それこそ、ひとりプレイ用キャンペーンのような盛り上がりのあるオンライン対戦! 『Titanfall』 01

待ちに待ったオンライン対戦FPS『Titanfall』 を遊ぶ

Titanfall_01_01.jpg
タイタンが落ちてくるから『タイタンフォール』

 『Titanfall』(タイタンフォール)を遊びはじめた。本作はマルチプレイ専用のオンライン対戦FPS(一人称視点シューティング)で、巨大な人型ロボットである“タイタン”に乗り込み暴れまくる対戦がウリのゲームである。

 ほぼ対戦専用のゲームというと『Shadowrun』を思い出すような僕は、事前人気も高いこのゲームを楽しみに待っていたのだが、今のところはしっかり期待に答えてくれるゲームであった。

Titanfall_01_02.jpg
『Titanfall』タイトル画面

 ただ残念なのは、Xbox360版の本作はHDDインストールに対応していないことだろうか。おかげでディスクがずっと回り続けるのでヘッドホンが必須だが、それ以外はXbox360でも十分に動いているので素晴らしい。なお、オプションで30FPS固定にできるため、それを設定しておいたほうがより良いと思われる。
このエントリーをはてなブックマークに追加


シングル・プレイの延長線上にあるようなオンライン対戦

Titanfall_01_03.jpg
壁を走るのは慣れるまでたいへんだが、コツを掴むと一気にゲームが変わる

 本作はオンライン対戦のみのゲームとはいえ、最初はチュートリアルから始まることになる。丁寧にしっかりと動作を教えてくれるのだが、なかなか長いうえにウォールランなんかは難しく感じるかもしれない。

Titanfall_01_04.jpg
キャンペーンといってもやることはオンライン対戦である

 ともあれ、それが終了したら今度はキャンペーンである。いわゆる展開される物語に沿ってゲームを遊んでいくわけだが、はっきり言って物語を理解するのは難しいだろう。というのも、ゲーム中は忙しくてそれどころではないのだ。

 とりあえず、「ワープ航法が可能になった未来の世界で、人間たちが新たに暮らすニュー・フロンティアをめぐりIMCとミリシアが戦いを繰り広げている」というくらいの理解で問題ないと思われる。実際、僕もよくわかっていない。

 さて、キャンペーンのはじまりは輸送ヘリの中からで、これからどういった作戦が展開されるかの会話を聞くことになる。それが終わり次第ゲームがはじまるのだが、もうヘリから降りた瞬間に対戦になっているというわけだ。

Titanfall_01_05.jpg
チュートリアルさえ終われば、誰もが戦場に立つ戦士となるのだ

 このキャンペーンは導入こそひとりプレイ用モードのようなのだが、やることは対人でのオンライン対戦である。この移り変わりは見事であり、自分以外の兵士がBOTではないのかと錯覚してしまいそうになる。

 更に対戦中も違和感が少ない。オンライン対戦がウリのゲームというと、“演出は質素だがバランスなどが練られている”イメージを持っていたのだが、本作は対戦中も派手な展開が多いのだ。

Titanfall_01_06.jpg
タイタンVSタイタンのガチバトルも熱い

 戦闘中は無線が飛び交う(話の展開としてもそうだし、単純なゲーム情報も流れる)し、時間が経てばタイタンが降りまくってくるし、人だけでなくBOTもたくさんおり、とにかく賑やかだ。それこそ本当に、ひとりプレイ用のような盛り上がりのあるオンライン対戦に仕上がっている。

 はじめのほうはどう戦うかなどまったく考えられず、目の前にいる敵を撃つので精一杯だった。敵タイタンが来れば慌てて逃げ出し、自分のタイタンが来る時間になれば落とす場所を考え、乗り込んで暴れたり背中にしがみつかれて壊されたりしているうちにゲーム終了と、とにかく興奮に溢れた体験となった。

とりあえず場の雰囲気に飲まれているだけでも楽しい

Titanfall_01_07.jpg
よそのゲームでも見慣れたロードアウト画面

 試合が終われば経験値の精算となり、自身がレベルアップしてさまざまな装備が使えるようになる。序盤こそ固定装備しか使えないが、レベルがあがるうちに選択肢が増えていく。このあたりは『Call of Duty』的でそのままな感じだ。

 そして当然のように、特定の条件をこなすと経験値がもらえるチャレンジのシステムも存在している。対戦のほうに慣れてきたらそれを狙えということだろう。

Titanfall_01_09.jpg
カードと聞いて合成システムとかがあるのかと思ったが、単なる使い捨てカードだった

 逆に特徴的なのは、「バーンカード」というシステムだろうか。これはプレイ中に特殊効果を起こせるカードで、スポーン(復活)時に任意で使用することができる。効果は武器の強化から経験値アップまでさまざまで、これの使い方で展開がいろいろ変わるだろう。

 このカードはプレイ中に特定の行動をすることによって手に入るらしく、効果も実にさまざまだ。これによって戦術に幅が出るということなのだと思われる。

Titanfall_01_08.jpg
身軽に動きまわって敵タイタンを翻弄するのが生身の兵士の役目

 こうして一通りシステムに触れつつ、とりあえずそれぞれの陣営でキャンペーンをクリアした。今のところはタイタンがあふれる戦場の迫力を味わっている段階で、対戦や競技としての良し悪しはまだ判断がつかない状態である。

 これからは単なる対戦も遊べるようになるうえ、ルールもいろいろと追加されるようだ。さすがにオンライン対戦を主軸に据えているのでこれからも楽しめるとは思うが、さてどうなることやら。

コメント

非公開コメント