『ゼルダの伝説』クローンを遊んでいるのかと思ったら、ただパシられているだけだったうえ、ヒロインが町長のジジイだった 『Shipwreck』 【Xbox360 IndieGamesで石を拾う 38】

どう見ても「ゼルダだコレ」な2Dアクション・アドベンチャー

 「Xbox LIVE Indie Gamesは玉石混交である」。誰が言ったか知らないが、そんな言葉がある。しかし、世間で目立つのはほとんどが玉ばかりであり、そこらに転がる石は無視されるばかり。 もし玉石混交というのであれば、石もまたこの場において重要な要素ではないか? そんな思いから、尖った石を拾って紹介するコーナーを始めたのである。

bbox_Shipwreck.jpg 今回紹介する『Shipwreck』という作品は、極端に品質が低いわけではない。『ゼルダの伝説』をほとんど真似ているが、その模倣自体が悪いわけではない。問題があるとすれば、ふつうすぎることだろうか? いや、ふつうではないのかもしれないが……。

 2014年2月25日、Xbox360インディーズゲームで『Shipwreck』という作品が配信された。難破した船からほおりだされた少年が、とある島を探索するアクション・アドベンチャーなのだが……。もっと的確に言うと、2D『ゼルダの伝説』シリーズをそのまま真似ただけのゲームなのだ。

 とはいえ、「ゼルダ」シリーズは世界中で人気があるし、ほかの人気作でも類似点が見られることもある。よって、影響を受けていること自体が問題なのではない。やはり問題があるとすれば、独創性とでも呼ぶべきものが皆無なことだろうか。

Shipwreck_01.jpg
4つのダンジョンを攻略するアクション・アドベンチャーである
このエントリーをはてなブックマークに追加


アイマスクをつけ両手を縛りつつおつかいをするようなシステム


 さて、動画やスクリーンショットを見た時点で「ゼルダだコレ」と言いたくなる人が出ることだろうが、前述のように本作は、2D『ゼルダの伝説』シリーズと似すぎたシステムを採用している。

 “船が難破してある島にたどり着く”といった導入もそうだし、見下ろし視点で謎解きをして進めていくといった展開や、新たなアイテムを手に入れて先に進むといった要素、そしてHPがハートやらショップの仕様やら武器の振り方やら、言い始めたらキリがないくらいにそれである。しかし実際のところ、「つまんねーゼルダだコレ」といったほうが正確である。

Shipwreck_03.jpg
謎があるらしい灯台だが、実は大した謎も設定も物語もない

 ゲームの流れとしては、「各ダンジョンにある4つの紋章を集め、灯台の幽霊を倒して船で帰る」というものだ。大して強大な敵もいなければ、ヒロインであるゼルダ姫のような存在もおらず、物語の主題はおつかいを頑張るということであり、タイトルを「少年のおつかい」にでもしたほうがいい。

 また、ダンジョンは“謎を解いてボスを倒してクリアする”ことが目的なのだが、謎解きというか、単調すぎてダンジョン内におけるおつかい状態になっている。ましてやそれらも町長の命令に従っているだけなのだから、本当におつかいではないか。

Shipwreck_04.jpg
岩を押す謎解き、サイコー!

 謎解きの中では岩を押してスイッチの上に乗せるといったものが最高で、自分がチンパンジーとなって知能テストを受けている気分にさせてくれる。また、後半になると謎は難しくなるが、視界が狭まったり前提条件がわかりにくくて難易度が上がるので、アイマスクをしておつかいをしている気分だ。

 また、ゲームボーイの仕様を真似ているのか、ボタンがかなり余りまくりである。そのくせ動作(特にアイテムの切り替え)が多くて面倒になっており、更に両手を縛っておつかいをしているようではないか。なぜそんな面倒くさい仕様を真似たのかはわからないが、このゲームがただの面倒くさいおつかいであることはわかる。

ヒロインはハゲ

 とはいえ本作、音楽や見た目はかなりまともである。それでも遊んでいてかなりイラついたのは、本当に「ゼルダ」の表面だけを真似たからだろう。模倣をする上で大事なのは、見た目やシステムではなく中心部分となるものを真似することだ。ゲームでいえば、その楽しさを真似ることにあるのだろう。

Shipwreck_05.jpg
最高にありがたくないハゲ町長からの感謝シーン

 しかし本作は、「ゼルダ」シリーズと見た目などが似ているだけである。また、元の作品と差別化することによって評価が上昇するわけだが、本作にはそれがない。それどころか、展開を盛り上げる物語や設定もなく、ヒロインもいない……、いや、ヒロインはいなくもないか。

 そう、このゲームにおける重要人物は、主人公と町長である。町長は主人公が救うべき存在だし、彼は常に主人公を導いてくれるし、最後に主人公が船で家へ帰る時も、町長だけが見送ってくれる。そうか、やはり彼がヒロインなのだ。

 アイマスクをしつつ両手を縛ったような状態でおつかいに行き、結果として得られるものはハゲ町長からの寵愛……。『Shipwreck』は見た目こそ「ゼルダ」のようだったが、何かの暗喩なのかもしれない。


box_Shipwreck.jpg

Shipwreck ¥300 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Nick Gravelyn ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/02/25

 海岸に打ち上げられた少年を操作し、ダンジョンの謎を解きつつ島を探索する見下ろし視点のアクション・アドベンチャーである。
 具体的には、2Dの『ゼルダの伝説』シリーズを踏襲しているというか、そのままだ。
 そして、いろいろ欠落させてヒロインに町長を据えたゲームなのである。

コメント

非公開コメント