インディーズゲーム 2013年 8/1~8/31の新作

8/1
MonkeyNuts_ss.jpg

Monkey Nuts 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:hdtgames ジャンル:キャラクター アクション 2013/07/31

 キンタマのないアクションゲーム。

 去勢された猿がキンタマを探す旅に出る2Dアクション。操作はジャンプのみで、いたってシンプルである。すべてで100レベルとのこと。
 破綻こそしていないが、なんの意味があるのか疑わしいジャンプ・アクションである。ステージはただ上に登るだけのものが多く、カメラもそれに向いておらず、敵はやる気がなく予備動作もクソもなく攻撃してきて……。まるでキンタマの抜かれたアクションである。


FistPuncher_ss.jpg

Fist Puncher 400MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Jacob Lewandowski ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/08/01

 レトロなベルトスクロール・アクション。オフ4人までのプレイに対応。

 さらわれた美女を救うため、敵をなぎ倒して先へ進むベルトスクロール・アクション。15人のキャラやそれぞれの育成要素が用意されている。なお、難易度は低めの調整のようだ。
 プレイして気になったのは動作があやしい(ロードが長く、音がでなかったりデモが止まったりする)くらいで、これといって何かを感じられなかった。更に、この市場で400MSPは高く見える。が、PC版と比較するとほぼ半額に近いので得なことは事実なのだが、結局のところXBLAと比較され品質が低く見えることだろう。


8/2
PapercraftMonsters_ss.jpg

Papercraft Monsters 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:holy socks ジャンル:シューティング 2013/08/01

 やる気のないFPS。オフ4人までのプレイに対応。

 ペーパークラフトの敵を撃ちまくるFPSである。しかし、敵は全方位から高速で迫ってくるうえ、どこから攻撃されているかわからないのであっという間に囲まれるという有様だ。
 なぜ敵がペーパークラフトなのかといえば、モデルを作るのが面倒臭い(テクスチャの差し替えで水増しできる)からでしかないのだろう。つまり本作のタイトルは、「やる気のない敵だらけ!」と言っているのも同然なのである。


GravityPong_ss.jpg

GravityPong 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:ZOM Productions ジャンル:懐かしのゲーム 2013/08/01

 どこまで行っても『Pong』。オフ4人までのプレイに対応。

 円形のフィールドで、玉が妙な動きをするピンポンである。対戦モード(ふたり以上必須)のほかにひとりで玉を打ち続けるモードもあるが、結局のところしょうもない『Pong』クローンである。
 「こ、これは、なんと玉の動きを変化させたまったく新しいピンポンではないか……!」などと言って欲しいのだろうか?


IndiemonVillainVersion_ss.jpg

Indiemon Villain Version 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:RicolaVG ジャンル:RPG 2013/08/01

 インディーモンを集めるRPGのニューバージョン!

 100のインディーモンを集めるRPG。相変わらず無茶苦茶に画面を引き伸ばしており、戦闘も会話も味気ないのが特徴である。『Indiemon: Earth Nation』のバージョン違い。
 作品の質は疑うまでもなく低いのだが、前作が意外と売れたため(いや、売れてなくても流用はしたか?)差し替えの新作が登場というわけだ。今回も「ポケモンのパクり」という以外に長所はないだろう。


8/3
TheShoppingDead_ss.jpg

The Shopping Dead 400MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:holy socks ジャンル:シューティング 2013/08/01

 自身のアバターがゾンビ・アバターを撃つFPS。オフ4人までのプレイに対応。

 タイトルはいい。しかしゲームプレイは悪夢そのもので、そもそも銃をまともにつかめていないし、下を向くと自身のアバターの首がちぎれているし、敵のアバターは特定パターンのみでゾンビに見えないし、倒したゾンビ(仮)は急に消えるし、設置できるタレットは産廃であり、そもそもショッピングモールのごく一部という狭すぎるマップである。
 もし本作の価格が80MSPであったのならば、タイトルに騙されて買う人もいくらかいただろう。だが、そんなことは決して起こり得ない値段にしてあることは、本作において唯一素晴らしい部分である。


8/6
SpacePilots_ss.jpg

Space Pilots 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:E Arendt ジャンル:シューティング 2013/08/06

 なんとも言葉にし難い全方位シューティング。

 ミッション形式の全方位シューティングである。ミサイルや核などを駆使し、エイリアンを殲滅することが目的となる。なお、推進力で宇宙船を進めていくタイプの全方位STGだ。
 この説明としてのゲームは成り立っているのだが、では楽しさはあるのかと問われれば答えに詰まる。それは僕がこの手のゲームに思い入れがないからだと考えたいが、残念ながらそうではないのだろう。


8/7
WordCheat_ssa.jpg

Word Cheat 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:RZ Games ジャンル:テーブル ゲーム 2013/08/06

 力技でルールも破壊する単語ゲーム。

 『スクラブル』のようにアルファベットを並べて単語を作るゲームではあるものの、アルファベットを選べば自動で候補がでるし、アルファベット単体を配置・除去することができるというルールだ。
 まるでルールを無視して単語並べゲームを遊んでいるようである。そんなことをしたら面白くないのは当たり前だ。


8/8
DemonDash_ss.jpg

Demon Dash 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:darkgatestudios ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/08/07

 悪魔的障害物回避アクション。

 自動スクロールの障害物回避アクションで、銃を撃ったりしゃがんだりジャンプをして悪魔を避けるというルール。……なのだが、敵の描写が近すぎてほとんど避けられないし、銃を連打していれば(敵が画面外で死んで)ほとんどOKな時間があったりと、大味どころか無茶苦茶である。
 つまり、ほとんどは銃を撃ってやりすごし、それで対応できない場面を覚えろということか。なら始めから避けるべき敵だけを出せという話になるが、それが“悪魔的障害物回避アクション”というジャンルなら納得できる。できない。


DarkStormBlast360_ss.jpg

Dark Storm Blast 360 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:MUKAGOSOFTWARE DEVELOPMENT ジャンル:シューティング 2013/08/07

 操作が面倒臭いだけに見える全方位シューティング。開発は『The Undead Syndrome』などを手がけたMUKAGOSOFTWARE。

 戦車の全方位シューティングのようで、操作がツインスティック・シューティングとはまた違う(左右のスティックでそれぞれのキャタピラを動かすようである)。ゲームルールは敵を殲滅するというもの。
 言ってしまえば、操作が面倒臭いだけである。どことなくボヤけた画面、意味の薄い敵配置、そして何より飽和したジャンル(おまけにこの市場では若干違うものが主流となっている)ということで、操作が面倒臭いことしか印象に残らない。


DawnOfTheFred_ss.jpg

Dawn Of The Fred 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Sticky DPad Games ジャンル:シューティング 2013/08/08

 てんこ盛りで盛り沢山なゾンビ全方位シューティング。オフ2人プレイに対応。

 ゾンビを倒すWave形式の全方位シューティング(正確には四方向にしか撃てないのだが)。武器が70種類以上もあり、ダメージがわんさか出て、ゾンビを倒すと宝石が山のように出現し、血も肉もゴロゴロ転がる。
 遠目に見ると地味だろうが、触ってみればこの豪快さがわかるだろう。もっとも、豪快が過ぎて精細さに欠けるようにも見えるが。


8/10
Squeebels_ss.jpg

Squeebels 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Aztecgames ジャンル:その他 2013/08/09

 生首育成ゲーム。

 スキーベルスなる生物を育成させる作品である。食料を用意してあげたり、交配によってさまざまな種類を作る終わりのないゲームとのこと。
 育成ゲームなのに、育てる対象が気味の悪い生首という時点で望みがない気もするが、ほかに良いところを探そう。ほとんどないのではないか。


8/11
ALightStart_ss.jpg

A Light Start 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:SelfTitledGames ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/08/10

 拙い穴掘りゲーム。

 女王クローラーのために紫のエネルギーを持ち帰る穴掘りアクション。ステージは自動生成だが、レベルエディタもついている。
 何を目指しているのかわからない。スクリーンショットを見てもどういうゲームかわからないし、自動生成は大味すぎるし、光の女王にエネルギーを与えるため穴を掘るという設定も不明瞭すぎて……。拙さは仕方ないにしても、何を言わんとするのかわからなければ、単なるノイズでしかなくなってしまう。


8/14
TheLastFortune_ss.jpg

The Last Fortune 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Vile ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/08/14

 辞退したい2Dアクション、ハクスラ要素つき。

 同盟国の背信行為に立ち向かう2Dジャンプアクション。コインを集めてキャラクターを鍛えるハック&スラッシュ要素もあるようだ(コンティニューにも金が必要である)。
 触るとぼろぼろに崩れそうなグラフィックには目を瞑れるものの、何を読み込んでいるのか不安になる長さのロード、とりあえず全回復アイテムが割と出るからそれでなんとかしてくれというバランス、そして当然のように出るエラーコード4と、基本システムにすら満足に触れていないのにゲームを続けることに不安を感じ、辞退したくなる。


8/15
WiwisAdventures3_ss.jpg

Wiwi's Adventures 3 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Meruvia Game Studio ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/08/14

 手直ししてみたら、情緒もへったくれもないぶっ飛び2Dアクションになったゲーム。

 Wiwiとその仲間のカメが主役の2Dアクション。『Wiwi's Adventures 2』の続編である。
 前作も1UPしまくる構成だったようだが、今回はそれを“とりあえず1UPしまくるから、なんとかなるだろう的なやっつけステージ構成”として利用しているのでイラつく。まともな調整は感じ取れないし、キャラごとの差異も感じられず(攻撃を連打しながら高速で右に移動し続けるだけ)。前作から修正された部分もあるが、何も考えずにいじっただけにも見える。


8/16
UnicornMakeoutMania_ss.jpg

Unicorn Makeout Mania 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Softwaresoft ジャンル:格闘 2013/08/15

 かわいいユニコーンたちが、ちゅっちゅベロベロで卑猥に殺しあう新機軸すぎる格闘ゲーム! オフ2人プレイに対応。

 バカゲーというかバカである。完全に出落ちのバカだ。ユニコーンたちがキスをしたり、ウィンク光線を出して悩殺したり、ベロで相手を舐めて首を飛ばす格闘ゲームである。格ゲーのパロディまで用意されている。
 あまりのバカバカしさに笑ってしまい、買ってしまった。数十秒も経つとバカバカしすぎて「なぜ買ったのだろう……」と思ったが、一瞬だけ強い風が吹いたのは確かだ。


TheUnbreakableChain_ss.jpg

The Unbreakable Chain 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:QUIMDUNG CO. LTD. ジャンル:その他 2013/08/16

 意味不明系かと思いきや、食物連鎖を描く作品。

 いきなり虫らしきものを操作することになり訳がわからないまま進み、穴の上でネズミに食われるとようやく話がわかる。これはキャラを操作して捕食者に食われることで進む食物連鎖ゲームなのだ。
 さて、理屈がわかったおかげで意味不明なアートとしては見えないし、絵の拙さからして意味が通っているアートとしても見ることは難しそうで、ゲームとしてはたいへんにおファックなものである。ビデオゲームにおける食物連鎖があったとしたら、これは最下層にも入れない作品だろう。


Reflector_ss.jpg

Reflector 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Halcyon Softworks ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/08/16

 エネルギー反射パズル。

 反射板を設置してエネルギーを目的地に届けるパズル。全30レベルとのこと。
 パズルゲームとしてきちんと成立しているが、あまり特筆することがなさそうだ。どうも敵らしき存在がデスタムーアの色を変えただけではないのかというところが気になるくらいに、書くことがない。


8/19
ERMAHGERDPONIES!_ss.jpg

ERMAHGERD PONIES! 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Nocturnal Studio ジャンル:レース & フライト 2013/08/18

 ポニーたちが宝石を集めるレース風の対戦アクション。オフ4人までのプレイに対応。

 カートに乗ったどこかで見たことのあるようなポニーを操作し、宝石を集めてスコアを競う対戦アクション。
 特にあれこれ言う必要のない程度の質はあり、子供向けの安価で無難なところを狙ってきたというところか。もっとも、子供向けにしても波乱のなさすぎるゲームではあるが。運の要素もないようで、パーティー・ゲームらしくない。


8/21
TalesofTheOrangeForest_ss.jpg

Tales of The Orange Forest 240MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Romulus N Reamus Studios ジャンル:キャラクター アクション 2013/08/20

 ガイコツの物理演算2Dアクション(ボロボロ)。オフ4人までのプレイに対応。

 物理演算でぐにゃぐにゃ動くガイコツ人形を操作し、ゴールを目指す2Dアクション。そういう考えはいいのだが、きちんとゲームが始まらなかったりものすごい処理落ちが起こったりで、まともに遊べそうにない。
 とりあえずきちんと動作するためのパッチが必要である。この物理演算2Dアクションに意味があるのか詰問するのは、そのあとだ。


StickEmUpArena2jetpacks!_ss.jpg

Stick'EmUp Arena 2: jetpacks! 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:WickedWorx ジャンル:シューティング 2013/08/20

 棒人間の使い回しゲーム・対戦版2。オフ4人までのプレイに対応。『Stick 'Em Up』シリーズ最新作。

 棒人間の対戦型全方位シューティングである。5種類ある武器を駆使して、相手を倒したスコアを競う。続編として何が進歩したのかというと、どうもジェットパックが標準装備になったことのようだ。
 相変わらず不安になる(曲と呼んでいいのかどうか)BGMを使った魅力のないゲームで、マルチ対戦になった前作からの進歩は、ジェットパックをつけたくらいのもの……。あまりにも気が長すぎる使い回しゲームである。


8/22
MagiciansLooters_ss.jpg

Magicians & Looters 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Morgopolis Studios ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/08/22

 喋る猫に導かれて進む探索型2Dアクション。

 マップを探索して新たなアイテムを手にし、また新たなマップへと進むという探索型の『悪魔城ドラキュラ』のようなゲームである。バックダッシュがあったりと影響はかなりのものか。
 この手のゲームとしては無難そうではあるが、それ以上のものはデモでは見られなかった。どうも「80MSPにしては良い」という定番の言葉以上にはならなさそうである。


8/23
X-OrbtekII_ss.jpg

X-Orbtek II 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Oxygen Addict ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/08/22

 また丸を取ってスコアを稼ぐ地獄。オフ4人までのプレイに対応。

 固定画面で障害物を避けつつ、青い丸を獲得してスコアを稼ぎ続けるゲームである。数種のゲームモードが存在する。なお、IIとなっているが前作は他のプラットフォームでしか出ていないようだ。
 されるべくして無視される作品である。かといって、遊ぶ側は先入観を持ってはいけないのだが、しかしながら本作はまァそういう無視をしてもよい。


8/24
AnnunakisErrands_ss.jpg

Annunaki's Errands 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Golconda ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/08/24

 君らの大好きな水着美女ゾンビを撃ち殺しまくれるFPS(一人称視点シューティング)!

 「水着美女ゾンビを撃ち殺しまくれるFPS」という部分に偽りはないのだが、いや、美女というあたりは嘘か。なお、製品版ではゾンビ女が踊り狂う「カーニバル・モード」もあるようだ。
 ちなみにFPSとしては三流未満だが、そんなことはどうでもいいだろう。ゾンビ美女がいかに扇情的であり、撃ち殺すことに快感を覚えるかがやはり問題なわけだが、本作のゾンビは本当にただ腐った死体である。


8/25
CatchACold_ss.jpg

Catch A Cold 80MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:The Awakening Productions ジャンル:レース & フライト 2013/08/24

 風邪をひかせるため血液中を走るウィルス・アクション。オフ・オンでの2人プレイに対応。

 ウィルスを操作して白血球を回避する自動スクロール・アクション。スピードを一定まであげたり、特定の距離を走ったり、シューティングとして遊ぶといったモードがある。
 実は風邪薬を飲むのが好きなので、風邪をひくのもやぶさかでない。しかしながら、本作はプレイしていると風邪をひくとかよりストレスで高血圧になりそうである。


8/26
※ 本日からマイクロソフト・ポイントが現地通貨制度に正式変更されたので、80MSPが¥100になった。それに伴い、価格の表記も変更している。

Smash-A-Seal_ss.jpg

Smash-A-Seal ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Water Bear Interactive ジャンル:懐かしのゲーム 2013/08/25

 ねじ曲がり系モグラたたき。

 「モグラたたき」ならぬ「かわいい赤ちゃんアザラシたたき」である。気味の悪いサイボーグ・ペンギンを避け、かわいい赤ちゃんアザラシだけを叩く。
 この手のモグラたたきとしては並かそれ未満である。問題はかわいい赤ちゃんアザラシを叩くことくらいのもので、これは本当に意味がわからない。おそらくあえて逆のことをやって注目を引こうとしているのだろうが、単に性根がねじ曲がっているだけではないか。


AudioChallenge_ss.jpg

Audio Challenge ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Aura E. ジャンル:ファミリー 2013/08/25

 幸せな家族向けパーティー・ゲーム。オフ4人までのプレイに対応。

 流れる音がなんの音か当てるパーティー・ゲームである。
 ものすごい気の抜けたゲームだ。ここまで刺激のない作品を遊んで興奮する家族など、少なくとも僕にはいなかった。(なんだかこう書くと、まるで僕の家族がひどかったみたいではないか。)


TheOuterRim_ss.jpg

The Outer Rim ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Tomlin Games ジャンル:シューティング 2013/08/25

 戦車アクション。

 戦車をアップグレードしつつ敵を倒していくというゲームである。キャンペーンとアーケードのモードが存在している。
 決して悪いわけではないのだが、褒める箇所もなし。僕はいったいこのゲームになんて声をかければいいのだ……! と自分の保身しか考えられない作品である。


8/29
PaperGalactica_ss.jpg

Paper Galactica ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Msi/Gtr/Jms ジャンル:シューティング 2013/08/28

 まさしく手抜きの代名詞。

 自機も敵機も手抜きだし、アイテムは文字で描かれており手書きで統一されているわけでもなく。『ギャラガ』のようなシューティング・ゲームではあるものの、そもそも敵の出現は完全にランダムでだらだら出てくるだけ。
 少なくともこの場において、「ノート(紙)上での戦い」はもはや手抜きの代名詞でしかない。そして、本作もまさしくその流れに沿っている。手書き風ゲームは要注意どころか、要ファックのようだ。


8/31
BBFatfree_ss.jpg

B&B Fatfree ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:BigCorporation ジャンル:シューティング 2013/08/30

 100円で友達とゾンビ豚を撃ち殺しまくれるF・TPS。 オフ・オンでの2人プレイに対応。

 ゾンビ豚を撃ちまくるF・TPS(一・三人称視点シューティング)、『BLOOD&BACON』の価格改定版である。説明文によると、登場するゾンビ豚の量とサバイバル日数が減ったようだ。もっともこれは悪いことでなく、タイトルのとおり「Fatfree」、つまり無駄を減らしたと解釈すべきなのだろう。
 ほかにも多少の変更点はあるようだが、基本的な部分は変わりがない。つまり、血がやたらと吹き出す下品で安価かつ値段相応なFPSである。とりあえず、100円のお得感はあるだろうが……。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント