Xbox360インディーズゲーム 2014年 2/1~2/28の新作

2/6
BureauKendallRising_ss.jpg

Bureau: Kendall Rising ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Twist-EdGames.com ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/02/05

 セクシーさをやたらと強調するFBIエージェントが帰ってきたアドベンチャー。

 やたらと胸とケツがでかい捜査官、ケンダルとして犯罪捜査を行っていくアドベンチャーである。なお、本作は『Bureau - Agent Kendall』のリブート作品とのこと。
 基本が紙芝居アドベンチャーなことは変化していないが、自動で動く照準に合わせて撃つシューティングや探索要素が手直しされた部分で、グラフィックなども変更されている。もっとも、それ自体がことさら魅力とならなさそうなのは、だいぶ気になるところ。


2/8
VitalForce_ss.jpg

Vital Force ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:mancebo ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/02/07

 幼いジェシカがスマホを片手に廃墟を歩きまわるホラー・ゲーム。

 謎の施設に閉じ込められた8才の少女であるジェシカとなり、スマートフォンを駆使して脱出を図るホラー・ゲームである。スマホで霊の写真を撮って倒したりと、『零』シリーズの影響がありそうだ。
 ビックリ系のホラー、つまり敵がいきなり出てきて驚かすことがメインである。しかし、クリーチャーのデザインは情けなくて笑えることも。ホラーとしての革新なんかもありそうにないが、驚かすことはできているのでそれなりの評価は得そうである。


2/10
KollosusRoar_ss.jpg

Kollosus Roar ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Grizzly Studios ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/02/10

 遊んでいると悲しくなる「無茶苦茶なフリをしているアクション・ゲーム」。

 4種類のミニゲームを連続で遊ぶアクション・ゲームである。最初は出来損ないの全方位シューティングで、次は障害物回避アクション(デモはここまで)だ。難易度がかなり高く、音楽にこだわっているとのこと。
 どうも“あえてクソゲー風のゲームを作ってみた”という作品らしいのだが、単純に情けないだけの作品なので無表情になる。世の中には指をさして笑えるものもあるが、制作者に同情すらできそうなほど悲しい作品もあるのだ。


2/14
VectorMadness_ss.jpg

Vector Madness ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Klimmsword ジャンル:シューティング 2014/02/14

 変化具合がまったくわからない200種類以上の銃を振り回すシューティング。オフ2人プレイに対応。

 200種類以上もある銃から好みのひとつを選び、ゾンビや警官どもを撃ち殺すサイドビュー・2Dシューティングだ。『KILLBOX』からの流用作品である。
 前作から具体的にどこが変化したのかはよくわからず、とりあえず絵面がやたらと簡素になっただけではないのかと思いたくなるほどだ。当然ながら、味わいがまったくない銃撃戦も据え置きで、本当になんなのだろうこれは……。


2/15
BlocksandChoppers_ss.jpg

Blocks and Choppers ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Maximinus_ ジャンル:シューティング 2014/02/14

 またボクセルなヘリコプター対戦シューティング。システムリンク・オンラインでの8人プレイに対応。

 デベロッパのMaximinusはボクセル・ロボット対戦やボクセル・戦車対戦を作っているが、今回はボクセル・ヘリコプター対戦のようである。ルールはデスマッチで、CPU戦も用意されている。
 使い回しの魔術師らしく、操作する対象が変化しただけという印象である。決して極端に不出来な作品ではないが、僕も使い回しを見習って「またかよ」の言葉を贈らねばなるまい。何度も同じこと言いたくないという次元は超えた。


2/16
AvatarDairansen_ss.jpg

Avatar Dairansen -アバター大乱戦- ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:AloneSoft ジャンル:キャラクター アクション 2014/02/15

 アバターたちの3D対戦アクション。システムリンク・オンラインでの4人プレイに対応。

 アバターたちが乱戦しまくる3Dボクセル対戦アクションである。カンフー、ニンジャ、サムライ、ゾンビの戦闘スタイルを選び、デスマッチを繰り広げる。ステージを作成・共有することも可能だ。
 アバター用の対戦ゲームとしては質が高いものの、やはり人を集められるかどうかが大きな問題だろう。本作は3D対戦アクションと珍しい要素はあるものの、プレイヤーを残留させたりかき集める仕組みも特になく、望みは薄く見える。

 ちなみに、価格は配信開始後しばらくの間だけ300円から100円になっているとのこと。また、本作については後で記事にする予定である。


SKH-Resurrection_ss.jpg

SKH-Resurrection ¥300 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Flump Studios ジャンル:シューティング 2014/02/15

 あの『スーパークレイジーキラーホーネット 特別なブラック・レーベル・エディション』が大復活!

 算数の計算をしながら弾幕シューティングを遊ぶという一見奇妙なゲームで、『スーパークレイジーキラーホーネット 特別なブラック・レーベル・エディション』の続編である。今回は機体が3種類に増え、計算を成功させるとパワーアップ&スコア倍率アップするようになった。
 全体を磨き直しており、タイトル画面から敵のデザインまで地道に進歩している。特異な点はあまりなさそうだが、続編としての資質は持ちあわせていそうである。

 なお、本作については後で記事にする予定である。


DecayTheMareEpisode2_ss.jpg

Decay: The Mare - Episode 2 ¥300 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Shining Gate Software ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/02/15

 恐怖のポイントクリック・アドベンチャー、エピソード2。

 薬物中毒のサムが奇妙で恐ろしい出来事に遭遇するポイント・クリック・ホラー・アドベンチャーである。
 『Decay: The Mare - Episode 1』の続きなので、やるならそちらからだ。しかし分割方式はやはりデメリットが大きい気がするが、まァ追っていない人の言うことではないか。


7QuestsoftheHero_ss.jpg

7 Quests of the Hero ¥300 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:INGENIOUSFUN ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/02/15

 7人の濃すぎる少女(?)を助けるダンジョン探索アクション。

 見下ろし視点のダンジョン探索アクションで、ガイコツをなぎ払いつつ7人の少女(?)を救うのが目的である。街中でアイテムの購入も可能だ。とはいえ、アクションはおまけでメインはエロである。
 己の性癖に素直すぎるデベロッパ「ingenious fun」の作品だけあって、今回もこの“ポルノとは何か”と思うような女性の魅力に共感できる人が遊ぶべきだろう。なお、ゲーム内容はガイコツをひたすら処理していくだけで、しかも少女(?)もアレなので、僕にとっては一種の去勢ゲームとも思える。


2/17
LittleFlappers_ss.jpg

Little Flappers ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Psychdyke ジャンル:キャラクター アクション 2014/02/16

 なぜかXbox360で『Flappy Bird』のクローンが登場。オフラインでの4人プレイに対応。

 ふらふらと動く鳥を上下に動かし、回転のこぎりの間をくぐり抜ける単純なミニゲームだが、スマートフォンなどで話題沸騰中である『Flappy Bird』のクローンなことが重要だ。マルチプレイ、グローバル・スコアボードに対応している。
 ゲームとしては単純によくあるもので、クローンとしてもとりあえず真似ただけだ。掃いて捨てるほどあるクローン作品のひとつが、Xbox360にもなぜか転がって来てしまったと解釈すべきだろう。


2/21
Survivalist_ss.jpg

Survivalist ¥500 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:lolznoob ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/02/20

 荒野を駆け巡りゾンビの股間を蹴り戦うアドベンチャー。

 ゾンビ大発生から一年後、バンカーから飛び出し荒野を冒険するアドベンチャーもしくはRPGである。生活必需品などを探したり、生存者を探したり、クエストをこなしながら生き延びていく。
 倉庫にしまい続けた古いPCゲームのような臭いがするものの、破綻はしてなさそうである。ゾンビの股間を蹴りまくって殺したり、妙に明るい音楽が流れていたり、なんだか不思議な雰囲気はウリなのか?


2/24
TwinTigerShark_ss.jpg

Twin Tiger Shark ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Mikael Tillander ジャンル:シューティング 2014/02/23

 80年代に思いを馳せた縦スクロール・シューティング。

 プロペラ戦闘機を操り敵軍と戦うシューティング・ゲームで、80~90年代のSTG開発会社に対する賛辞として制作されたとのこと。開発は『X S.E.E.D』などを手がけたMikael Tillanderである。
 ドット絵のアニメはなかなかだが、難易度Easyでもかなりの難しさで、コンティニューはなく1コイン・クリアを目指せという設定だ。よって、現代のプレイヤーに擦り寄る気が一切ないのは言うまでもなく。ということで、ノスタルジアに浸ることが第一段階なのだろう。


2/25
Shipwreck_ss.jpg

Shipwreck ¥300 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Nick Gravelyn ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/02/25

 「ゼルダ」だコレ。

 海岸に打ち上げられた少女を操作し、ダンジョンの謎を解きつつ島を探索する見下ろし視点のアクション・アドベンチャーである。具体的には、2Dの『ゼルダの伝説』シリーズを踏襲しているというか、そのままである。
 システムも見た目も「船が沈没して海岸に打ち上げられる」という導入もかなり「ゼルダ」ライクであるというか、そのものだコレと言わざるをえない。あまりにも似すぎていて不安になるほど、「ゼルダ」だコレ。


2/26
FlappingAvatars_ss.jpg

Flapping Avatars ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:AwesomeGamesStudio ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/02/25

 ある意味でAwesomeすぎる『Flappy Bird』クローン。

 スマートフォンで大人気な『Flappy Bird』のクローンだよ!
 これぞXbox360インディーズゲームにおける真骨頂! 流行の猿真似! 既に二番煎じ! 安易なアバター! 進歩はクソの欠片もない! すごい! ふざけんな!


2/28
MidnightBite_ss.jpg

Midnight Bite ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Milkstone Studios SL ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/02/27

 暇を見て血を吸う吸血鬼のステルス・アクション。

 プレイヤーは吸血鬼となり、人々から見つからないように血を吸っていく。iOSで配信している同名作の移植のようだ。
 極めて簡素なステルス・ゲームであり、低価格でそれなりの品質はいつもどおり。とはいえ、スマホから移植したのが丸わかりで、あからさまに数分の空き時間を埋めるためのゲームだ。


FailingBird_ss.jpg

Failing Bird ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Gamefarm ジャンル:レース & フライト 2014/02/27

 恥知らずの『Flappy Bird』クローン(3)。オフ4人プレイに対応。

 Xbox360インディーズゲームにおいて、3つ目の『Flappy Bird』クローンである。とりあえずスマホで流行ってるから真似しただけ、しょうもない、Xbox360でも三番煎じ、という3要素を抑えている。一応、障害物回避からコインを集めるルールに移り変わっていくという変更点はあるが。
 なお、ゲーム説明によると「とりあえず作ったから、君たちこのゲームで浪費してね! そのお金はマジメな『Lootfest』シリーズの開発資金にするよ!」とのことであり、あまりにも明け透けな態度に好感を持てるわけがないッ! せめて「元の作品に敬愛を込めて」とか言い訳をしろ!


ClawMachineArcade_ss.jpg

Claw Machine Arcade ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Squimball Studios ジャンル:その他 2014/02/27

 UFOキャッチャー・シミュレーターのような物運びシミュレーター。

 クレーンを操作してぬいぐるみなどを掴み穴へ運ぶ、いわゆるUFOキャッチャーを遊ぶ物理演算ミニゲームである。どうやら台を変えられるだけで、制限まで延々と物を掴んで運び続けスコアを稼ぐだけらしい。
 こんな退屈なUFOキャッチャーがあるかと言いたくなるほど、単なる物運びシミュレーターではないか。UFOキャッチャーの表面的な仕組みは作れているが、遊びとなる部分はまったくできていない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント