「Xbox LIVE インディーズゲーム 配信作品3000本突破記念 5年間、3000本の歴史を振り返る」 第二部 XBLIGの良し悪しは、ピアレビューの良し悪しか

Xbox LIVE インディーズゲーム、3000本の歴史を、今度は5人で振り返る


xblig3000_01.jpg

 Xbox360で、クリエイターが好きなゲームを配信できる仕組み「Xbox LIVE インディーズゲーム」(以下、XBLIG)も始まってからはや5年。プロ・アマ問わずさまざまな制作者がいくつもの作品を配信しており、なんとXBLIGで配信されている作品は(国内のみでも)3000本を越えたのであった。

 第一部では、SSDMと模範的工作員同志が3000本の歴史を振り返る対談を行ったが、第二部では開発側から見たXBLIGについてを捉えようと考えている。そのため、XBLIGで『メゾン・ド・魔王』を生み出したプチデポットの皆さんを交え、対談を行った。

 『メゾン・ド・魔王』はXbox LIVE インディーズゲーム向けに制作されたが、その後にPC版をPLAYISMで配信し、更に品質を認められ、Steamという巨大なプラットフォームで配信されるようになったほどの出世作である。同じ作品でいくつかの市場を見て、かつXBLIGに詳しい彼らに話を聞けば、よりこの場のことがわかるはずだ。


SSDM

工作員

めづかれ

しごと

ことり
毎日ムキムキの管理人で4流ゲームライター。低評価ゲームを追い続ける強靭な狂人。プチデポットのリーダー。プチデポットの開発担当。プチデポットの画像担当。

SSDMでは今度は、プチデポットの皆さんを交え、開発側から見たXBLIGについてを伺わせていただきたいと思います。まずは自己紹介をお願いします。
めづかれプチデポットのリーダー、めづかれです。今回はXBLIGについてなのですが、めちゃめちゃ詳しいわけではないので、メンバーのふたりがいっぱい喋ってくれると思います(笑) よろしくお願いします。
ことりプチデポットの画像担当、ことりです。よろしくお願いします。
しごと同じくしごとです。よろしくお願いします。
SSDMありがとうございます。では、プチデポットさんとXBLIGの関わりについてお聞きしたいのですが、最初期からXBLIG向けに制作をはじめようとしていたわけですよね。
しごと実は最初、XBLIG向けに3DのRPGを作ろうとしていたんです。ただそれは、半年くらいで諦めました。
ことり「やっぱ3Dとかキツいから2Dでいこう」(笑) ということで『メゾン・ド・魔王』に移行しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加


コンシューマー・ゲーム機で自作ゲームを配信するという魅力

maisondemaoh_01.jpg

SSDMそのころはXBLIGについてどのような印象を持っていましたか?
しごとコンシューマー・ゲーム機(家庭用据置機)で作品を出せるというだけで、もう出そうと思いましたね。あとはXbox360も好きなので。
ことりそうそう、嬉しいので出さなきゃ出さなきゃとなりましたね。
めづかれもともとXBLIGは『まもって騎士』とかでネットで騒がれたりしていましたし、よその場所で作品を出すより目立つかもしれないと思いました。しごととことりに話を聞くと、XBLIGは面白いゲームもあればクソみたいなゲームもあると。そこである程度のものを出せば、やはり目立つわけですよね。
SSDMそうですね。ここも競争がないわけではないですが、正面から勝負するゲームは多くないですからね。
めづかれあくまで結果論ですが、よそで出したら埋もれてしまって目立たなかったかもしれないので、スタートとしては悪くなかったと思います。
SSDMなるほど。好きな場所で、かつ可能性もあったから挑戦してみたというわけですね。
ことり最初は「Xbox360で出してみたいんだけれども、どう思います?」とめづかれに聞いてみた感じです。
めづかれあとは、ジョイパッド(コントローラー)のあるハードで出したいというのもありました。一般の個人で出せるとなると、少なくとも当時はXbox360しかなかったです。基本的にプチデポットはやりたいことにダメと言わないので、まずは出したほうがいいかくらいな感じでした。なので、そういう思いがあったというわけですね。
SSDM少し気になるのですが、このXBLIGの市場はひどい作品も多いじゃないですか。そこに出す不安はなかったですか?

xblig3000_ss07.jpg xblig3000_ss08.jpg

しごとむしろ、面白いかなと思いましたね。
ことり注目を浴びずに消えてもいいかな、というくらいでした。
めづかれものすごく売れようというような野心はないんですよ。『メゾン・ド・魔王』がSteamに出た時も、周りの人がすごいすごいと言ってくれたけれども、あまりピンと来なかったですね。とにかく、面白いゲームを作るためにXbox360というハードで出そうという話でした。
ことりあとは、XBLIGに良い作品が集まれば作り手の人も集まってくれるかなと思って、そのために、私たちもできるだけ良い作品を出せればいいなと考えていました。
しごとえ!? そこまで考えてたの?!
ことり思ってたよ!(笑) ただ、出すのが遅くなってしまったので、そのころにはXBLIGに来てと言いづらくなってしまいましたけど。
SSDMなんというか、そこまでピュアな気持ちで制作されていたというのは本当に驚きますよね。
  (一同笑い)
工作員そうですよ! 『メゾン・ド・魔王』は本当にXBLIGで出すようなゲームかと思いましたもの。
ことりここで出したことに関しては、なんの後悔もないですね。
工作員遊んでいる側としてはXBLIGの魅力というのはありますが、開発する方にとってそこが魅力に見えるのは意外でした。
SSDMXBLIGはコントローラー・マッサージャーが最初に流行したような場所ですからねえ。
ことりあれも最初はよかったですよ。コントローラーに意外な使い方があるというのは、新鮮でしたから。

自由にできるはずのピアレビューにおける苦痛

peerreview.jpg

SSDMただ、そんなXBLIGで配信するには苦労されたようですね。
しごとそうですね。マイクロソフトの運営にも問題がありましたし、何よりピアレビュー(XBLIGは、ゲームの制作者同士で規定の要素を満たしているかの審査をし、それに通過すると配信ができるようになる)というシステムに弱りました。
SSDMピアレビューは初期からさまざまな方が問題をおっしゃっていましたし、あのクレイ・シュバイナーさんも文句を言っていましたね。
ことりやっぱり自分のゲームをレビューしてくれた人に対して、レビューをし返してあげないとまずいわけじゃないですか。それで、その作品が面白くなくても、エラーが出ていないと差し戻しはできないわけですよ。おまけに、自分の作品を通すために、やりたくなくても次から次へとやらなきゃいけないという地獄なんですよ(苦笑)
しごととあるデベロッパさんのジグソー・パズルに対して、ある開発者さんが「これは本当に世に出したくはないけれども、エラーがないからパスせざるを得ない」とおっしゃってました。
SSDMかといって、内容について口出しできるようになると、通らない作品のほうが多くなってしまいそうですしね。
工作員マイクロソフトがXBLIGを始めると言った時には、自分たちの自由にやらしてもらえるような好意的な意見が多かったと思うのですけれども、なかなかうまく行かなかったみたいですね。
ことり良いコンテンツがたくさんあるなら、ぜんぜん苦にはならないはずなんですが……。

PuzzlePerfection_ss.jpg
うわさのジグソーパズル

なんでもできるということは、困ることもありつついいことだ

SSDMただ、現在は3000本の作品が出ている場所になりました。初期のころと変化を感じられたりはしましたか?
しごと最初と違って、運営が諦めはじめたのかな? という感じはありましたね。
工作員それは具体的に何かあったんですか? それとも次第に雰囲気で?
しごと2013年8月に現地通貨制度に切り替わったのですが、それから売り上げが全部0ポイントになってしまったんですよね。それについて問い合わせをしたのですが、対応がなかなか……。
SSDMやはり初期に比べると割く人員も減ったりしているでしょうからねえ。とはいえ、困った話が過ぎますが。逆に、ピアレビューやXBLIGのシステムにおいて良かったことはありますか?
しごとやりたい放題できるというのは良いですね。
ことり「えっ、こんなの出ちゃうの!?」という作品が出てくるのもいいところでもありますし。
SSDMその恩恵を一番に受けているのは工作員さんですよねえ。
  (一同笑い)
工作員本当にそうですね。起動しないゲームも5本ほど買わせていただきました。
しごとあと、判断が難しいところなんですが、『The Undead Syndrome』という作品のタイトル・ロゴに、東日本大震災で流されたご自宅の絵を使われているんですよ。

xblig3000_ss17.jpg
ムカゴソフトのロゴは、家が流されている場面である

SSDM……え? すいません、もう一度、言ってもらっていいですか?
しごと開発者であるムカゴソフトウェアさんが東日本大震災で被災されて、痛ましいことにご自宅の一階が津波で流されてしまったそうです。なので、そのイラストを起動時のロゴに使っていらっしゃるのです。
SSDM(思わずよくわからない声を出す) そういう思いを形にするのはもちろんよいとは思うのですが、なんというかこう、思わぬところにすごい衝撃があるというか。
工作員……本当に強いなあ。XBLIGの作者さんは我がすごい出ていることが多いですよね。ただ、「そこまで教えてくれていいのか!?」というケースもなくはないですよね。

○ 「Xbox LIVE インディーズゲーム 配信作品3000本突破記念 5年間、3000本の歴史を振り返る」 第二部 奇妙なものも、おいしいものも、すべてまとめたXBLIG
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1690.html

コメント

非公開コメント