ロックマンはもういない! ここにいるのは地道に成長する清掃員のフロイドだ 『Vintage Hero』特集

bbox_VintageHero.jpg

レベルのある『ロックマン』クローンを紹介

 幼少のころ親しんだ遊びというのは、いつまでも引きずるものである。僕なんかは『スーパーマリオブラザーズ』を遊び2Dアクションが人気だったころにビデオゲームを遊んでいたので、今でもその手のジャンルが好みだ。

 『ロックマン』も当然好きで、『ロックマン9』が出た時は興奮して複数機種で買い込み、さんざんやりこみ、人の家のハードに自分で金を払って『ロックマン9』を導入したくらいである。まったく、2Dアクションと来ればすぐに釣れるチョロいヤツだ。

 無論、Xbox360インディーズゲームに『ロックマン』のクローンが来れば、それに釣られるのも当然なわけで……。よって今回は、『Vintage Hero』を紹介する。開発はFrog The Door Games。価格は80MSP。

VintageHero_08.jpg
見てわかるように『ロックマン』のクローンだ

 『Vintage Hero』は2Dアクションだが、『ロックマン』をそのまま真似した作品と言い切ってしまっていいだろう。そのくらいに要素が似ているし、パロディまで行なっているのだから。
このエントリーをはてなブックマークに追加


ゲームの説明は「『ロックマン』そのまま」である

VintageHero_02.jpg
『Vintage Hero』タイトル画面

 時は198X年、世の中は平和だったものの、ジェネラルなるものが地球征服に乗り出した。人々は皆、年老いたヒーロー「ギガマン」(メガマンではない)の登場を待ちわびていたが、彼はもはや隠居している身である。

VintageHero_03.jpg
これほど魅力のない主人公も珍しい

 そのため、立ち上がったのは一介の清掃員であるフロイドだ。彼はマックから武器を受け取り、各4ステージに散らばるエレメントを集めはじめるのであった。……と、どこかマヌケだが『ロックマン』然としている物語である。

VintageHero_01.jpg
体力もライフ制だし、トゲに当たると当然即死だ

 ゲームシステムもまさしくそのものだ。画面上に3発までしか出ないバスターを使い、敵を倒しつつボスのいる場所を目指していく。ボスを倒すと新しい特殊武器を手に入れられ、それが別のボスの弱点でもある。

VintageHero_05.jpg
強化は平均的に上げていくと楽だ

 ただし、独自要素としてレベルシステムが用意されている。敵を倒したり経験値アイテムを獲得し、一定数溜めるとライフ・通常攻撃・特殊武器の残量・防御力をあげることができる。

 つまり、何度も敵を倒せば自然と自分が強くなっていくし、逆にレベルを上げずに遊ぶこともできるというわけだ。

差別化は図られていなくもない

VintageHero_07.jpg
ホイミスライムのようなマヌケなボス

 レベルアップのシステムもあってか、本作はカジュアル寄りの『ロックマン』クローンと言うべきだろう。難易度によって残機制と無限コンティニューを選べるし、敵・ボスのパターンも多くなく、回復アイテムもかなり豊富に出るように設定されている。

 また、意外と重い物語もウリのようである。もともと『ロックマン』が子供向けということもあるうえ、本作のデザインはどこか牧歌的だというのに、最終的に明かされる真相はそれに似つかわしくないものと感じられることだろう。


○ 『ロックマン』が高いというあなたに、お安い清掃員がいるのだ 『Vintage Hero』レビュー
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1645.html


box_VintageHero.jpg

Vintage Hero 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Frog The Door Games ジャンル:キャラクター アクション 2013/07/24

 清掃員が左手のバスターですべてをなぎ倒す2Dアクション。
 明け透けに言うと『ロックマン』のクローンで、レベル制度が導入されている。
 低難易度も用意されているため、カジュアル向け『ロックマン』クローンといったところか。

コメント

非公開コメント