Xbox360インディーズゲーム 2013年 9/1~9/30の新作

9/1
HurdleTurtleCelebrations!_ss.jpg

Hurdle Turtle: Celebrations! ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Holmade Games ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2013/09/01

 カメが必死にハードルを乗り越えるお手軽アクションも三周年。オフ2人プレイに対応。

 障害物を回避するお手軽アクション(ただし自由移動が可能)で、ハイスコアをひたすら目指すのみ。今回は単にグラフィックを差し替えたくらいで、ゲームとしての変化は感じ取れなかった。
 それもそのはずで、『Hurdle Turtle』シリーズ三周年、そして『Hurdle Turtle 2』のリリースが間近なことを祝い、とりあえず出しただけのようだ。よって、誕生日パーティーにケチをつけても仕方あるまい。もっとも、もう少し違う形でやって欲しかったが。


9/3
MechanicianAlex_ss.jpg

Mechanician Alex ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Msi/Gtr/Jms ジャンル:キャラクター アクション 2013/09/03

 レトロ風の固定画面アクション。

 工具を拾いつつゴールを目指す固定画面アクション。おそらくレトロPCゲームをイメージしているのだと思われる。なお、スマホからの移植作品のようだ。
 このデベロッパは『Naoki Tales』などどこかズレている気がしてならないレトロ風のゲームを出しており、本作もまたそのひとつ。なんだか、制作者の曖昧なゲームの思い出話を聞いているかのような作品である。


9/5
StarDeath3000_ss.jpg

StarDeath 3000 ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Beebapps ジャンル:シューティング 2013/09/03

 惑星系を飛ばしてぶつける対戦アクション。オフ2人プレイに対応。

 そこらに落ちている惑星系を拾い、対戦相手に投げてぶつけるだけ。
 要素がほとんどないので叩かれる部分がないのはよい。そのため、面白くなる要素もない。そこらに落ちている石を拾い、道行く人に投げるほうがエキサイティンである。


PABLOSFRUIT_ss.jpg

PABLO'S FRUIT ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Msi/Gtr/Jms ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/09/04

 だからなんだ系、横スクロール2Dアクション。

 フルーツを全て集めてゴールを目指す2Dアクション。先日配信された『Mechanician Alex』と同じデベロッパの開発である。
 遊ぶ意味を感じられないゲームである。破綻こそないが、だからなんだ。主人公より道中のザコ敵のほうが描き込まれていたりとか、そういう下らないことしか印象に残らない。そして何より、スマホからとりあえず移植した作品であり、だからなんだという評価に行き着く。


AvatarHonorandDuty_ss.jpg

Avatar Honor and Duty ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Strange Games ジャンル:シューティング 2013/09/04

 アバターたちがオンラインで戦うFPS(一人称視点シューティング)。オンライン・システムリンクでの16人プレイに対応。

 もはや混ぜすぎてなんだかわからないが、『Call of Duty』と『Medal of Honor』を意識したと思しきアバター対戦FPSである。Xbox360インディーズゲームで人気のあるジャンルなので、その五番煎じあたりである。
 WW2を舞台にしており、レベルによる成長と装備カスタムがあり、マップはひとつでつまらないと内容としても無難だ。そのため、楽しさを求めるより安さを求めるべきなのも当然のことだろう。こう書くのも何度目か。


9/6
ContractVoidJustice_ss.jpg

Contract: Void Justice ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:FrostTree Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/09/05

 どうでもよすぎる選択を迫るアクション。オフ2人プレイに対応。

 宇宙刑務所PPG - 871で暴動が起こり、そこで生き残る見下ろし視点のアクション・ゲーム。服役囚か看守かどちらを敵に回すか選択することができる。
 ……が、その選択の意味がまったくわからない。もともと主人公は悪人を売るバウンティ・ハンターであるし、少なくとも前半には囚人側に何か物語があるわけでもないようで、ゲームとしてもどちらに付くかという意味が感じられない。「鼻をかんだティッシュと、テーブルを拭いたティッシュのどちらが良いか」と聞かれているようなものであり、はっきり言わなくともどうでもいい。


RetroRacerCombat_ss.jpg

Retro Racer Combat ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Flump Studios ジャンル:レース & フライト 2013/09/05

 惰性的な障害物回避レース。

 車を避け続けるシンプルなミニゲームである。なお、ボスはなぜか(おそらく趣味だろうが)シューティングになる。開発は『Super Killer Hornet』などを手がけたFlump Studios。
 正直なところ、無料のWindows Phone版があるだけで十分なのでは。いや、とりあえず出しておけば多少なりとも収入になるという考えからなのだろうが、そのあまりにも惰性すぎる事実を僕は見たくない。


9/7
AvatarSurvivalGames_ss.jpg

Avatar Survival Games ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Raoghard ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/09/06

 武器が異色のアバター対戦FPS(一人称視点シューティング)。オン8人までのプレイに対応。

 またもやアバター対戦FPSであり、Perkを選んだり、経験値を溜める要素もある。ただし、剣や斧、吹き矢やクナイといったやや泥臭い武器が多いようだ。
 安牌を狙った安いだけのありがちすぎる作品だが、何か視点を移動する際の違和感が大きいのは痛いか。まァ、どうしようもない作品よりはまだマシだが、しかし特異な点もこの場においてはほとんどない。よほど宣伝がうまくなければ生き残れないだろう。


9/8
Architektris_ss.jpg

Architektris ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:The Black Bau ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2013/09/07

 プレイヤーの読解力を試す作品。

 ゲーム開始時に購入画面がいきなり出て、それを乗り越えると砦を作る物理演算パズルのようなのだが、作っている最中にいきなりゲームオーバーになり、こっそり使うブロックの指定があることに気づいても、完成した瞬間になんだかいきなり変なものが飛んできて壊されるし、それで「お前の負けだ」と言われるのだからムカつかないわけがない。
 意味不明すぎる……。かなり困惑したが、解読してみると物理演算パズルのようだ。こっそり指定されているブロックを使って砦を作り、CPUの投擲攻撃からボーナス・アイテムを守れば勝利となるようである。だが、レベル1すらまともにクリアできないし、だいたいそういうものだと理解する前にコントローラーを叩きつけそうだ。


ThunderMoonOnline_ss.jpg

Thunder Moon Online ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Bounding Box Games LLC ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/09/08

 月で資源を掘りまくるSF『Minecraft』クローンのオンライン対応版。オンライン・システムリンクでの8人プレイに対応。

 月で資源を掘り、さまざまなメカを駆使して生き残るサンドボックス・ゲーム。いわゆる『Minecraft』クローンの亜種で、『Thunder Moon』のオンライン対応版である。
 どうも元の作品がうまく行かなかったようで、こうして仕切り直しということらしい。前作にあった丁寧な進行はなくなり、本当にSF感あふれる『Minecraft』のようなゲームになった。悪い作品ではないのでうまく行ってほしいところだが、先駆者もいるうえに知名度もあがりそうにない。


9/11
ProjectRap_ss.jpg

Project Rap ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Highbrow Games ジャンル:音楽 2013/09/10

 ラップで韻を踏むゲーム。オフ2人プレイに対応。

 ラップの歌詞の一部が抜けているので、早く正確に韻を踏んだ英単語を選びハイスコアを目指すゲーム。歌詞の作成、フリースタイル、ラップ・バトルといった要素がある。
 これは聞き取りが相当できなければまともにプレイできないのだろう。歌詞が高速で流れるし、韻を踏んでいるかどうか瞬時にわからなければならないし、おそらく歌詞の無茶苦茶さも笑えるのだと思われる。とりあえず僕にわかるのは、日本向けではないことくらいか。


LearnToEat_ss.jpg

Learn To Eat ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Silver Dollar Games Inc._01 ジャンル:その他 2013/09/11

 赤子がご飯を食べる練習をするというかなり大爆笑ゲーム。

 『One Finger Death Punch』を出したせいか、真っ当な作品を出すデベロッパになったと思われたSilver Dollar Gamesだが、本性はこういう出落ち一発ネタのゲームのほうである。
 説明は不要と思われるが、赤子(?)を操作して飯を食わせるゲームである。だが、操作がおぼつかなくなるので、顔や体が汚れて大爆笑……といった具合のようだ。Xbox360インディーズゲームの初期にたくさんあったようなゲームであり、苦笑いを巻き起こしてくれる。


9/12
DirchieKart2_ss.jpg

Dirchie Kart 2 ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:BrownBot ジャンル:レース & フライト 2013/09/11

 アバターたちが妨害だらけのレースをしても平凡。オフ4人までのプレイに対応。

 「妨害要素が強いアバター・マリオカート」と言ってしまえば楽か。コインで装備を買い相手を妨害するレースゲームで、『Dirchie Kart』の続編である。
 前作より実力はつけてきているはずだが、特筆することもなく出来もいまひとつか。せめて妨害のほうにもっと力を入れればと思わなくもないのだが、それはそれで別のゲームに似るだけであり、レースゲームなのに行く宛もないというのか。


9/14
Power-Up_ss.jpg

Power-Up ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Psychotic Psoftware ジャンル:シューティング 2013/09/12

 「本作はタイトルのとおり、パワーアップが必要だ」というつまらなすぎる結論を言わせたいのかシューティング。

 5種類の武器を使い分ける横スクロール・シューティング。敵は前後だろうとかまわずやってくるので、適した武器を使ったり、シールドやブラストを駆使して切り抜けていく。また、最後の人類として戦う復讐物語もウリのようだ。
 STGに疎い人間から見ても没個性的か。いや、パワーアップ・アイテムのマヌケさが飛び抜けていることは事実だが。さておき、シューティングとして基本的な部分にも問題があるように見えるのだから困ったものである。


9/15
NINJASTG_ss.jpg

NINJA STG 忍者武右ヱ門のいちばん長い日 ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:AKAGIKEN ジャンル:シューティング 2013/09/14

 バランス調整をプレイヤーの手に委ねまくったシューティング。

 縦スクロール・シューティング。自身のショットは将棋の駒を模したパワーアップができ、カタナで敵弾を弾き返すことも可能だ。また、RBを押し続けることでゲームの速度を自分で決めることが可能である。
 「速度調整もできるし、体力も自動回復するうえ、弾をはじける刀もあるので、深く考えてなさそうな敵配置・攻撃でもOK」という一見ふざけた調整は、プレイヤーが難易度の微調整をできるゲームと解釈すべきか。もっとも、それをまったく調整したくならない内容なので、これはNINJA向けの修行だと思われる。(一応、ゲーム中のスクリーンショットを用意しておいた。)


Valkyrius_ss0.jpg

Valkyrius ¥500 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Firestorm X ジャンル:シューティング 2013/09/15

 ワープを使いこなす縦スクロール・シューティング。オフ2人プレイに対応。

 4方向のワープを使いこなす縦スクロール・シューティング。ボタンで各方向へ短い瞬間移動ができるので、それで敵の弾を避けることが可能だ。ほかには、金を集めてアップグレードを購入できるほか、ギャラリーや実績のようなシステム、オフラインの協力プレイが存在している。
 ワープのおかげで回避がしやすく、STGにおける複雑な要素を取り除けているだろう。そして、500円取るだけあって要素も充実している。気にかかるのは、やや画面上の演出が薄味に見えることと、ワープがあからさまにわかりやすい特徴にはなっていないあたりか。


9/20
yubi_ss

一>◇ ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:HITMARK BROTHERS ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/09/19

 なんて呼べばいいのかさっぱりな豆育てミニゲーム。

 実に奇妙なタイトル『一>◇』が目を引く作品だ。ここまで印象的な題はなかったかもしれない。さておき内容は、発芽した豆を植え、水をやって木にし新たな豆を収穫して、木をこすってロケットにして豆を入れて飛ばす……、ということを繰り返し続けるミニゲームである。
 しかしながら、まずゲーム中に説明がなく、Xbox.comの詳細には説明があるもののそれも(AボタンとXボタンを)間違っていたりと、理解する前につまづきそうである。ましてや本作、指で豆をいじるという操作があり何かの合間に遊ぶミニゲームなので、どうもスマートフォン向けに見える。よって、題を見た時の感動はどこかへ消えた。


PaintWars_ss.jpg

Paint Wars ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Pascalomania ジャンル:懐かしのゲーム 2013/09/19

 何もない戦争。オフ2~4人プレイに対応。

 ここは砂漠の荒野だ。だというにも関わらず、神は何かを争えと言っているのだ。水や食料を取り合うならともかく、砂しかないこの場において、何を争えというのかッ!
 などとポエミーなことを言いたくなる対人戦のみの全方位シューティングである。……これ以上、何を言えというのだ。これには、何もなさすぎる。


9/23
SixOClockHigh_ss.jpg

Six O'Clock High ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:ColePowered ジャンル:シューティング 2013/09/22

 空中ですれ違うかのようなドッグ・ファイト・ゲーム。オフ2人プレイに対応。

 戦闘機でドッグ・ファイトを繰り広げるゲームである。パワーアップを購入でき、ハイスコアを目指す。ふたりプレイも可能とのこと。
 陽気な音楽に身を委ね、気軽にドッグ・ファイトを遊ぶというのは良い。しかしながら、そこから先に何もなさそうである。あるいは、単純ではあっても楽しみは噛み砕けていないのかもしれない。


9/24
CootiesPatientZero_ss.jpg

Cooties: Patient Zero ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Silver Dollar Games Inc._01 ジャンル:その他 2013/09/23

 感染症を防ぎつつ美女と“デートのみ”するクソふざけゲーム。

 Silver Dollar Gamesが得意とする悪ふざけ全開の実写ゲームである。感染症(厳密にはスラングとしての意味を指していると思われる)を持った主人公として、できるだけ女性に触れずにうまくデートをしていく。なお、全編フルボイスで字幕はない。
 下品な表現が多数出てきて、くだらないミニゲームがあり、とりあえず実写の女性が出てくるという相変わらずのクソふざけが見れる作品だ。なお、本作品のメニューに「Awards and Accolades」というSilver Dollar Gamesに対する罵倒を集めたものがあり、それをわざと乗せてくるあたり本当に救いがたい。


CrystalQuest_ss.jpg

Crystal Quest ¥300 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Ranylix ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/09/23

 成長を楽しむRPG。オフ4人までのプレイに対応。

 自身のキャラクターを鍛えつつ、敵中にあるクリスタルを探すRPG。作品の骨子は、協力プレイをしつつキャラクターの成長を楽しむ部分のようだ。
 成長要素を楽しむゲームのため、デモ版では理解しづらいのはつらいところか。メニューや操作も洗練されてはいないが、とにかく語るのであれば先を見なければならないだろう。まさしく成長を見届けねばならない作品で、まずそこでつまづかれてしまうかもしれず。


SuPeCa_ss.jpg

SuPeCa ¥300 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:n-Dot ジャンル:レース & フライト 2013/09/23

 サイドビュー・レース・ゲームのような障害物回避アクション? 開発は『engram』などを手がけたn-Dot。

 車のタイヤを上下に動かし、障害物を避けてなるべく速くゴールするサイドビュー・レース・ゲーム。ショップが存在しており、残機やアップグレードなどを購入できるようだ。基本的に牧歌的なゲームスピードで進行する。
 本作は「いかに障害物(減速)を避けるか」に集約されており、「いかに速く走るか」というレースには見えない。ましてやコースのデザインも退屈で、爆弾を踏んだりダッシュした時以外は亀の歩みであり、ポンコツ・カーを乗り捨てて自分の足で走り出したくなる。


9/25
DwarfMadness_ss.jpg

Dwarf Madness ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:The Unallied ジャンル:シューティング 2013/09/24

 ドワーフがひたすらに金を集めまくる全方位シューティング。オフ4人までのプレイに対応。

 まず、タイトルを見てローグライクあたりかと思いきや、全方位シューティングである。そして敵を倒しつつコインを集めるだけのゲームプレイかと思いきや、お金を溜めて銃やギアを買い、それを利用してまたコインを集める……というのが目的のようだ。
 「金を溜めて装備を買いそれで金を溜める」という装備の充実を楽しんでいくゲームとして見れば、安価なのでそれなりの線は行きそうだ。もっとも、カネ集めは単調かつ地味極まりなく、金貨を入れた袋で制作者を殴りたくなってもおかしくはなさそうである。


TheUsefulDead_ss.jpg

The Useful Dead ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Ianthraxx ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2013/09/24

 仲間の死体を笑顔で蹴り飛ばすアクション・パズル。開発は『Bleed』を手がけたBootdisk Revolution。

 いつもニコニコ楽しそうな動物たちは、自身の死をもってこの謎を解くことになんら違和感を覚えない……! という、軽くイカれているアクション・パズルである。ステージはひとりでクリアできないので、あえて死に、その死体を利用して次の動物にクリアしてもらうのだ。
 かわいい絵柄に強烈な設定で、掴みはOKだ。アクション・パズルとしての出来もまずまずで、窓口も広い。あとはどれくらい印象に残せるかの勝負であろう。


StarRunner_ss.jpg

Star Runner ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Revolvus ジャンル:キャラクター アクション 2013/09/24

 シチュエーションを描くことを重視した1ボタン障害物回避アクション。

 ゾンビから逃げつつ一般人を餌食にさせたり、NINJAと一緒に屋上を駆け抜けたり、飛行機の上で飛んでくるピザを取ったりと、ゲームボーイのようなモノクロ世界でひょうきんに描かれる障害物回避アクション。
 無論、Aボタンを押すだけの簡単なゲームであり、デフォルメされた絵柄なのに毒があり、手触りは良い。とはいえ、面白い状況を描くという部分以外においては、なんだか平凡なようだ。


9/27
AngryBlocks_ss.jpg

Angry Blocks ¥300 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Earth Base Games ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2013/09/26

 怒れるブロックを消す過程でプレイヤーが怒りを溜めるパズル。オフ・オンでの2人プレイに対応。

 “どこで使うのかまったくわからない写真素材のような顔”をしたブロックが上から降ってくるので、それを雲で受け止め任意の場所に落として消すパズルゲーム。要は、同じ色を3つ繋げて消せというものだ。
 レベルが上がっても色が増え速度があがるだけらしいのが最大の不満だが、そもそもレベル1から2の過程で退屈すぎて血管が破裂しそうであった。もはやこのブロックのふざけた顔を見ただけで、服の袖を噛みちぎりそうになる。


TheHeckler_ss.jpg

The Heckler ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Silver Dollar Games Inc._01 ジャンル:その他 2013/09/27

 Silver Dollar Gamesの量産型出落ちゲーム、第いくつかもう数えたくない弾!

 棒立ちで喋るだけの演劇を見て、プレイヤーがヤジを飛ばすのを我慢するゲーム。ヤジを飛ばすと得点になるが、やりすぎるとゲームオーバーになるようだ。つまり、「どれだけクソつまんねえ劇を見てられるカナカナ!?」という、プレイヤーを挑発しきった作品なのでは。
 怒れば相手の思う壺かもしれないが、しかしこんなファックを体現した作品に何も言わないのは問題だ。まるで“かまって欲しさにイタズラするクソガキ”だが、成長する見込みが薄いので絶望的である。


9/29
PokerDate_ss.jpg

Poker Date ¥300 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Mikirius ジャンル:テーブル ゲーム 2013/09/27

 絵柄の違う美少女とポーカー・デートを楽しめるゲーム。

 3人のヒロインからひとりを選び、一対一のポーカー対戦ができる。勝つとその子が手に入るらしい。彼女たちは同じ星の人間と思えないほど絵柄が違うし、まったく顔に合ってない声なのも魅力か。
 最高で100しかレイズできないのに、1,000単位でチップを持っているのでかなり勝負がつかない展開や、眼光が鋭くヒロインより目立っている主人公など、これは常人の考えるようなデートではない。


XSEED_ss.jpg

X S.E.E.D ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Mikael Tillander ジャンル:アクション & アドベンチャー 2013/09/28

 すべては花まかせな2Dアクション。

 小さな島で発生したフラワー・アウトブレイクを解決するため、S.E.E.D科学者が特殊な花の種を駆使し、凶暴化したフラワー・モンスターたちを除草しまくる2Dアクション。残機制である。
 種を撒いて咲いた花が自動で攻撃するため、プレイヤーは遠くから種を撒くだけだ。よって、難易度自体は低い。そのためにミスの損失はかなり大きく、残機も少なくコンティニューもない形式である。このシステムに何か意味があるのかというと疑問だが、2Dアクション好きとしては良くも悪くも気になる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント