『バイオショック インフィニット』 購入

評判も上々なゲームを購入

Bs-inf_packjpg
パッケージはビッグダディではないが、そんな感じの人なのだろうか

 2013年4月25日に発売された『バイオショック インフィニット』(『Bioshock Infinite』)を購入した。本作はFPS(一人称視点シューティング)形式のアクション・アドベンチャー、「バイオショック」シリーズの最新作である。

 『バイオショック』は僕がいたく気に入っている作品で、それこそXbox360で遊んだ作品の中で上位に入るくらいに好きだ。その素晴らしさは僕を心から満足させるもので、続編など遊ぶ気にもならなかった(『Portal』と同じ理屈である)。

 そして今回の『バイオショック インフィニット』は、舞台が海中都市から空中都市のコロンビアになり、システムなども今までを受け継ぎつつも刷新されたとのこと。そこまで変化があるのであればと、手を出してみたわけだ。

心から楽しいと言える状況にはなっていない

Bs-inf_00_01.jpg
まさしく空の上の楽園というのが相応しい

 実は既に中盤に入るくらいまでは遊んでいるのだが、少し困ったことになった。今回は詳細なプレイ記録をつけようと思っていたのだが、それを断念するくらいにこの作品に熱中できていないのだ。

 その理由を考えてみると、「今までの舞台である海中のラプチャー、そしてそこで展開されるカビの生えたかのような話や設定がない」と言いたくなるのだが、これは安易な比較である。『バイオショック インフィニット』は新たな要素を押し出しているわけで、違うところを挙げるのは変化を指摘しているだけでしかない。問題は、変わったことを快く受け入れられないことであり、つまり新しい形なりの刺激が足りないのだ。

Bs-inf_00_02.jpg
エリザベスの反応の良さを見るゲームでもある

 空中都市のコロンビアが開放的で爽やかなのと同じように、本作は主人公がよく喋りどういう人物かわかりやすいうえに、パートナーとなるエリザベスは愛嬌があるヒロインで、しかも彼女を助けるためにこれまたわかりやすい敵と戦うという目的も非常に明確だ。つまり、本作はそういう理解しやすいアクション映画のような作品なのかもしれない。そこは一応、理解しているのだ。

 しかも本作は、大作だからというだけでは説明できないほどの作りこみが随所にあるというにも関わらず、今ひとつ熱中できないわけである。これはやはりどこかに(僕のせいということも含めて)つまづいている箇所があるわけだ。これはなんなのだろうか。

 まァ、それを考えるのはまず最後まで遊んでからであるし、これから事態が好転することもあるだろう。はてさて、どうなることやら。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント