Xbox360インディーズゲーム 2014年 5/1~5/31の新作

5/2
GearHead_ss.jpg

Gear Head ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Ghere Game Studios ジャンル:キャラクター アクション 2014/05/01

 車のゲームと思わせて、ただのしょうもな系2Dアクションを作った事実がすごいのだ。

 メカニックが休暇を楽しむために必要な車のパーツを集めるゲームなのだが、レースなどではなく2Dアクションである。ボックス・アートも車の絵なのに……。
 Ghere Game Studiosは『Zombie Hunter』というゲームで何度も省エネ・リメイク(≒ 使い回し)をかますようなデベロッパなので、新しいジャンルに挑戦しただけ十分に素晴らしいのだ。なお、本作はつまらない2Dアクションだが、そこはどうでもいい。


5/3
Flex_ss.jpg

Flex ¥514 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:McKay Salisbury ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2014/05/03

 オプションが山ほどある『テトリス』クローン。

 『テトリス』のような落ち物パズルで、ブロックを並べて横一列を埋めて消すゲームである。30以上のオプションがあり、自分好みにカスタマイズできるのが特徴とのこと。
 ステージの自動生成なんかもそうだが、プレイヤーに裁量を任せすぎているゲームがこの場では目立つ。本作もそのひとつで、まァ調整する楽しみに辿り着ければいいのだが、本作はチュートリアルや効果音も不足しており、いい加減な仕事を丸投げされたかのような気分になるゲームだ。


5/4
DEEP_ss.jpg

DEEP ¥309 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:IGPP ジャンル:エデュテイメント 2014/05/03

 深海探索シミュレーター風の教育ソフト。

 遠隔操作の無人探査機(ROV)を使って海底を調べるゲームというか、教育ソフトである。目標がいくつか用意されているのでそれをこなしたり、海底の生物を写真撮影したり、更に海底調査に関するテキストを読んでクイズに答えていく。
 この市場にあるエデュテインメント全般に言えることだが、単純に作品としての質が低く楽しく遊べない。やっていることがお使いなのは良いにしても、話が長いしそれを聞いていたか確かめるクイズはうんざりだ。教育者の独善を感じる。


5/8
Shutshimi_ss.jpg

Shutshimi ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:awppy ジャンル:シューティング 2014/05/07

 1ステージが10秒くらいの奇妙なサシミ・シューティング!

 レトロ風の横スクロール・シューティングなのだが、10秒ほどで1ステージが終わり、ショップ画面が10秒表示されてひとつを選び、またステージに戻る……というのを繰り返す忙しい形式になっている。
 ステージがランダム構成なうえ、アイテムによる強引な変化もあるため大味ではある。が、システムの影響もあり激しい流れは表現できているし、グラフィックもなかなか手が込んでいる。好印象のまま去って行ってくれれば暇つぶしにはなりそうだが、さて。


5/10
AnimPuzzles_ss.jpg

Anim Puzzles ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:INGENIOUSFUN ジャンル:パズル & 雑学クイズ 2014/05/10

 パズルを解いて(やや特殊性癖寄りの)卑猥な絵を見よう!

 開発元であるINGENIOUS FUNは、なかなか一般ウケしなさそうな卑猥ゲームばかりを制作しているが、これは過去作のキャラが出てくるスライド・パズルだ。つまり、パズルを解くとそういうイラストが見られるわけである。
 大したことのないゲームだが、ここは褒めてみよう。INGENIOUS FUNのファン向け! INGENIOUS FUNのすべてを103円だけで見られる! パズルをするだけでエロい絵が見られる! ……ゲロを吐きそうだ。


5/11
VectorMadnessZOMBIES_ss.jpg

Vector Madness ZOMBIES ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Klimmsword ジャンル:シューティング 2014/05/11

 よくわからないゾンビ撃ち殺し2Dアクション・シューティング。オフライン2人プレイに対応。

 190以上のアップグレードがある2Dアクション・シューティングで、銃を選んでゾンビと戦うゲームだ。『Vector Madness』の続編である。
 ただし前作は、前作の前作である『KILLBOX』からの劣化版で、更に今回はゾンビが出てくるものの、そもそも『KILLBOX』の段階でゾンビがいるという。つまり、劣化版を少しアップグレードしたものの、最初の作品よりは劣化しているという、完全に訳の分からない作りなのだ。


5/12
Parkza_ss.jpg

Parkza ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Martin Eriksen ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/05/11

 そんなことより絵のほうが気になるアクション・ゲーム。オフライン4人プレイに対応。

 ふくよかな彼女を奪った太陽を倒すため、矢印発射銃を使って太陽どもを蹴散らす固定画面アクションだ。4人で遊べるデスマッチ対戦モードも存在するとのこと。
 太陽を狙って撃つというより、上空に伸びる壁を出して跳ねる太陽に当てるという感じか。それはいいのだが、物語の序章などで流れるあまりにもフリーハンドすぎるグラフィックが哀愁を誘い、アクションとしての記憶がかき消されそうなくらいだ。


5/14
ServoSeriesIOverclockers_ss.jpg

Servo Series I: Overclockers ¥309 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Stamp ジャンル:RPG 2014/05/14

 哀愁ただようロボだらけのFPS形式・オープンワールドRPG。

 主人公のロボットを操作してフローティング・ポイント・ファクションに協力し、オーバークロッカーズと戦うFPS形式のオープンワールドRPGである。
 開始時のロードが長く、デモ版では大した情報を得られなかった。とりあえず薄暗い雰囲気にはなっているのだが、いかにもポンコツな見た目のロボットや、頻繁に入るロードが恐ろしく物悲しい。


5/17
CrocsWorld_ss.jpg

Croc's World ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Sprakelsoft ジャンル:キャラクター アクション 2014/05/17

 他所では無料の2Dアクション。

 ワニが主役の横スクロール・アクションである。石を投げたり踏みつけて敵を倒し、宝石を集めながらゴールを目指していく。iPhoneやWindows 8向けに無料で配信している作品を移植したようだ。
 出来はそこそこのようだが、これといった取り柄もなく。「無料ゲームとしてなら良い品質ではないか」と評価されたほうが、お互いのためではなかろうか。


FlappyWorlds_ss.jpg

Flappy Worlds ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:RicolaVG ジャンル:懐かしのゲーム 2014/05/17

 ゲームをパクるに飽きたらず、売り方までパクった『Flappy Bird』クローン。

 いい加減に遅れ過ぎではないか? とも思う『Flappy Bird』クローンである。コインを集めると、亜種ルールのステージやキャラが使えるようになる。なお、本作の売り上げは、「インディーモン」シリーズの新作を作る資金にするとのこと。
 RicolaVGは以前にも『Flappy Feathers』という作品を出しており、なぜ二度も? と思うのだが、実はこの“『Flappy Bird』クローンを売って次の開発資金にする”というのは、『Failing Bird』という作品の真似で、つまりゲームだけでなく売り方まで真似ているといううえに出来も悪いという、心底どうしようもない一本なのであった。当然、「インディーモン」も言うまでもなくポケモンのアレである。


5/29
VenusExplorer_ss.jpg

Venus Explorer ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Studio Team Shuriken ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/05/28

 毎度おなじみ、チーム・シュリケンの萌え萌えアドベンチャーではあるものの、なぜかプレイヤーに針をさすレトロPCアドベンチャー風ゲーム。

 チーム・シュリケンお得意の萌えキャラが出てくるアドベンチャーだが、今回は「ヴィーナスの世界を探索するアドベンチャー・ゲームを遊んでいる人」を操作するという、メタ構造のアドベンチャーである。
 一応レトロ風のドット絵で構成されているのだが、萌えキャラに喜ぶプレイヤーをなぜか皮肉めいた表現で描いたりするし、ボックス・アートや美少女CGはふつうに萌えキャラだったりする。これは、萌えキャラが出ないゲームを作りたいという葛藤なのだろうか。


Avatarzilla_ss.jpg

Avatarzilla ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:dreamwagon ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/05/28

 アバター・ゴジラが大暴れ……してどうする。オンライン4人プレイに対応。

 アバターがゴジラのようになってビル群を破壊しまくるアクション・ゲーム。……なのはいいのだが、本当に適当にただ破壊するだけで、しかも壊れ方もいい加減である。オンラインもあるらしいが、何をするのだろうか?
 おそらく、アバターがビル群で戦う『Avatar Mayhem』を少しいじっただけで、特に大した考えはないどころか劣化しているだけなのだろう。なんだそれは。


TheMoneyGame_ss00.jpg

The Money Game ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:RicolaVG_ ジャンル:戦略 & シミュレーション 2014/05/29

 恥を知るべき作品。

 デベロッパがRicolaVGの時点でやりたくない。……仕方なくやるが、これはボタンを連打してお金を稼ぎ、設備を買って更に金を稼ぐという『Cookie Clicker』のパクりである。更に、おそらくこれはスマホ用のものを流用しただけだろう(これでXbox360向けに作ってるなら天才だ)。
 しょうもないゲームなのは仕方ないし、二番煎じに乗り遅れているのも飲み込むし、つまらないのもいい。だが、この恥を見せびらかすような態度には呆れる。


5/30
AvatarFear_ss.jpg

Avatar Fear ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Juan Alberto Munoz ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/05/29

 ふつうのホラー・ゲームを遊ぶと失禁してゲロを吐くような人に向けたアバター対応の穏やかホラー・ゲーム。オフ・オンライン4人プレイに対応。

 タイトルの時点でやる気をなくすが、さておき、アバターを操作してドラゴンのような化け物に追われつつ、指定数のレリックを探すホラー・ゲームである。要は『White Noise Online』の真似だ。
 そもそもアバターが出てくる時点で怖さと無縁だが、化け物はすぐ壁にひっかかるためゲーム・システムとしても問題だし恐怖もマイナスへぶっちぎり。そういうギャグと割り切るか、これをホラーとして出していることに怖がるかの二択だ。


5/31
MagicThighsSlightlyPhil_ss.jpg

Magic Thighs & Slightly Phil ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:20 Goto 10 ジャンル:キャラクター アクション 2014/05/30

 どう見てもボンジャックな固定画面2Dアクション。オフライン2人プレイに対応。

 敵を避けつつコインをすべて獲得するとクリアとなる固定画面アクション。要は、『ボンジャック』(あるいは『マイティボンジャック』)のクローンなのだろう。
 「Save Japan」と題されているように舞台はなぜか日本で、背景には日本画が使われている。「元は日本のゲームだし、舞台を日本にすれば穏やかに見てくれるだろう」という打算なのかもしれないが、そこに日本画を選ぶあたりに国外のセンスを感じる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Parkza

説明文だけ見た感じだと「ポンピングワールド」のクローンのようですね。

こちらも『ポンピングワールド』の動画を見てみましたが、かなり似てましたのでそうみたいですねー。
非公開コメント