大して欲しくないゲームを買うのはやめよう(当たり前) 『Bastion』&『Dust: An Elysian Tail』

まずは、未ローカライズでスルーした作品

 仕事がなくてかなり暇だったので、Xbox LIVEのセールで売られているゲームを買って遊んだ。結論から言うと、「あまり欲しくないゲームを買うのはやめようね」ということであった。そんなのは小学生でも知っている。

BastionDust_01.jpg
『Bastion』タイトル画面

 購入したタイトルは2作で、ひとつ目は『Bastion』である。本作は、物語がウリのアクション・ゲームであり、主人公キッドが崩壊した世界で、バスティオンと呼ばれる宙に浮く大地を完成させるために冒険していく。

 本作は2011年の夏にXbox LIVE アーケードで配信されたが、当時はスルーした。理由は単純で、物語が重要らしいのにローカライズが一切されていないからだ。

BastionDust_02.jpg
成長や武器改造などの要素もあるアクションだが、盾がだいぶ強いゲームであった

 そしていざ遊んでみれば、やはりよくわからなかったというのだから間抜けが過ぎる。本作は“アクションをしつつナレーターが物語を語ってくれる”という構造なので、字幕を読む余裕もなく、だいぶ堪能に英語が聞き取れないと理解が難しいわけだ。一応、途中までは頑張って読み進めていたが、字幕を見逃す場面が多くて諦めてしまったのである。

 アクションとしてはやや単調かつ大味(難易度設定をほぼプレイヤーに投げている)ため、物語が理解できなければ大して面白くないのは言うまでもなく。もっとも、終えたあとに解説サイトなどを巡ってみたが、プレイ中にきちんと理解できてもまず面白く感じなかったことだろう。要は、最初から大して興味がなかったわけだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加


続いて、なんとなく気にならなかったのでスルーした作品

BastionDust_03.jpg
『Dust: An Elysian Tail』タイトル画面

 そして、ふたつ目の作品は『Dust: An Elysian Tail』である。本作は2012年の夏にXbox LIVE アーケードで配信され、XNAゲーム開発コンテストで最優秀賞を取っただとか、ほとんどひとりで制作したなんてところが話題になっていたか。

BastionDust_04.jpg
記憶をなくした主人公ダストが、お供と共に冒険の旅をゆく

 こちらは2DアクションRPGで、それに探索要素などがついている。基本的には分岐もある一本道を進むアクションなわけだが、物語を進めていくと以前は通れなかったところに行け、いろいろなアイテムが手に入るといった寸法なわけだ。

 本作はアクションとしては極めて大味なのが弱った。特定の行動で敵は完封できるし、かと思いきやダメージ床はやたらと手ごわかったり、後半の敵になるとたまに無条件で攻撃を無効化したりと、まるで、三日三晩ゆで続けたうどんと、ゆでていない蕎麦が混じっているような印象だ。

BastionDust_05.jpg
なんらかの誤解を生みそうな会話シーンの一部

 また、物語が割と重いのに薄かったり、なぜかファンタジーなのに韓国風味だったりもするが、魅力的なケモノが何名か出てくるし、極端に悪い作品というわけではない。やはり、「暇だしセールだし」という理由で買ったところが面白さを欠落させる最大の問題点だと思われる(『Bastion』も同じく、だ)。

セールでばかりゲームを買っている人は大丈夫かしら

BastionDust_06.jpg
これにて99本の実績コンプリートを達成

 とりあえずどちらも実績を埋めることはできたが、ただ単に暇を埋める以上の行為にはならなかった。また最初の話に戻るが、「あまり欲しくないゲームを買うのはやめようね」ということである。

 これは極めて当然な話だが、意外と忘れがちな話でもあるのではないか。ゲームでもそれ以外でもそうだが、楽しいかどうかは自分の状態や考えにも大きく左右されるわけで、まずは自分が本当にそれをしたいかどうかを感じ取るところが、楽しさを得るために重要である。

 世の中には、Steamなんかで安いゲームをたくさん買うだけ買って積んでいる人もいるそうだが、余計なお世話ながらそういう人のことを気にかけてしまう。ただ単に集めたくて買っているだけなら大丈夫だろうが。

コメント

非公開コメント