Xbox360インディーズゲーム 2014年 1/1~1/31の新作

1/1
TIMEVIKING!!!!!ANDSPACERAPTOR_ss.jpg

TIME VIKING!!!!!ANDSPACERAPTOR ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Ska Studios ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/01/01

 Ska Studiosのイカれたバイキング・シューティング! オフ2人プレイに対応。

 未来に飛ばされたバイキングが、兜から出す電撃でメカ・ニンジャやインベーダーどもを倒しまくるブッ飛んだ全方位シューティングである。なお本作は、XBLAの『Charlie Murder』などを手がけたSka Studiosと、有限会社Neurologische Entwicklungの共同プロジェクトだ。
 音楽に合わせて敵の出現やエフェクトが変わるのが特徴で、つまり『I MAED A GAM3 W1TH Z0MB1ES!!!1』とかなり近い手法で作られている。ゲームプレイはやや大味だが、名のあるデベロッパが安定した作品を出したと言えるわけで、人気は出そうだ。


1/7
SolarChaos_ss.jpg

Solar Chaos ¥300 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Solid Roots Ent. ジャンル:戦略 & シミュレーション 2014/01/01

 太陽を守る衛星タワーディフェンス。

 衛星を配置して太陽を守るタワーディフェンスである。配置した衛星は当然のごとく回り続けるので、それを利用してエイリアンや隕石を防いでいくのが目的となる。
 序盤しか遊べないので判断は難しいところだが、出来自体はそれなりのものである。ただし、操作はPCで遊ぶことを前提にしてあるような印象を受けたうえ、回転する衛星を配置するのはいろいろ手間になりそうな気がしたが、そもそも作品が目立たなさそうなことに比べれば些細な問題であろう。


AbductionAction!Plus_ss.jpg

Abduction Action! Plus ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Fun Infused Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/01/06

 あのアブダクション・アクションが帰ってきた!

 UFOから発するトラクター・ビームで牛やニワトリを誘拐したり、人間どもをぶち殺すアブダクション・アクションである。2010年に配信された『Abduction Action!』の要素追加Verとのこと。
 タイトルは確かに衝撃があるのだが、遊んでみると地味極まりない部分はどうも変わらないようだ。もっと宇宙人が誘拐を繰り広げる奇妙な興奮と、拭い切れない胡散臭さが欲しいところ。今は単なるUFOによる労働アクションと言えそうなくらいに、地味である。


1/13
EscapePod_ss.jpg

EscapePod ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:LittleGreenBob ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2014/01/12

 問題があるのは仕方ないにしても、やる気のほうもあまり感じられないパズル。

 自分が一歩うごくと必ず同じく一歩うごくスライムを相手にし、先に脱出ポッドを目指すパズル・ゲームである。全120レベルで、レベル・エディタも付属しているとのこと。
 相変わらず問題が多く、そもそも見てくれがつらいのは仕方ないにしても、悩まされたステージのあとに簡単なものが来たりもする。更に本作は『Lights Out』の流用作のため、落下死という概念は不要なのにパネルの外に落ちると落下する仕様も引き継いでいたりと、見劣りするだけでなくやる気も感じられないゲームとなっている。


1/20
ZombieMineQuest_ss.jpg

Zombie Mine Quest ¥300 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Anthony Popp ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/01/19

 ダンジョンを探索しながらゾンビ・ウィルスと戦うローグライク。

 Zウィルスに犯された世界で、Nアンチウィルスを探すためにダンジョンを冒険するRPG、つまりローグライクである。主人公やマップをテキストのみで表示することなども可能となっている。
 深いところは潜らねばわからないのでさておき、タイトルからは『Minecraft』クローンのようなニオイを漂わせていると思われるのだが、それに集まった人たちが好んで遊ぶかは難しいように見える。チュートリアルはきちんと存在するが、画面が情報過多なので、不慣れな人に遊ばせたいのであれば整理が欲しいところ。


AttackoftheZombieHorde2_ss.jpg

Attack of the Zombie Horde 2 ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Krooked Gaming ジャンル:シューティング 2014/01/19

