ゲームへの評価なんて、時と場合と場所によって変わるものである

人気ゲームのクローン作品でも人気を集めることになる話

 「盲目の国では隻眼の者が王となる」という話を聞いたことがあるのだが、つまるところ結論はそれだ。

ApocZ_04.jpg
『ApocZ』ゲーム画面

 先日、Xbox360のインディーズゲーム(Xbox Live インディーズゲーム)で配信されている『ApocZ』という作品を遊んだ。オンラインでゾンビだらけの街をサバイバルするF・TPS(一・三人称視点シューティング)なのだが、これはPCで人気の『DayZ』という作品を真似たものである。

 はっきり言うと内容も劣化『DayZ』であり、本家を遊んでいなくとも物足りない部分が多い。おそらく本作がパソコンで出たとしたら、割とクソだのミソだのと言われるだろう。

○ Xbox360にもゾンビ・サバイバルFPS『DayZ』のクローンが登場したが、人もいなけりゃゾンビもいねえ! 『ApocZ』
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1749.html

 しかしながら本作、高く評価を受けることもありえなくもない。リリース直後にネットワーク関連の大きな問題を抱えているのは痛すぎるが、そこをすぐに直して宣伝もできればウケることだろう。なぜかというと、このゲームができるのは、パソコンからではなくXbox360からだからだ。

Xbox360では大人気でも、パソコンではボロクソ評価なゲーム

CastleMinerZ_ss.jpg
『CastleMiner Z』ゲーム画面

 さて、同じくXbox Live インディーズゲームで100万本以上も売れた『CastleMiner Z』というゲームがある。これはパソコンで大人気の『Minecraft』を真似て、銃でドラゴンなんかと戦う要素を付け足した作品だ。

 かなりの本数が売れていることからわかるように、Xbox360では大人気のゲームである。その人気のあまり、ふだんはスルーされがちなXbox Live インディーズゲームの作品ながら、珍しくファミ通や各メディアでも取り上げられていた。

○ 【帰ってきた『マインクラフト』珍物件探訪】番外編:驚愕のインディーズゲーム『Castle Miner Z』前編 - ファミ通.com
http://www.famitsu.com/news/201211/14022157.html

 ところで本作、移植となるパソコン版もリリースされている。そちらでの評価はどうかというと、割とボロクソなわけだ。


 ユーザースコアが10点中2点なのもさることながら、「こんなものを遊ぶなら、本家で似たようなMOD(拡張データ)をダウンロードしたほうがいい」だとか「『Minecraft』を買え」などとまで言われている。まるでケツを拭いた紙に対して真剣に怒っているかのようである。

 なぜ同じ作品でも評価が変わるのかといえば、遊ぶ人と場の条件が違うからである。無論、価格の違い(Xbox360版のほうが安い)など差もあるのだが、この件に関しては環境の違いが大きいだろう。

なぜ『CastleMiner Z』はXbox360で評価されたか

minecraft_01_02.jpg
『Minecraft: Xbox 360 Edition』ゲーム画面

 そもそもXbox360で『Minecraft』が登場したのは2012年5月で、価格は2000円である。一方『CastleMiner Z』は2011年11月の段階で配信されていたうえ、価格は100円だったのだ。本来ならば手に入らない時期に、極めて安いものが出たとなれば、これは大きなアドバンテージだろう。

 当然ながら100万本も売れたのはそれだけでなく、デベロッパの宣伝が特にうまかったというのが大きい。しかも売り込んだ相手は、ゲームの質についてあまり疑問を持たない人々であった。なので、本家と比較されることもなく、100円という安価な部分がより大きな意味を持ったのだ。

 一方、パソコン版『CastleMiner Z』はXbox360版よりかなり遅れて出たうえ、そもそも本家『Minecraft』など浸透しきった後に出たのだ。更にプレイヤーたちもおそらくはコアゲーマーと呼ばれるような人たちであり、そもそも売る相手を間違えたといえる。

そしてたどり着く極めて当然な結論

ApocZ_01.jpg
『ApocZ』ゲーム画面

 さて、話を最初の『ApocZ』に戻そう。これはパソコンで人気なゲームの劣化版と言える。しかし出ているのはXbox360であり、価格も安価となっている。いくつか問題点は残っているが、それさえクリアできれば人気が出てもおかしくないというのは、わかってもらえただろうか?

 多くの人はゲームを買う際、レビューやその点数を見て“このゲームが面白いか否か”と判断するわけだが、評価とはその背後にあるものを含めて考える必要がある。評価そのものだけが大事なのでなく、なぜそういう評価を受けたのかというところにも意味があるのではないか。

 例えば、テストで100点を取れたから必ず素晴らしいのではなく、平均点やテストの内容によってその価値が変わるようなものだ。あるいは別の例えにすると、盲目の国では隻眼が偉大だが、両方の目が見えている人たちからすると隻眼の王は鼻で笑われるかもしれない。しかし、それでも王が王であることもまた事実だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント