メインテーマのアレンジをひたすらに聴いていたいゲーム『ヨッシー New アイランド』

今度のヨッシーはあまり新しくはない

YossiNewIsland_01.jpg
『ヨッシー New アイランド』タイトル画面

 ニンテンドー3DSの『ヨッシー New アイランド』を遊んだ。本来は買わないつもりだったのだが、キャプチャー環境用に3DS LLを買ったらキャンペーンでついてきたのである。

 評判は悪いわけではないものの、ものすごい立派な作品というわけでもないと聞いていたのだが、遊んでみれば実際にそうであった。

YossiNewIsland_02.jpg
焼身自殺ヘイホーの潔さときたら

 簡潔に表現すると、本作はスーパーファミコンの『ヨッシーアイランド』は越えられていないが、2Dアクションとしてはそれなりのものといったところだろうか。中身としても、『ヨッシーアイランド』に出てきたギミックを真似しているだけで、越えてはいないどころか少し目減りしているような状態なのだ。

YossiNewIsland_03.jpg
巨大ワンワンが迫ってくるシーンも既に見慣れた

 仕掛けの種類も減っているだけでなく、3DSならではの要素はあっても目立っていない。ただし、以前に出ていたDS版などに比べればかなりまともで、それこそ『ヨッシーアイランド』を触ったことのない人が遊ぶには悪くないだろう。……と言われるだろうが、とにかくBGMは充実している
このエントリーをはてなブックマークに追加


いいから音楽を聴け


 今回はその充実したBGMを紹介したいのだが、まずは本作のCMを見てもらいたい。これはメインテーマに歌詞をつけたもので、キャッチーにゲーム内容を理解してもらおうという意図があるのだと思われる。古いタイトルになるが、『ピクミン』における『愛の歌』みたいなものか。

 そして『ヨッシー New アイランド』における通常ステージのBGMは、このメインテーマがアレンジされたものになっている。どういうことか説明するより聞いてもらったほうが早いだろう。


 まず、これがW6-3におけるBGMだ。聞いてもらえばすぐわかるだろうが、先ほどのCMにおける「ゆけ~ 敵を飲み込めヨッシー」という部分が楽しげな行進曲(でいいのだろうか)のようにアレンジされているわけだ。


 そして僕が最も気に入っているのは、このW6-6のBGMである。ここは“自らの身を燃やし悶え苦しみながら跳ねまわっているヘイホー”の出るステージなのだが、それとはそぐわないほどしっとりとしたアレンジがなされている。このステージでは思わず足を止め、先へ進まずに曲を聴いてしまった。

 アレンジはステージごとに用意されているわけではないようで、同じ曲が違う場面で使われることもあり、ステージによっては場にそぐわないものもある。そのあたりは問題といえるのだが、しかしゲームはそこまで気に入らなかった僕でも、サウンドトラックはぜひ欲しくなったくらいには音楽が印象に残ったのだ。

YossiNewIsland_04.jpg
巨大で転がる「テツタマゴ」も存在している

 本作はメインテーマに歌詞をつけてCMでわかりやすく聴かせ、ゲーム内でも同じフレーズをアレンジで聴かせるという手法を取っている。同じもの(近いもの)を何度も聴けば自然と親しみが湧くわけで、それがうまく作用しているのかもしれない。もっとも、このゲームは先に海外で展開しており、その時は歌詞がついていなかったりするのだが。

 なお、本作のサウンド・ディレクターは「とたけけ」こと戸高一生で、音楽を手がけたのはT's Musicの「CHAMY.Ishi」(伊師正好という方のようだ)となっている。

 ニンテンドーDS版のトラウマは未だに癒えていないのだが、この3DS版のおかげで少しは傷に触れられるようになってきた気がする。二度と遊びたくないシリーズにならなくて本当によかった。

コメント

非公開コメント