長い長い中古対策に付き合うのも、ようやく終わった…… Gears of War: Judgment 05

終わり良くなければすべて良くない

gowj_05_01.jpg
待ちわびた「放蕩」解除の瞬間である

 『Gears of War: Judgment』はもう数ヶ月もまともに遊んでいないが、ようやく最後の実績が解除され、このつらさから解放された! 何がつらいのかというと、毎週変化する死ぬほど面白いスペシャルなイベントを、なんと現実世界で30週間も遊ばねばならないという、つらい実績があったのだ。

 もはやすっかり遊び終えたゲーム、つまり“飽きたゲームなのに、いちいち毎週起動してあるかどうかわからない更新をチェックしなければならない”という行為、これは多大なストレスとなった。当たり前だが、やりたくないことを半ば強要されるとなると、不愉快で仕方ないのだ。ましてや遊びの範囲では。

gowj_05_02.jpg
叩き割りたくなるメダルもいただけた

 なぜそんなふざけた実績があるのかといえば、それはおそらくプレイヤーがゲームを手放すことを恐れてだろう。つまるところ商業的な理由からなのだろうが、本当にそういうのが嫌でたまらない。せめてゲームのルールとして意味のある形にしてもらいたい。

 たとえどんなジャンルであろうと、たとえば家庭用据置機のゲームであろうとオンラインゲームであろうとソーシャルゲームであろうと、ゲームであることを差し置いてほかの理由を優先する作品には、中指を立ててやる。本作はこの「プレイヤーに長く遊んでもらうための措置」以外は割と好みなのだが、これのおかげで心象は最悪だ。

gowj_05_03.jpg
購入してから半年以上も経って、ようやく実績コンプ……

 ともあれ、もう終わりなのだ。しかもこれからは、一日一度のリボン(プレイ回数のカウント)更新が行われるようなので、嬉しいような今までの時間はなんだったのだと怒りたいような。ああ、ぐしゃぐしゃで何がなんだかわからない。

 やはり、飽きたのにやめられない(厳密には、やめにくい)ゲームは嫌で仕方がない。長く遊んで欲しいのならば、ルールで強引に引きずるのではなく、きちんとそれ相応の対価を払うべきだろう。なぜゲームを楽しもうとしているというのに、おそらく作る側も楽しいものにしようとしているのに、こういうつらい思いを無神経にねじ込んでしまうのか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

スーパースター?だったかな、シングルで全部の星を獲得の実積は取ったのですが追加DLCの累計実積や2周プレステージ、ウォーサポーターは自分も取る気にとてもなりませんでした…
スクショで獲得実積が2826/2827となってますがこれだけゲーマーなSSDMさんを諦めさせた実積が何なのか気になります。

プレステージは稼ぎポイントがありますが、DLCの累計実績とかはめんどくさいですよね。 僕も一緒に遊んでくれる方がいなければ、全部取れたかどうかという感じです。

で、よくぞ聞いてくれました。取れていない実績は『Shadowrun』というゲームの「ゴッドライク」という実績です。これは名のとおり、神の如きプレイをしなければ取れないので、取得プレイヤーの99.9%くらいは談合して取っています。
ただ、僕は『Shadowrun』に思い入れがあり、しかも自力でほかの難しい実績も取ったということもあって、少なくともこの作品では談合はしないという方針なのです。よって、解除できないことに満足している実績なわけですね。
非公開コメント