『スプラトゥーン』褒めすぎ問題。あるいは、感情を素直に吐かないことによる過剰表現の泥沼

負の感情で記事を書くのはよくないこととわかっても

 先日にE3(米国で行われる新作ゲーム展覧会)が行われ、そこで任天堂が『スプラトゥーン』(『Splatoon』)というゲームを初公開した。これはマルチ対戦シューターなのだが、とにかく動画を見てもらったほうがいいだろう。


 インクをぶちまけてどれだけ自チームの色で街を染められるかを競うカジュアルなTPS(三人称視点シューティング)であり、なぜかイカになってインクに潜ることもできるという、ありそうであまりなかったタイプのゲームだ。世間の評判(といってもネットでの評判だが)も良く、僕も発売が楽しみだなと感じた。

 それはいいのだが、そこからが困った。というのも、本作を過剰に褒めている人が出てきて嫌な気持ちになるのである。まだ出ていないどころか初発表のゲームなのに……。これは発売前のゲームを無意味に叩きまくるのと同じくらいに嫌だ。

 まァ、それは僕が我慢すればいいだけの話なのだが、褒め言葉はいい加減でも許されることが多いのは問題だろう。相手をむやみに持ち上げて事実との落差を作ることにもなるし、下手な褒め方をすれば天狗になる人もいる。しかし、それでも過剰な褒め言葉は止まらない。

書き始めたのはいいが、書かないほうがよかった記事な気もする

splatoon_01.jpg

 とりあえず、あの記事のこれは褒めすぎだということの明言は避けておこう。そもそも実際に製品版がどうなるかわからないのだから、あれこれ言っても仕方がない。それに期待することは否定するつもりがないというか、僕だって楽しみにしているゲームだ。しかし、まだ定まっていないであろう部分を褒めてどうするのだというわけである。

 とはいえ、これはゲームだけの問題でない。たとえば、あの芸能人がとても良いことをしただとかいうデマがFacebookなんかで広がっていると以前に話題になったが、アレに似たものがあると考えている。否定は第三者から否定されやすいが、肯定は否定されづらいのだ。

splatoon_02.jpg

 『スプラトゥーン』は対戦ゲームなので、そもそも人が集まるかどうかという課題がある。また、4対4なのでひとりに必要な技量が大きくなる(大人数対戦ゲームになればなるほど、ひとりあたりに必要な技量は減る)わけで、その基本的な部分をどう解決してくるのか? というのも気になるわけだが、僕の見た過剰な褒め記事ではそのあたりに触れられていない。

 そもそも初発表なのだから詳細についてはこれから決められるわけで、今の時点で言えることは今後に期待できるというくらいだ。しかし、既にすごいゲームだと褒めきってるような文章が目につく。こういうことを言うと「盛り上がってるのに水を差すんじゃねえ!」と返されることを経験しているのであまり言いたくないのだが、それでもやはり無闇に褒めるのは無責任だろう。

splatoon_03.jpg

 おそらく、書いている側も問題を起こしたくて書いているわけではないはずだ(と思いたい)。E3の盛り上がりを見て文章を連ねていくうち、自身の中にある盛り上がりに正当性を持たせたいがために表現が過剰になり、それが結果として無茶な褒め言葉になったのではないか。(過剰な否定にも似たような構造があると思われる。)

 しかしながら、落ち着くべきである。あるいは、落ち着かないにしても素直になるべきではないか。動画を見て面白そうだと思ったのなら、「面白そう!」とだけ口にすればいいことではないのか。すごいアイデアになりそうだと思ったら、「すごいアイデアになりそう!」と言うところで止まり、妄想に足を踏み入れなければいいのではないか。

splatoon_04.jpg

 何かを感じた時、それは立派な文章となって脳内に現れるわけではない。感覚という曖昧なものでなんとなく感じるわけであり、それを文章に変換するうちに余計なノイズが混じってくるのだ。

 そもそも自身の感情や感覚を表現するために文章を書いたりするのに、文章を書く工程で生まれる要素が感情を大げさにしたり、逆に感情を食ってしまうのは問題ではないのか? ……こう書いても仕方ない気がするのに、書かずにはいられなかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

分かります

あの記事は、このゲームは普段このようなジャンルに関心がなかった私にすら響くモノがあった、としておけば良かったと思うんです

シューターからすればあまり気持ち良い表現ではないのですがそこまで気にする必要はないですしね

そもそも開発側はTPSの歴史を変えてやる!だとか血生臭いの飽きたでしょ?とか一言も言ってないのに何だかなぁ

初発表のゲームというが、会場ではプレイできたわけだし、出来が良かったのなら褒めていても違和感はないよ。

あなたのいってる記事がゲームサイトの記事じゃなくて、まとめサイトの記事なら話は別だけど。
その場合は2ちゃんに毒されすぎということで。

とりあえず、僕は特定記事だとかそれを書いている人を否定したいわけではないことは書いておきます。それなら名前を出してボコボコに叩いたほうがいいですし。

肯定的な言葉は誰だって嬉しいわけですから、否定より肯定が多いほうが僕だっていいです。ただ、肯定ならどこまでもいいのかといえばそんなことは絶対にないわけで、しかしそう言ったところで「あいつ褒め言葉を否定してる」とか言われることがあるのでめんどくせーなと思ってるという話なのです。

今回の記事に関して、褒めすぎが良くないという理由は「バランス考えろ」とか「生理的に嫌」とかそういう内容に見えてしまうので、そういった根拠に乏しい意見であるなら、「水差すなよ」と突っ返される事もあると思いますよ。
個人的にこのイカを持ち上げるために近年のシューターをプレイしていないプレーヤーが「近年の無個性なシューターのアンチテーゼ!」とかそういう持ち上げ方してるのが気になるので、
そういう点で絞って論じればまだ説得力があるかな~と感じます!

掲示板とかSNSユーザーが持つメディア意識の問題だと思うので
言いたくなる気持ちは凄くよく判るんだけどライターとしては自縄自縛じゃなかろか。
まあここはチラシの裏みたいなもんかもしれんけどさ。

>まりもさん
ご尤もだと思います。まァ、僕はシューターの捉え方としてどうなのかというのはそこまで深刻に思ってなくて。たぶん興奮して大きなことを書いてしまったとかそういうことだと思いますし、そうでなくてもちょっと間違えているだけですから。
ただ、肯定的とはいえ未定のことをさも素晴らしいことのように書くのは、否定的に未定のことをさもひどいように書くのと等しい行為だと思うのですが、そこの理解がなかなか得られない。というのをわかりつつ、理解して欲しいので書いています。

>「ライターとしては自縄自縛じゃなかろか。 」の方
こちらも仰るとおりですね。もっと言うと、既に自縄自縛で何かをするたびに首が締まってる感じですか……。

同意見です!

あまりにも同じ感想を持ってたのでコメントさせていただきました
なぜこのごろは理論武装の援護がないと感情を素直に速やかに伝えられないのでしょう
情報が増えすぎて、あらをつかれるかつかれないかが最優先な雰囲気にあるからでしょうかね

文言がロジカルにまとまってくると、わかってる俺カッコいいとか余計なノイズも乗ってきます これの面白さに気づいた俺カッコいいとか 自己肯定のため歪められても来ます プレイもしてないのに 最初は素直な直感だったにせよ
 
勧めたいなら、いいから見て!騙されたと思って!
ぜってー面白いと俺のゴーストがささやいてる とか、人に伝えたいならまずは正直に好き嫌いを伝えたいものです
面白さの何故が肌でわからないと問われる部分には解説を加えたっていいでしょう

ちゃっちゃと耳栓しちゃえばいいだけの話かなあ。

詳細不明な内からの過剰賛美が気になるのも分からないではないですが、
それが言いたいがために特定タイトルの名前を挙げたのは不適切だったのでは?

昨今はどこもそういう過剰賛美はありがちですし、
ピンポイントで名指しせず業界全体の風潮の問題として書かれれば、
もっと記事の趣旨が明確になった気がするのですが。

書く側に求めすぎ、読む側に甘やかしすぎと思う
嘘やデマならまだしも

褒めすぎかどうかは人それぞれの価値観の問題だし、具体的に突っ込みたいところがあるなら、そこを突っ込めばいい

褒めている人は与えられた情報を元にこれはすごい作品だと感じた
あなたはそう感じなかった
それだけの問題じゃないですか?

FPSやTPSって「面白そうだけど難しそう」って印象で避けてる人が本当に多いんだな、というのが今回感じるところです。
スプラトゥーンはそんな食わず嫌いの人が食いつきたくなる見た目の分かりやすさがあるから、色々言及する人が多いんだと思います。

FPSやTPSに親しんでる人からは「えー」と言いたくなるような的はずれな発言も多いだろうけど、そこは便乗して
「スプラトゥーンに興味の湧いた人にお勧めのFPS/TPS入門」
とか、食わず嫌いされてるFPSやTPSの面白さをアピールするぐらいの逞しさがあってもよいかと。

褒めるのも自由なら、褒めすぎだという記事を書くのも自由なわけで。
いちいち海外のゲームは暴力表現ばかりだ的な揶揄を含めながら褒めてるのが目に余るからスプラトゥーンのタイトルを出してるんじゃ?

自分が普段遊んでいるものを、アゲのためのサゲに使われたら誰だっていい気がしないし、スプラトゥーンの一連の言及にはそういった側面が多すぎる。

まぁ極論をいうなら
すごいおもしろそう!この動画みてみて!しかいえなくなりそうだけどね

ふと疑問なんだけど、褒められすぎとおもうは自由だけど、
だとして、どういう理屈でそれを不快に感じるのだろう?
貶めたい的な感情をゆさぶられるの?

べつにCODとかについての苦言は、これにはじまったことではないけど
なんかこれをたたきやすいからこれを褒めることとセットで被害妄想におちいっているんじゃ?
非公開コメント