【Games with Gold】2013年7月上旬の無料ゲームは『Defense Grid: The Awakening』

ゴールドメンバーシップならタダゲーが遊べるXbox360

 Xbox LIVEは、2013年7月から12月まで、毎月2本のゲームをゴールドメンバーシップ向けに無料で配信するという「Games with Gold」を始めた。なんて太っ腹な話なのか。

 しかも、実は先月もおまけ的に『Joy Ride Turbo』(海外では『Fable 3』)を無料配信しており、Xbox360が燃え尽きる前に一花咲かせようとしているかのようである。これ自体は素晴らしいことなのだが、僕は無料でゲームが遊べるというのは歓迎しがたいと思っており……。

 さておき、7月上旬は『Defense Grid: The Awakening』が無料で遊べる。この作品を紹介しつつ話していこう。

GWG_defencegrid_01.jpg
『Defense Grid: The Awakening』タイトル画面

買ってないゲームはやる気が起こらない

GWG_defencegrid_02.jpg
ルール自体は割とオーソドックスのようだ

 さて、『Defense Grid: The Awakening』はXbox LIVE Arcadeで配信されているタワーディフェンスのゲームである。特定の位置にタワーを立て、特定ルートでやってくる敵を迎撃するのがルールだ。つまり、タワーの配置をうまく考えなければ敵を殲滅できないという、パズルもしくは戦術シム的なゲームなのである。

GWG_defencegrid_03.jpg
チュートリアルも親切だし、不足しているところはないように思うが

 本作は端から端まで高品質であり、世間の評価も高いようである。……が、僕はやはりこの手のゲームが理解できない。いや、ルールはわかるし、「いかに敵を防ぐタワー配置を考えるか」が肝なのもわかる。ただ、それがうまくできないのだ。

 僕が本作を遊ぶと、「適当に配置して適当に倒して適当な戦績で終わり」なのである。肝である戦術というパズル的なものを考えて楽しむということが、なぜかすっぽり抜け落ちているのだ。これでは面白いわけがない(かといって不快なわけでもないのだが)。

 どうも『Defense Grid: The Awakening』は、パズル、もしくは戦術部分を深く考えさせる切欠作りが足りないのかもしれない。しかし、それを詳しく語るのはやめておこう

やりたいゲームに金を出して遊ぶのが一番ではないか

GWG_defencegrid_04.jpg
エイリアンを殲滅しても感慨はなかった

 その理由は簡単だ。無料だからとはじめたゲームは、無料だからとさっさとやめてしまうのである。僕は最初の6ステージほどを遊び、よくわからなかったのでもうやる気が起こらない。せめて金を出したのならば、一応はしゃぶりつくそうとも思うし、そこまでやればきちんと語る気にもなるが……。

 「タダより高いものはない」と言うつもりはないが、娯楽というものは金を払って遊ぶほうが楽しいことがある。無論、無料を切欠に素晴らしい作品と会えることもあろうが、タダというのは好意的に受け取れるだけのものではない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント