物語や選択の意味は極めて薄く、やはりステルスが肝要か 『Dishonored』 02

クリアはしたが、それ自体にこれといった意味はなく

Dishonored_02_01.jpg
王女の描いたコルヴォの似顔絵だが、なぜかわざわざ仮面のものを描いてくれる

 『Dishonored』をようやく一周クリアすることができた。中盤の脱出ステージだけやたらと長くてゲロを吐きそうだったが、その後は無難なペースになっており助かったというか、あのステージだけ異様だった。

Dishonored_02_02.jpg
無意味に好意的であり、無意味に敵対もするサミュエル

 なお、当然のごとく発見されまくり殺しまくりでプレイしていたので、カオスなるものが高くなっていた。ただ、これの意味があまり良くわからず。具体的に感じ取れた変化としては、かなり協力してくれた人がいきなりこちらに嫌がらせをしてきたことくらいである。

Dishonored_02_05.jpg
最後の戦いからエンディングにかけても、演出はかなりあっさりしたものとなっている

 また、物語はかなり軽かったが、これは予想通りであろう。そもそも裏切られる主人公の復讐心の描写があっさりで、物語がゲームの前置きでしかないことは最初から明確であった。更に、アウトサイダーといった謎めいた存在も本でオマケ的に語られる形であり、これもステルス・アクションありきの付属物である。

 そんなわけで、やはり物語や選択の意味などどうでもよく、周回してステルスを楽しめという作品なのだろう。とりあえず実績埋めをしてから二周目でノーキルを目指そうと考えているが、はてさて今度はまともに遊べるか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント