この物語を体験した時、人はコントローラーを持って操作をすることの重みを知るだろう 『ブラザーズ:2人の息子の物語』

bbox_Brothers.jpg

ビデオゲームでの体験による素敵な物語

 ビデオゲームをほかのメディアと比べた時、何が特異になるか? その答えのひとつに「体験」というものがある。ゲームとは映画のように受動的ではなく(そういう作品もあるが)、操作して体験することが多いのだ。

 さて、率直に書こう。今回紹介する『ブラザーズ:2人の息子の物語』(Brothers: a Tale of Two Sons)という作品は、その体験によってもたらされる物語を描いた作品である。

 そしてその体験という物語は、とてつもなく素晴らしいものに仕上がっているのだ。この文章を書いている今でも、ラストシーンの余韻が残っているほどに……。

Brothers_01.jpg
ビックブラザーとリトルブラザーがある物を目指して危険な道を行き続ける

 本作は兄弟をひとりで同時に操作するアドベンチャー・ゲームである。……いや、それははっきりいって副次的な要素だ。本作は体験によって物語に重なりあうことを楽しむビデオゲームだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加


ゲームシステムなんてどうだっていいと言ってもいい

Brothers_02.jpg
『ブラザーズ:2人の息子の物語』タイトル画面

 こう書いてしまうと乱暴かもしれないが、この作品においてゲームシステムやその他の要素といったものは副次的なものでしかない。前述のとおり、最終的に体験でプレイヤーを物語に引きずりこむための前準備なのであって、システムなどを主題として見ても意味は薄いだろう。

Brothers_03.jpg
兄弟が父親を助ける冒険譚だ

 さて、物語は兄弟が病気の父親を病院に運ぶところから始まる。しかし、父親の病気は一筋縄では治療できないものであり、ずっと遠くにある特別なモノを手に入れなければならない。そして、兄弟はそれを求めるため、冒険へと旅立つ……ということだと思われる。

 というのも、本作には言葉がないので詳しくはわからないのだ。それらしきものはあるが、おそらく意味を読み取ることはできない。しかし、そんなものがわからなくとも、われわれはこの作品から多くのものを感じ取れる。

Brothers_04.jpg
ファンタジーな世界を味わう道中も魅力のひとつ

 本作のゲームシステムにおける特徴は、左スティックで兄を、右スティックで弟を同時に操作し、それぞれの特徴を生かしてパズルを解き先へ進むことだ。兄は力が強く便りになるが、弟は体が小さく無邪気なことくらいしか取り柄がない。ましてや弟は、水が苦手というトラウマまで抱えている。

 それでも兄弟はふたりで力を合わせ、目的地へ歩みを進める。時にはベンチに座り、景色を眺めながら。

Brothers_05.jpg
ボスとの戦いもあるが、こういう部分にはあまり期待すべきでない

 ふたつのスティックを同時操作することは難しいだろうし、パズルも大したことがないと感じる人もいるだろう。だが、すべては伏線であると解釈すべきだ。そう、本作はラストシーンのためにすべてがあると言っても過言ではない。

冒険は刺激に満ち溢れている……とは言い難いが、それでもいいのだ

Brothers_06.jpg
火から離れれば死にかねない状況も

 この旅は決して楽なものではない。恐ろしい敵が待ち受けていることもある。暗闇や極限状態が恐怖となり、自身の弱い部分をむやみに刺激することもある。

Brothers_07.jpg
ふたりで気持ちよく風を切る状況も

 だが、楽しい時もある。無邪気な弟は面白いことがあればすぐに喜ぶし、真剣な兄も思わず声をあげるような体験も待ち受けている。

Brothers_08.jpg
時には他人の協力で先へ進むことも

 その悲喜こもごもの冒険が、兄弟を少しずつ成長させていくのだ。決して長い旅とはいえないが、それでも彼らが何かを決断できる人間になるには、十分な時間だろう。そして、プレイヤーが兄弟ふたりへ思いを募らせるのにも事足りるはずだ。

ラストシーンの体験こそがすべて

Brothers_09.jpg
ラストシーンは必ず自分で体験しなければならない

 そして、ついに目的地へたどり着いたラストシーンこそ、この作品が最も輝く瞬間である。われわれプレイヤーが操作することによって、物語の当事者になるのだ。そう、この物語にピリオドを打つためこれまでの冒険を味わってきたのであり、ここでコントローラーを持つことの意味を知るのだ。

 コントローラーを握り、操作することによって目がうるむだなんて、僕には初めての体験だ。プレイヤーはラストシーンで操作という体験をした瞬間、単なる言葉や映像や音楽で表現される以上のものを感じ取ることができるだろう。

Brothers_10.jpg
冒険を終えた少年は涙を流さない

 この作品は、動画を見て済ませると大幅に意味が薄れるし、言葉で説明しても薄っぺらにしか感じられない物語でもある。だからこそ、こうして曖昧で抽象的な物言いにしかならないのだ。

 『ブラザーズ:2人の息子の物語』には、ビデオゲームならではの“体験する物語”が詰め込まれている。その本領が発揮されるのは本当に最後の最後のため、そこまでは退屈に見えるかもしれない。しかしながら、そのラストシーンを体験した余韻は、いつまでも心と手に残ることだろう。


box_Brothers.jpg

Brothers 1200MSP Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Starbreeze Studios ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/08/07

 「Summer of Arcade」の第一弾として配信されたアドベンチャー・ゲーム。
 兄弟を両スティックで操作し、パズルを解きながら冒険を進めていく。
 だが、ラストシーンの体験のためにすべてがある作品だろう。

コメント

非公開コメント