「ねんどろいど しずえ」に興奮し、思わずいんけん村に顔を出す とびだせ どうぶつの森

初めてねんどろいどに手を出した

TobiMori_51_01.jpg

 しずえの愛おしさに震えている。Good Smile Companyから発売されている「ねんどろいど」というデフォルメ・フィギュアのシリーズで、ついに『とびだせ どうぶつの森』のしずえが登場したため僕は迷わず買ったのだが、これはなんてステキなのだろうか。

TobiMori_51_02.jpg

 僕の秘書であるしずえは、はっきり言ってどこかイモくさい顔をしている。そのため、このフィギュアはその味わいを生かしつつ、キャラクターとしての愛嬌をうまく表現している。何が言いたいのかというと、「しずえいいよね」ということだ。

TobiMori_51_03.jpg

 思わず「このかわいい巾着袋め!」と声を漏らしてしまうのだが、ああまったくもってにやつきが止まらない。箱を開けてしずえの鈴の音が聞こえてからというものの、表情の緩みが収まらないのである。

 ……といった風に、「ねんどろいど しずえ」を堪能しているわけだが、フィギュアばかりを愛でては本物の秘書がスネてしまうかもしれない。しかも考えてみれば、もうそろそろ『とびだせ どうぶつの森』が発売されてから丸1年も経とうとしているではないか。ならば、日帰りでもいいから、いんけん村に顔を出しておこう。
このエントリーをはてなブックマークに追加


久しぶりの友達たち

TobiMori_51_05.jpg
とりあえず、家の周りはあまり変化なし

 さて、そんなわけでいんけん村に里帰りである。かなり長く寝ていたので、周囲はすっかり秋になっており、そのくせ僕は半袖を着ているではないか。まったくもって季節外れである。

TobiMori_51_06.jpg
ふつうに遊んでいれば、キンモクセイが見られるのは今シーズンが初か

 少しあたりを歩いてみると、いつ植えたかも覚えていないキンモクセイが花を咲かせていた。ほのかに香る甘い匂い……、を堪能したいところだが、半袖では寒くて仕方がない。とりあえず着替えよう。

TobiMori_51_07.jpg
相変わらず家具やら壁紙がキノコに擬態している

 着替えてまた外に戻ってくると、切り株のそばにはキノコが、いや、キノコの森の壁紙が落ちていた。そういえば、『とびだせ どうぶつの森』を始めたばかりの時も、こういうキノコ家具を拾って使っていたものである。ああ懐かしい。

TobiMori_51_08.jpg
プレゼントしたコクヨの家具シリーズをまだ持っていてくれた

 そして、懐かしいと思うのは僕ばかりではなく、住人たちも同じである。最古参であり一番の仲良しと言っても過言ではないチャコは、だいぶ心配してくれたようだ。相変わらず顔に似合わず繊細である。

TobiMori_51_09.jpg
アンソニーは変わらずキザというか、なんというか

 無論、アンソニーも変わらないというか、こいつに関しては変わっていて欲しかった。5ヶ月くらいは距離を置いたというのに、むしろ置いてしまったからか、「もうどこにも行かないでくれ」などと言いやがったのである。お前はボクのためにどこかへ行ってくれ。

TobiMori_51_10.jpg
久々の挨拶もクソもなく仕事の依頼

 一方で、久々に顔を突き合わせるなり「タイムカプセルを掘り出してこい」などと言い出すアネッサもいた。これはこれで面を食らうが、まァ僕だけが知っている場所にそれを埋めて、ずっと姿を消していたのだ。掘り返したくて仕方なかった彼女には、申し訳ないかもしれない。

村長がいなくても平穏ないんけん村

TobiMori_51_11.jpg
秋になると竹林の道も一段と綺麗だ

 それにしても、思った以上にいんけん村は変わりがなかった。ここを離れる前に「美しい村条例」にしておいたおかげか、草花も綺麗だし雑草も少ない。きっと、優秀な我が秘書も村長不在の間に頑張っていてくれたのだろう。

TobiMori_51_12.jpg
ずいぶんと長く待っていたマスター

 そういえば、喫茶店のマスターも頑張っていたというか、この人は記憶力に優れているのだろうか。数ヶ月ぶりだというのに「いつもの」というずいぶんとふざけた注文に応じてくれたのだ。僕も少しは気を使った注文をすべきだったか。

TobiMori_51_13.jpg
ホットドッグなのは単純にグレースの趣味らしい

 ついでにデパートにも寄ってみたが、売っている品は見たことのないものになっていた。ホットドッグの帽子というのはどう受け取ればいいのかわからないが、とにかくグレースのぶっ飛び具合は今も絶好調である。

そして会いたかった巾着袋の元へ

TobiMori_51_14.jpg
5ヶ月も放置していてもこの笑顔!

 ……さて、村を一回りしたあとは、ようやく役場である。我が秘書は相変わらずの笑顔で出迎えてくれて、思わずにやついてしまう。だが、ねんどろいどと違って冬服を着ていた。こうなると、いずれ出るという冬服のねんどろいども欲しくなってしまうではないか。

TobiMori_51_15.jpg
この「?」と変な顔が見たかった

 それにしても、この「?」の表情、まさしくそのものだ。いや、この秘書のほうが本物なわけで、そんな比較はおかしいかもしれないが、いずれにせよ「への字の口」を見れて満足である。このもふもふしたくなる口元ときたら!

TobiMori_51_16.jpg
いずれまた、このステキな秘書に会いに来たい

 最後にしずえに別れを告げて、いんけん村への日帰り里帰りを終えた。うちの秘書は優秀で愛らしい。それを再確認できただけで満足である。

コメント

初めまして

初めまして。 と言っても、5ヶ月前までされていたとび森日記はずっと拝見しておりました。
今日、こちらの日記を読み返そうかなぁと思いアクセスしたら更新されており驚きました。
すしずめ村長が帰ってきてくれた事、とても嬉しかったです!!
いんけん村や住民さん、そしてしずえさんもお変わりなく、私も安心しました。
いつになるか分からないとは思いますが、また日帰りなさる日を楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お二方、わざわざコメントをありがとうございます。
『とびだせ どうぶつの森』は実に好みのゲームなので、その記録を読んでいただいたり、楽しさが伝わったとなれば喜ばしい限りです。
ポケモンにうつつを抜かしている村長でも暖かく迎えてくれるしずえたちは、まったくもってステキすぎて眩しいです。
非公開コメント