 ランクや装備を鍛え続けるゾンビ全方位シューティング。オフ・オンでの4人プレイに対応。

 フレンドと共にゾンビを撃ち殺しまくり、ランクをあげて武器・Perkを入手して楽しむ全方位シューティング。『Attack of the Zombie Horde』の続編である。
 今作はオンライン協力プレイに対応し、更にゲームの主軸を数値の蓄積に変えたようである。このちまちまとランクを上げたりする遊びはやはり流行であり、全方位シューティングとの組み合わせは(少なくともこの場では)意外と盲点かもしれず。質も、前作と同じくここでは上々だ。


1/22
WarthogWars_ss.jpg

Warthog Wars ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Matthew Mistele ジャンル:シューティング 2014/01/22

 表面まではうまく描けている全方位シューティング。オフ・オンでの4人プレイに対応。

 ウォートホッグを操り敵と戦う全方位シューティングである。モードはいくつかあり、ミッション・サバイバル・マルチプレイ・ストアといった要素が存在しているとのこと。
 メニュー画面などは割ときまっているのだが、いざゲームを始めるとレゴブロックが散らばっているような状況になる。また、“全方位シューティングなのにカメラワークが悪い場面がある”というレベルの出来だが、いずれにせよ表面だけはごまかせているので、それで満足すべし。


LittleRocketGirl_ss.jpg

Little Rocket Girl ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Toolkitz ジャンル:シューティング 2014/01/22

 ロケット・ガール「カナ」の反逆シューティング。

 奴隷プログラムから逃げ出した「カナ」が、世界をロボットで支配している女帝を殺すため、ロケット・パックを駆使して戦うシューティングである。手描き感が溢れすぎるイラストによるカットシーンも特徴だ。
 ふわふわとした挙動のため操作はしづらいが、プレイ内容は単調に感じられる。デモ版の範囲ではとにかく出てくるものを破壊するだけで、かつゴリ押しするだけでなんとかなるため、3種類の武器の差などもよくわからない。とりあえず、買うなら素朴なイラストを見ることを目的にしよう。


1/24
DownGateDeathmatch_ss.jpg

DownGate Deathmatch ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Gristmill Studios ジャンル:シューティング 2014/01/24

 ボクセル・スタイルで戦うマルチ対戦FPS。オンライン16人プレイに対応。

 ジェット・パックやグラヴィティ・ブーツを駆使して戦うボクセル・スタイルの対戦FPS(一人称視点シューティング)である。『Quake』や『Unreal Tournament』から多大な影響を受けている作品とのことで、シングル・プレイも用意されている。
 古典的な対戦FPSに『Minecraft』の要素を少し足したといったところ。同デベロッパの作品『Xenominer』と同じく品質はなかなかだが、人を集められるかが気がかりか。

 なお、最初に名前を入力する場面があるのだが、日本語を入力すると当然のようにエラーコード4が出るので注意されたし。


1/27
TenThousand_ss.jpg

Ten Thousand ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Aztecgames ジャンル:懐かしのゲーム 2014/01/26

 『シックスダイス』などと呼ばれるアナログ・ゲームのオンライン対応版。オフ4人、システムリンク・オンラインでの16人プレイに対応。

 6つのサイコロを転がし、そこから任意の役を作って点数を稼ぎ、10,000点を目指すという遊びだ。『シックスダイス』、『Farkle』、『Five Thousand』などと呼ばれるゲームが元の題材である。
 古典的なアナログ・ゲームをとりあえず移植し、オンラインにも対応したのはまァ悪いことではないだろう。ただ、それだけだ。


1/28
UnrealLand_ss.jpg

Unreal Land ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Msi/Gtr/Jms ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/01/27

 かろうじてアクション・ゲームだと理解できる薄ぼんやりアクション。

 レトロ風アクションを作り続けているデベロッパが今回制作したのは、くるみを投げて花の風船を集めるアクションである。なお、花の風船はなぜか集めても集めなくてもいい。
 意味不明な形状の敵、前のステージとの違いが明確でないステージ、そもそも花を集めるはずなのに集めなくてもよいなど、現実に存在すると思いたくないほど薄ぼんやりとしたゲームすぎる……。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント