100円でゾンビと戯れられるオンライン・ゾンビ・サバイバルFPS『ApocZ』、パッチ1.0が登場しまともなオンライン・マッチングが実装!

オンライン・ゾンビ・サバイバルFPSがオンラインで強制終了しなくなった

ApocZ_patch01_01.jpg
『ApocZ』パッチ1.0タイトル画面

 2014年3月下旬に、Xbox Live インディーズゲームで配信されたオンライン・ゾンビ・サバイバルFPS『ApocZ』という作品に更新が入った。以前はメニューの「Xbox Live」を選ぶだけでゲームが強制終了していたが、改善されたというわけだ。

○ Xbox360にもゾンビ・サバイバルFPS『DayZ』のクローンが登場したが、人もいなけりゃゾンビもいねえ! 『ApocZ』
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1749.html

 おおまかに更新点をまとめると
  • 「Xbox Live」を選んだ時のエラーコード4を修正
  • Xbox Liveなどでプレイする際、所持品などが失われることを修正
  • コントローラーの入力が失われることを修正
  • 車が弾丸を喰らわなかった問題点やサウンドの修正、ホスト権の譲渡を追加
などである。詳しくは公式ページのフォーラムを参照されたし。

○ Patch 1.0 (Submission date 3-31-2014) (Page 1) / Patch / ApocZ
http://www.apocz.com/forum/viewtopic.php?id=285

 基本的には不具合の修正がほとんどであり、バランスの調整は車両に関するものくらいか。とりあえず、これでようやくまともに遊べるようになったといえるだろう。

さしあたり重大なエラーコード4を修正したくらいか

ApocZ_patch01_02.jpg
ようやくホストをまともに選べる時期がきた

 とにかく、ホストを選んで部屋に参加できるようになったのが大きいだろう。パッチ前はこの画面を一秒くらいもおがめなかったのだから、いやはや。ともあれ、今までエラーコード4のせいで二の足を踏んでいた人には朗報だろう。

ApocZ_patch01_03.jpg
他人の部屋に行っても、テントや所持品、経過日数がきちんと引き継がれている

 とはいえ、修正内容を見る限りでは、ゲームプレイの根本は変化していないらしい。また、透明人間バグなどはまだ残っているようなので、更なる追加や調整、改善が期待されるところだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント