アバターたちの大乱戦は、本当に大乱戦となるだろうか? 『Avatar Dairansen -アバター大乱戦-』 レビュー

bbox_AvatarDairansen.jpg

4人同時のオンライン3D対戦アクション 『Avatar Dairansen -アバター大乱戦-』

 『Avatar Dairansen -アバター大乱戦-』は、2013年2月15日に、Xbox LIVE インディーズゲームで配信されたアバターたちがボクセルのステージで暴れまわるオンライン3D対戦アクションである。開発はAloneSoft

 4種類の戦闘スタイルを選び、オンラインで対戦を楽しむゲームである。なお、ステージ制作・共有機能も備えている。

 ゲーム内容の詳細については特集記事を参照されたし。

○ ニンジャやゾンビとなったアバターたちが、空を飛び、ブロックを壊し、殴り合う! 『Avatar Dairansen -アバター大乱戦-』 特集
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1728.html

カジュアル向け対戦ゲームか、コア向け対戦ツールか?

AvatarDairansen_review_01.jpg

 さて、『Avatar Dairansen -アバター大乱戦-』はカジュアル向けの対戦アクションだと思われるのだが、実のところそう言い切る自信がない。そして、それが本作の評価に結びつくと思われる。

 というのも、本作は適当にショットを撃っているだけではなかなか攻撃があたらず、相手にダメージを与えるにはコツがいる。更にアイテムや逆転要素はなく、立ち回りを重視される作品なのだ。

AvatarDairansen_review_02.jpg

 4人同時対戦のため、基本的に漁夫の利を狙う必要があり、かつ高い位置から下にいる敵へ両手強攻撃を狙うと相手を倒しやすいが、カジュアルなゲームにしては要素がむやみに複雑だ。

 では本作は対戦ツールなのかというと、微妙なところだ。そもそもアバターを採用している時点で対象層が決まり、かつ対戦としての奥深さがあるわけでもなく、ルールもデスマッチのみときている。こうなると、どう捉えたものか悩むばかりである。

 更に、相手を倒したかどうか瞬時に判断できなかったり、エラーコード4やフリーズに遭遇することがたまにあったり、勝利をしても何ら演出はなかったり……と、あからさまに見劣りする部分もあるが、これは低価格ゆえと目を瞑るしかないだろう。

ゾンビやニンジャのアバターたちは空を飛びまくるが、更にぶっ飛んでいてもいいかもしれない

AvatarDairansen_review_03.jpg

 さておき、最大の要点は人が集まるかどうかだ。対戦ゲームは多少つまらなくとも人がいれば成立するわけで、カジュアル向けならば尚更である。

 その点についてだが、本作はこれまた微妙なところだ。3D対戦アクションというのは(XBLIGでは)珍しいジャンルなのだが、要素は対戦とステージ制作だけなので、人を繋ぎ止められそうにもなく、更に爆発的に集客することができそうな要素もない。よって、あまり期待はできそうにないのだ。

 決してつまらないわけではないのだが、極めて手軽に遊べる対戦ゲームでもなく、腕を極めるような対戦ツールでもなく、そもそも人が集まりそうもなく……。個人的には高めに評価したいところだし、一度や二度ほど遊ぶのを止めるほど悪いゲームではない。が、この戦いはどうも盛り上がりそうにない。


box_AvatarDairansen.jpg

Avatar Dairansen -アバター大乱戦- ¥300 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:AloneSoft ジャンル:キャラクター アクション 2014/02/15

 アバターたちの3D対戦アクション。システムリンク・オンラインでの4人プレイに対応。
 カンフー、ニンジャ、サムライ、ゾンビの戦闘スタイルを選び、デスマッチを繰り広げる。
 ステージを自身の手で作成し、作ったものを共有することも可能である。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント