読めば魔王としての世界征服&アパート経営がより深く楽しくなる 『メゾン・ド・魔王 解体珍書』

これを手に入れるため初めてコミケへ行ってきた

 一口にオタクだのゲーマーだのと言っても千差万別であり、僕なんかはあからさまにそこでも爪弾きにされるような人物である。なぜかといえば、そういう人たちともまた嗜好が違うからだ。

 よって、「オタクといえばコミックマーケット」とでも言わんばかりの世間とは違い、まったくもってコミケなどには行ったことがなかった。が、あの『メゾン・ド・魔王』の制作チームであるプチデポットが、「解体珍書」なる本を作ったとなれば、それを手に入れにコミケに行くしかあるまい。

maisonde_chinsho01.jpg
ゲーム&サントラCD(左)と『メゾン・ド・魔王 解体珍書』

 なお、『メゾン・ド・魔王』はXbox360インディーズゲームやPC向けに配信されているマンション経営&世界征服ゲームである。3年間もの歳月をかけて制作された見事な作品だ。詳細は下記記事を参照されたし。

petitdepot-interview_titleG.jpg

○ 「マンションを経営する」、「世界を征服する」。両方やらなくっちゃあならないってのが“魔王”の楽しいところだな 『メゾン・ド・魔王』 特集
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1457.html

より『メゾン・ド・魔王』のことを知りたい人が読むべき一冊

maisonde_chinsho02.jpg
『メゾン・ド・魔王 解体珍書』のもくじ

 さて、この『メゾン・ド・魔王 解体珍書』はなかなか期待通りの内容だったので、紹介してみようではないか。目次は上記画像のとおりで、本書を大きく分けると、モンスター図鑑、ゲーム進行上の攻略、制作メンバーからのメッセージで構成されている。

 さすがに制作された方が書いているだけあり、モンスター図鑑には不足なく情報が乗っておりコメントまでついていて、攻略は内部データまできちんと乗っている。更に、ところどころに載っているコラムがまた面白い。没ネタから裏設定のようなものまで、『メゾン・ド・魔王』らしく、見た目にはかわいく奥には毒が盛ってある内容だ。

maisonde_chinsho03.jpg
ゲーム画面では小さなモンスターたちをまじまじと見ることができる

 ほかにも制作の経緯を記したページや、プチデポットについて、使用楽曲やその歌詞についてなども掲載されているほか、あの小さなモンスターたちがあまりにも美しくなって驚くようなイラストも見ることができる。

 当サイトでも以前にインタビューをさせていただいたので、それと併せて読むとより深く楽しめることだろう。

○ 三年間の楽しみと努力と思いが『メゾン・ド・魔王』というゲームとして結実した Xbox LIVE Indie Games制作者インタビュー 「プチデポット」
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-date-20121004.html

 本書の中で、開発担当のしごとさんが『アンリミテッド・サガ』を“攻略本を読むことにより、ぐんと面白くなるゲーム”の例として挙げている。まさしくこの「解体珍書」もそれと同じであり、読むことによって『メゾン・ド・魔王』のことをより好きに、より楽しく感じられるようになれる一冊であろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント