とびだせ どうぶつの森 49 夜中のセンチメンタル・コーヒー

普段は「しずえしずえ」とうるさい僕だって、こういう時はあるらしい

TobiMori_49_01.jpg
夜中のいんけん村は静かなことよ

 ふと夜中に目を覚まし、思わずベッドから出てしまう。不思議なもので、こういう時は妙に感傷的になってしまい、散歩をしたくなるのだ。

TobiMori_49_02.jpg
どこか憂鬱な気持ちにはテイクアウトのコーヒー

 もはやこの時間に起きているのは、僕と喫茶店のマスターくらいのもの。普段は寡黙すぎる彼だが、こういう妙におセンチな時には、最低限の会話だけで済むことがありがたい。

TobiMori_49_03.jpg
暖かくなってきたとはいえ、この時間のコーヒーはまだうまい

 街灯に照らされつつ、ベンチで一息つく。すると、なぜだかため息が出てしまう。静かすぎる夜中だろうからか、自然と思考も薄暗くなってきて、とあることを思い出す。
このエントリーをはてなブックマークに追加


きっかけはアンソニーの誕生日から

TobiMori_49_04.jpg
“オトナになった”程度の話なのか?

 先日、アンソニーは誕生日を迎えていた。いんけん村で誕生日を迎える住民が出るのは久々であり、せっかくなので僕もプレゼントを持って訪ねてみた。

TobiMori_49_05.jpg
馬同士なのでウマがあったのだろうか

 中ではアンソニーとシュバルツが喜んで踊り狂っており、その姿を見て僕はなぜだか呆れてしまった。彼らがあまりにも浮かれすぎているというのもあるが、しかし、そんな水を注すようなこと考えずともいいではないか。

TobiMori_49_06.jpg
相変わらずこんなことを言うヤツである

 かつてアンソニーは僕に妙な要求をしてきたこともあるため、そのせいで僕が彼の誕生日を素直に喜べないのだと思っていた。だが、このどこか冷めた気持ちはそれに関係したものではない。それはおそらく……。

そろそろこの時が近づいてきたのだろう

TobiMori_49_07.jpg
トランプシリーズはセール期間限定品

 そういえば、似たような感覚はデパートでも味わっていた。5月の終わりにはグレースの店でセールが行われており、今まで見たことのない家具や服が大量に出るようになったのだ。

 これもまた立派な村での出来事であり、見飽きた品揃えから抜け出たことを喜ぶべきことだ。……しかし、買い物をしてもあまり嬉しくない。

TobiMori_49_08.jpg
この日はやたらと客が多かった(これでも)

 また、この気持ちを塗り替えようとクラブに行ってみた。ここでは激しい音楽が流れ、仲間たちが楽しそうに踊っている。にも関わらず、僕だけは落ち着いていて、仲間はずれな気分だ。

TobiMori_49_09.jpg
もはや考えるまでもなく

 なぜこれまで楽しいことだらけだったいんけん村、いや、今でもいろいろあるはずのこの場でこんな風に感じてしまい、真夜中に起きて感傷に浸らなければならないのか? 答えは簡単である。

TobiMori_49_10.jpg
無害な犬もこの日ばかりはうっとおしく見える

 それはこの村が今日も平和かつ平穏であり、そして僕が変わってしまったからだろう。もし、いんけん村に永遠があったとしても、僕には終わりがあるのだ。

○ とびだせ どうぶつの森 50 いんけん村でしずえと別れる
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1619.html

コメント

以前にコメントを残したやったっちです。
久しぶりの更新も今までの僕はうれしかったのですが・・・。
今回のこの記事では、なんだか得体の知れない不安に陥りました。
・・・この日記、やめませんよね? たしかに5月はあまりイベントはありませんでしたが(6月もそうかもしれません)、
それでも日頃の住人達との会話は楽しく拝見させてもらいました。

でも、やめてしまうとそのような会話も見れなくなってしまいます。
僕達の楽しみもなくなってしまいます。

なのでお願いします。 やめないで下さい。

なんだか自分勝手な意見ですが、聞いてくれたら(できれば、返事をしてくれれば)嬉しいです。
最後に、長々と勝手に変な事をいってすみませんでした。

初コメです。
この日記はいつも見ています
だからこそ、この日記をやめないでください
自分は、始めどうぶつの森を買わないつもりでいましたが、この日記に出会って、
「あ、どうぶつの森ってこんなに面白いんだ」「しずえさんかわいい」
と、思い購入しました。
そして、夢見の館が出来た後
自分は真っ先にいんけん村に行きました。そこで、いんけん村を見て、
自分はこう思いました
「この村を超えるのが自分の目標だ」
そういう意味では、すしずめ村長は自分の大切な先輩と言えるでしょう。だからこそ、やめないでください

いろいろとお言葉をいただけるのはたいへんにありがたいです。が、考えを変えるつもりは一切ありません。
終わるということは、まァ、味で言えば苦味や渋味みたいなもので、それ単体で見ると確かにおいしくはないです。けれども、甘いケーキを食べたあとにブラック・コーヒーを飲むとよりおいしく感じることがあるように、要素としてとても大切なのです。
理解していただけないとは思いますが、句点を打つことによってこの『とびだせ どうぶつの森』プレイ記録はやっと完成するのです。そのために終わります。

やめないでー!!!!!!!!!!!!悲しくなります…(-·-)
せめて1年かんやってほしかったです…
うえーん!!!!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

とび森私ももってます!あの帽子の緑の顔があるやつってなんのキャラですか?どっかでみたことあるような。

この日記を読んで改めてとび森っていいゲームだなぁと思いました!!少し寂しいですが、しずえさんと結婚できるといいですね!
非公開コメント