナ)や、世界に公開して盛り上がるステージ作成機能があることから見ても、やはり皆でワイワイと盛り上がるためにある作品と見たほうがいいだろう。

この劇場は入りにくいと臆する必要はない!

BBT_review_04.jpg

 しかし本作には問題がある。それはやはりどういうゲームなのかわかりにくいということだろう。

 前述のように本作は「ふたりで協力を楽しむアクション」なのだが、これがスクリーンショットを見てもなかなかピンと来ないのだ。これは周知不足も原因だろうし、ひとりでまともに遊べてしまうことも問題だと思われる。そして、なぜか(『Castle Crashers』がそうだったからなのか?)4人でプレイできると勘違いする人が意外といるあたりからしても、少なくとも国内では具体的な説明が足りなかったといえそうだ。

BBT_review_06.jpg

 そして何より、笑いの部分、ナレーションが完全に英語なのもつらい。このナレーターはやたらと早口なせいで、字幕を追うだけで精一杯なのに、文化的背景の違うジョークを混ぜてくるので理解されないのも無理はないのだ。

 ましてや字幕の出ない場面では、せっかく面白いことを言っているのに無視されるであろうこともしばしば。ローカライズの際において、ナレーションを日本語にするのは無理だとはわかるが……。しかし、言語が違うおかげで魅力が生かしきれていないのは間違いないだろう。

BBT_review_05.jpg

 よって、「なんだか薄暗くてよくわからない劇場だから入りにくい……」と思われてしまう『バトルブロック・シアター』なのだが、実際はそんなことのない明るく楽しい(けれどもちょっと下品かもしれない)劇場だと言っておきたい。

 また、協力プレイ時は片方のプレイヤーがアクション下手でも先に引っ張れる仕様なので、腕に自信がない方も安心だ。そして、高難易度を求めるプレイヤーには難易度クレイジーも用意されているので安心である。無論、ステージのデザインも墨を付けたくなる具合だ(ユーザー作成のものはさておき)。

 ただし、このネコだらけの劇場には、ひとりでなく友人と来るべきだろう。それはインターネット経由でもいいが、できればオフラインで顔を突き合わせて協力と妨害の螺旋構造を味わえば、このショーがより味わい深くなることだろう。それはなぜか? すべてがネット越しで済むのなら、劇場なんて必要ないのと同じだ。


box_BBT.jpg

バトルブロック・シアター 1200MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:The Behemoth ® ジャンル:アクション & アドベンチャー, キャラクター アクション 2013/04/03

 協力と妨害を楽しむふたりプレイ用2Dアクション。
 われらの親友、ハッティーを助けるためステージをクリアしていく。
 悪辣なネコ、手ごわかったりそうでもないステージ、そして相棒をもぶちのめし、笑いながら進んでいこう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント