インディーズゲーム 2013年 7/1~7/31の新作

7/1
DungeonSmashDarkIsles_ss.jpg

Dungeon Smash ~ Dark Isles 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:HaikuInteractive ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/06/30

 すべてが闇に包まれるダンジョン探索アクション。オフ4人までのプレイに対応。

 見下ろし視点のダンジョン探索アクションである。4つの種族からキャラクターを選び、魔物の巣窟である暗闇のダンジョンを潜り、悪魔にさらわれた王女を助けるのが目的のようだ。
 それにしても、誘導がほとんどない。物語はあれどダンジョンで何をすべきかわかりづらいし、「破壊できるアイテムかどうか」、「敵が出現する穴なのかツボなのか」、「階段なのかただの床なのか」といったあたり、いや表現全般が明確でなさすぎ、それも落ち度にしか見えない。ダンジョンの闇もむやみに視界を狭めるばかりで、先行きが明るい作品のようには見えない。


7/4
ToyPlane_ss.jpg

Toy Plane 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Sick Kreation ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/07/03

 お気楽な1ボタン障害物回避アクション。

 Aボタンで慣性のある飛行機を上下させ、障害物を避けつつ星などを獲得していくゲーム。ジャンルとしてはよくある1ボタンの障害物回避アクションだが、何回か壁に当たってもいいし、速度も事前に調整できるうえに、1ステージもかなり短い。
 よって、よりカジュアル向けの調整をしたこの手のゲームなのだろう。それ自体は評価できるのだが、特にアピールできる点がほとんどないうえに、6ステージ+1と内容量もさくっと終わるであろうものなので、記憶に残らずさっさと忘れられてしまいそうだ。


7/7
PsychicWarriorSusan_ss.jpg

Psychic Warrior Susan 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:We Love Hamsters Software ジャンル:キャラクター アクション 2013/07/06

 エスパー美少女スーザンが行く2Dアクション。

 超能者スーザンが悪夢の世界で戦う2Dアクション。魔法の剣を使って敵を倒すほか、ステージにあるブロックを移動させて足場を作るという要素もある。
 そういう設定なのだからそうなのだろうが、本当に悪夢だ。無意味に高い難易度、意味の感じられないレベルデザイン、面倒臭いだけのブロック運び、画面の1/3を占領するスーザンはかわいくなく見ているだけでいらつく……。お前に超能力があるのならば、まずプレイヤーの精神を読んでくれ。


Magnetized_ss.jpg

Magnetized 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Connect Media UG ジャンル:その他 2013/07/06

 磁力で■を動かして壁に当てさせない1ボタン・アクション。

 自動で動く四角を磁力で誘導し、ゴールを目指すゲームである。ボタンを押すタイミングや長さを調整しうまく誘導するという単純なものだ。
 イライラ棒の難易度が上がった版とでも言えばいいだろうか。「手軽なゲームかつ今までと違うもの」を目指したのはわかるが、いささか地味な仕上がりか。


7/9
ApocalypticPathToF_ss.jpg

Apocalyptic Path: ToF 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Ralem Productions ジャンル:戦略 & シミュレーション 2013/07/08

 東海岸のフロリダを目指して旅するサバイバル・アドベンチャー。

 核爆発による人類淘汰が起こった時代で、東海岸のユートピアを目指すサバイバル・アドベンチャー・ゲーム。食料や水を買い集め、巨大ゴキブリに車を引かせてひたすらに先へと進む。戦闘はなぜか初代「ポケモン」風である。なお、西武開拓ADV『オレゴン・トレイル』の影響を受けているとのこと。
 デモ版では長い先を見ることができないが、なんというか本当につらそうなゲームだ。ものを集めて不幸なイベントに見まわれ、また先へと進むのみ……。はたしてユートピアというゴールには、その苦労が報われる何かがあるのだろうか?


FeelinLuckyPunk_ss.jpg

Feelin' Lucky, Punk? 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:New Dawn ジャンル:キャラクター アクション 2013/07/08

 意味不明系2Dアクション。

 ロボットや丸の敵を倒して先へ進む2Dアクションなのだが、敵はなぜかアルファベットと3桁の数字が書かれていたり、集める「Tally」はむやみに増減したり、表示されるテキストも脈略を感じられずに無茶苦茶だ。
 おそらくカオスだのと呼んで笑えばいい冗談なのだろうが、その意味ですら拙く、そう受け取っていいのかわからない。まるで興奮しすぎた子供が常軌を逸して暴れてしまい、親が思わず心配するような情景に似ている。


7/13
Insecticide_ss.jpg

Insecticide 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:MBLEH ジャンル:キャラクター アクション 2013/07/12

 自動生成2Dアクション。オフ4人までのプレイに対応。

 ステージが特定パターンから生成される2Dアクションゲーム。4人同時プレイにも対応している。
 壁にぶつかると急に慣性がなくなったり、協力プレイ用の要素が見当たらなかったり、当たると即死なのに隠れているトゲの予備動作がなかったりと、むやみに高難易度&不親切である。もっとも、2Dアクションなのにステージが残念な自動生成という問題に比べれば些細なことか。


BULKHEADSurvival_ss.jpg

BULKHEAD Survival 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Raoghard ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/07/12

 協力プレイ用FPS(一人称視点シューティング)。オン4人までのプレイに対応。

 宇宙船内に登場する敵を倒し続けるFPSである。どうも単調すぎるのは、協力プレイで遊べということらしい。なお、『Bulkhead』のリメイク(亜種ルール?)版である。
 元の作品を少し弄っただけの新作という時点で、もういろいろと察して欲しい。ステージも素材も使い回しのようであり、かといってなんらかのアイデアを詰めた形跡もなし。あるのは手軽に儲けようという考えくらいのものだ。


7/14
MonkeyPooFlinger_ss.jpg

Monkey Poo Flinger 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Derf n Derf ジャンル:その他 2013/07/13

 動物園のクソ猿が客にウンコを投げるシット・ゲーム。

 猿を操作して人々にウンコを投げるというだけである。それだけならまだしも、効果音がいちいちビチグソのものであり、ゲームプレイも不快を煽る要素ばかりであり、笑えないシット・ゲームである。
 クソを出しておけば笑いが取れると思っているクソ精神には、中指を立ててクソだと言うしかない。


7/15
TokyoHosto_ss.jpg

Tokyo Hosto 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Baller Industries ジャンル:RPG 2013/07/14

 なんと海外産の“日本のホストクラブ・アドベンチャー”。

 仕事に就けずホストとなった主人公として、うまく選択肢を選んで仕事をこなすゲームである。なお、間違った選択肢を選ぶと即ゲームオーバーな古めかしいアドベンチャーだ。ちなみに、女性陣はフルボイスの模様。
 どうも真面目に女性をかどわかすギャルゲーではなく(いきなりYAKUZAに殴られたり、学生や警察官を勧誘したりできる)、どうも冗談に近い作品のようだ。しかしながら、それなりにホストクラブを調べているようで、こちらからだと大してぶっ飛んだ世界にも見えず、なんとも半端であるか。


DarkQuest_ss.jpg

Dark Quest 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Argi Baltzi ジャンル:RPG 2013/07/14

 ターン制のダンジョン探索RPG。

 ローグライクにターン制シミュレーションの要素を取り入れた形のようだ。戦士・魔法使い・ドワーフのパーティーで財宝だらけのダンジョンを進んでいく。
 この値段帯では品質が非常に高いことは間違いない。が、デモ版ではこのゲームが何を描写しようとしたのかまったくわからなかった。複数人いてターン制のため時間と手間がやたらとかかるうえ、メリットがいったいなんなのかわからない……。とりあえず、安いからとは喜ばれるだろうが。


7/16
ManIHateThatIndieGame_ss.jpg

Man, I Hate That Indie Game! 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:cupholder ジャンル:その他 2013/07/14

 美少女とインディーゲームを制作するギャルゲー。

 「美少女と一緒にクラブ活動でインディーゲームを制作する」という設定のノベルゲーム。幼馴染にいきなり起こされたり、いかにもツンデレな子がいたりと、かなりベタな展開が待ってくれているようだ。無論だが、全編英語である。
 このデベロッパの前作となる『Don’t Die Dateless, Dummy!』は北米あたりでなかなかの人気を得たようなので、本作もそれに準じる形になりそうだ。国産のギャルゲーを遊んでいる人からすれば問題外だろうが、この場においては比較的に高品質なのも事実である。


FishyWarfare_ss.jpg

Fishy Warfare 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Zkenshin ジャンル:シューティング 2013/07/15

 習作の対戦型シューティング。

 敵と一対一で戦う固定画面シューティングだが、とりあえずゲームとして動いているだけである。とはいえ、金を溜めて買い物する機能はある様子だ。
 「なるほど」と適当な相槌を打って、別の話に切り替えたい。


GORYCYBERWEST_ss.jpg

GORY CYBER WEST 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:SIACTRO ジャンル:シューティング 2013/07/16

 2013年において最高峰のサイバー・ウェスタン・デュエル・シミュレーター。オフ2人プレイに対応。

 「2013年において最高峰のサイバー・ウェスタン・デュエル・シミュレーター」だそうだが、単なるボタン早押しゲームである。
 棒立ちの敵を棒立ちで撃つ姿は、あまりにも2013年において最高峰のサイバー・ウェスタン・デュエル・シミュレーターである。そしてタイミングよくボタンを押すというあまりにもミクロじみたシステムも、2013年において最高峰のサイバー・ウェスタン・デュエル・シミュレーターらしくある。


7/19
Zombominous2_ss.jpg

Zombominous 2 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Golconda ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/07/18

 バットを振り回して生存者を助けるゾンビ・アクション。『Zombominous』の続編。

 自身のアバターがビルを飛び回り、バットを振り回してゾンビどもをなぎ倒すというアクションである。が、前作と変わらず攻撃の当たり判定が意味不明で、まともなゲームになっていると言い難いレベルだ。
 更に今回はビルの数が10以上に増え、生存者を探して回るのですらたいへんで無意味な苦労まで強いている。もはやゾンビよりもこのゲームを金属バットでボコボコにしてやりたい。


7/20
AvatarTennis_ss.jpg

Avatar Tennis! 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Milkstone Studios SL ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2013/07/19

 アバター・テニス。オフ4人までのプレイに対応。開発は『White Noise Online』などを手がけたMilkstone Studios。

 タイトルのとおり、アバターで遊ぶテニスである。通常対戦のほか、育成ができるキャリアモードがあり、Milkstone Studiosのゲームを買っているとアンロックできる要素があり、安価なりには出来が良いといういつもの作風だ。
 本作、要素自体はいいのだが、CPUと対戦すると難易度がかなり高いのがつらいか。もっとも、ファミリー向けのゲームとして、もといオフライン専用の対人ゲームとして用が足りると判断したのだろう。あるいは、これが売れたらオンライン対応版を出す腹積もりなのかもしれない。


AlienOverKILL_ss.jpg

Alien OverKILL 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:CoderSystems ジャンル:シューティング 2013/07/19

 害虫駆除FPS(一人称視点シューティング)。

 ありがたみもクソもないエイリアン退治である。出てくる敵はまっすぐこちらに向かうだけで、お互いにダメージ・エフェクトもロクになく、ただただレーダーを頼りに害虫駆除をするだけ……。
 銃もバカみたいに弾が出るので、いっそのことそれをスプレーにでも変えてしまい、本当の害虫駆除ゲームにすればまだマシだったことだろう。


Reflection_ss.jpg

Reflection 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Utopioneer Games 2 ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2013/07/19

 バイナリィなパズルゲーム。

 オッサンと少年を同時に動かしてスイッチを押すパズルゲーム。どこかで見たことのあるゲームだが、さておき全18ステージのようである。
 無難な出来ではあるものの、特筆することもないだろう。ところで、「クリアした瞬間にオートセーブが入って画面が止まりクリア演出が表示されない」というのは(本作に限らない話だが)なんとかして欲しいところ。


7/21
AvatarPhysicsRunning_ss.jpg

Avatar Physics: Running 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Bwoot Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/07/20

 ぐにゃぐにゃアバターの100m走。開発は『Avatar Fighter Online』を手がけたBwoot Games。

 ぐにゃぐにゃでまともに歩けないアバターの両足をスティックで操作し、かろうじて歩かせる大爆笑ゲーム。……もとい、『QWOP』のパクりというかクローンというか。
 アナログスティックでの操作なので難易度が異常に高いが、PCで人気を得た作品の真似なので本作もウケることだろう。失望を隠せないが、結局は宣伝が不要な人気作品の真似が求められているのだ。


7/22
2in1TriviaAll-Stars_ss.jpg

2 in 1 Trivia All-Stars 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Party Games ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2013/07/21

 カートゥーン&売れた書籍の三択クイズ。

 カートゥーン・キャラクターについてのクイズと、最も売れた書籍についてのクイズが遊べる作品。システムは過去作の流用で、80年代・90年代・現在の3ジャンルに分かれた三択クイズである。
 本シリーズは北米ですらほとんど見向きされていないようだが、問題の差し替えだけで作れるのでとりあえず出しているのだろう。そういう惰性を否定するつもりは一切ないが、僕も惰性で無視させてもらおう。


7/24
SpaceHordes_ss.jpg

Space Hordes 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Punchline Games ジャンル:シューティング 2013/07/23

 広大な世界におけるひとつの全方位シューティング。オフ4人までのプレイに対応。

 画面中央に存在する基地を防衛するツインスティック・シューティング。3種類の武器と、4つの防衛施設を利用して敵と戦っていく。例によってWave制である。
 没個性的なルールに問題点を詰め込んだゲームといったところだろうか。広い宇宙にたくさんある星のひとつ、あるいは床にこぼしてしまった黒ゴマにおける一粒のような作品である。


7/25
VintageHero_ss.jpg

Vintage Hero 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Frog The Door Games ジャンル:キャラクター アクション 2013/07/24

 清掃員が左手のバスターですべてをなぎ倒す2Dアクション。

 2Dアクション・シューティングなのだが、明け透けに言うと『ロックマン』である。レベルアップでライフ・ショット・防御力などを強化することが可能であり、難易度も無限コンティニューから残機制まで選択が可能だ。
 主人公が清掃員なのは気に食わないが、アクションゲームとしては意外と堅実な作りだ。初心者への救済もあるし、レベル制度で幅広く遊べそうだし、ステージのデザインも健闘している。名作とは呼びづらそうだが、意外な掘り出し物かもしれず。


7/26
BlocksandBigRobots_ss.jpg

Blocks and Big Robots 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Maximinus ジャンル:シューティング 2013/07/25

 新作の流用による新作対戦シューター。システムリンク・オンラインでの8人プレイに対応。

 ボクセル調のロボット対戦シューターである。ルールは簡単で、4つのマップでデスマッチを行うのみ。一応はブロックの破壊・設置はできるものの、ほとんど無意味だ。
 Maximinusは以前に『Blocks and Tanks』という作品を制作しており、これはその流用で作っただけだろう。流用の魔術師は相変わらずだ。そのため、対戦ゲームとしてはほとんど期待できない。


BLOODBACON_ss.jpg

BLOOD&BACON 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:BigCorporation ジャンル:シューティング 2013/07/26

 豚野郎を血と肉に解体しまくるシューター。オン2人プレイに対応。

 農場にいる豚やイノシシを、様々な銃でぶっ飛ばす協力プレイ用シューター。とにかくバカスカ撃って、血や肉をまき散らしていく。視点は一人称、三人称、見下ろしに変更可能である。
 ゲームプレイは単調の一言だが、敵と吹き飛ばすという原始的な欲求を刺激しようとしている努力は見える。わかりやすいFPSということで市場には合っているため人気は出るかもしれないが、誇張が激しすぎて冷めそうなうえ、その激しさにも特別な要素は見当たらない。


7/27
ZombieMonkeysOutoftheTrees_ss.jpg

ZombieMonkeys Out of the Trees 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:MischiefMonkey ジャンル:シューティング 2013/07/26

 ゾンビ猿シューティング。オフ4人までのプレイに対応。

 ひたすらにゾンビ猿を倒す全方位シューティング。これといった特徴はなし。
 本作こそ、ゾンビ猿のようにわんさか登場するゾンビ・シューティングのひとつである。過剰なジャンルにおける何もないゲームだ。


GemChaserII_ss.jpg

Gem Chaser II 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:karl90 ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/07/26

 同じ色の丸を集めるアクション・パズル。『Gem Chaser』の続編。

 自身の体の色を変え、同じ色の丸を獲得していくアクション・パズル。新しい70レベルが存在し、ふたつのキャラを同時に動かすステージなども登場するようになった。
 前作はやたらと厳しいクリア条件ばかりが気になったが、今作は収集アイテムを得るなどしてもクリアできるようだ。それ自体はいいのだが、おかげで速くクリアする必要も疑わしくなり、かなり目的が曖昧になったように見える。根本的な解決が必要だったのでは。


SexyIslandAdventure_ss.jpg

Sexy Island Adventure 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Fusion Gaming ジャンル:RPG 2013/07/26

 美女の写真を撮るための壮大なアドベンチャー!

 スクリーンショットを見ると美女の水着姿を見るだけの作品と思えるが、実はファミコン時代のようなアドベンチャーで、体力に気を使いつつ広大な島で美女を探すゲームである。要は、エロで釣っているこの市場向けのミニゲームなのだ。
 しかし、そういうゲームとしての体裁が揃っていることが驚きだ。いや、単にひとつの作品として見れば凡作で(しかしそれなりに売れそうで)、どうしようもないゲームではあるのだが、見方を変えれば……


JourneyToTheTopQFTLG_ss.jpg

Journey To The Top: QFTLG 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Liel ジャンル:キャラクター アクション 2013/07/26

 没個性的登頂ジャンプアクション。

 上に登り続けるジャンプ・アクション。障害物を回避しつつ、アイテムを駆使して、コインを集めながら頂上を目指していく。ステージは見えている範囲で16ほど。
 没個性アクションである。かける言葉もない。


7/28
MagicRacingRally_ss.jpg

Magic Racing Rally 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Magic73 ジャンル:レース & フライト 2013/07/27

 トップビュー・ラリー・レース。オフ4人、システムリンク・オンラインでの16人プレイに対応。

 見下ろし視点のレースゲームで、『Magic Racing GP 2』のラリー版である。オンラインでのレースやタイムアタックにも対応している。
 何かラリーらしさが用意されているわけでもなさそうなので、バージョン違いといったところか。ゲーム自体も今や少ないトップビューのレースゲームが安価かつそれなりの品質で、という面白みのない紹介になってしまう。

 なお、デモ版の終了時に購入画面が出まくったので注意されたし(ガイドボタンからダッシュボードに戻るべし)。


TatakaiTankRush!_ss.jpg

Tatakai Tank Rush! 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:LargeLaser ジャンル:戦略 & シミュレーション 2013/07/27

 日本語が書かれている部分があるRTS。オフ2人プレイに対応。

 単純なリアルタイム・ストラテジーである。お互いに拠点や戦車を製造し、相手の本拠地をすべて潰せば勝利となる。
 パッケージ画像やタイトル画面には日本語があるものの、ローカライズされているわけでもない。また、ゲーム自体も単純なはずなのに、奇妙に煩雑な部分があったりと、「日本語が書かれている部分がある」くらいしか特徴がないか。


7/29
ActionArcadeWrestling2_ss.jpg

Action Arcade Wrestling 2 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Action937 ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2013/07/29

 安価なプロレス・ゲーム。オフ4人までのプレイに対応。

 プロレス・アクション。『Action Arcade Wrestling』の続編である。対戦モードのほか、エディットではキャラの動きや格好、テクスチャまで設定することが可能だ。ただし、ロードが恐ろしく長い。
 待ち時間で寿司は腐りそうだし、対戦はほうぼうから安い印象を受けるので、まともに見る気すら起きない。が、安価な部分は取り柄なのだろう。


7/30
BeatHazardUltra_ss.jpg

Beat Hazard Ultra 400MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Action937 ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2013/07/29

 花火の中で音楽と共に弾ける全方位シューティング。オフ・オンでの2人プレイに対応。『Beat Hazard』の続編。

 カスタム・サウンドトラックに対応しており、好きな曲をかけてそれに対応したツインスティック・シューティングが遊べるというゲームである。今回は新しい敵・武器・ボス・Perk・モード・複数人プレイが追加されている。
 相変わらず視覚エフェクトがものすごい激しく、まるで打ち上げ花火の中でゲームをプレイしているかのような体験だ。前作はかなりの人気だったようなので、新要素(デモ版では体験できず)が飽和しきったこのジャンルでも通用するかどうかが今回の肝となるだろう。

 余談になるが、前作は80MSPに値下げしているので、そちらで試すのもありだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント