書籍「ゲーム・レジスタンス2」を読んだ。“ゲームを中身で見ろ!”というのは幻想なのかもしれないという疑念

ゲーム・レビュー企画記事の多い「ゲーム・レジスタンス2」

GameResistance2_01.jpg

 書籍「ゲーム・レジスタンス2」をだいたい読んだ。本著はゲームライター原田勝彦氏の遺稿集で、2014年5月に出た「ゲーム・レジスタンス」に続く書籍である。

 今回はいかにも遺稿集という構成だ。というのも、前回の本は原田氏の個人的な事情が読める一連の企画「ゲーム・レジスタンス」が載っていたのだが、今回はゲーム紹介のレビュー・企画が多く、淡々としている。当然といえばそうだが、前作を買っている人や既に事情を知っている人に向けられた作品だろう。

GameResistance2_03.jpg

 ちなみに「ゲーム・レジスタンス2」では、企画「スーパーファミコン vs メガドライブ」や「好きだぜ! Xbox~俺たちの宝箱~」、そして「裏読者コーナー ディストピア」といったものが掲載されている。あとはレビューが多数収録されており、コラムは数ページ程度だ。

 なお、以前の「ゲーム・レジスタンス」についてはインサイドに記事を載せていただいたので、よければ読んで欲しい。

○ 書籍「ゲーム・レジスタンス」レビュー、若くして亡くなったゲームライターが語り続けた“ゲームの魅力”とは
http://www.inside-games.jp/article/2014/05/26/77025.html

 ところで、「ゲーム・レジスタンス」でははじめにこんなことが書かれている。

最近、ゲームに対してナナメなスタンスの奴が多すぎる気がしないか? ライトユーザーの名を騙り、大企業の宣伝するゲームだけを手にする自分がセンスいいと思ってる奴。また逆に、マニアックなタイトルやプレミアがつくようなレトロゲームを持ちだしては、自分は違いのわかる人間だと言い張る奴。…違うだろうがっ! ゲームというのはもっと純粋なものじゃなかったのか? プレイすることが楽しい。それが全てではないのか!

 これにはまったくもって同感で、今でも十分に通用する話だと思っている。メジャーなゲームだけを遊んで自身の感性をないがしろにするのはもったいないと思うし、妙なゲームをダシにして自分を飾ろうとする行為を見ると嫌な気持ちになる。

 重要なことはゲームを遊んで楽しむことなので、そんなものは無視すればいい。なぜゲームなどをやるのかといえば、それはゲームをすることが楽しいからにほかならない。
このエントリーをはてなブックマークに追加


不安な気持ちにもなるのはこの書籍だからか

 そのことは疑うことはない。しかしながら、ゲームは中身を見ればいいというのも幻想な気がしてきた。

 こう書くと誤解を与えそうな気もするが、何かを積極的に肯定したり否定しようというわけではない。では何を言いたいのかというと、この書籍で原田氏の挙げるマイナーゲームに対しあまり興味が湧かなかったことがあったのだ。

GameResistance2_02.jpg

 別に記事が面白くないわけではない。たとえば『ちっぽけラルフの大冒険』の記事では、2Dアクションというジャンルに“80年代アーケードにあったような、なんとなく行けるように見えてタイミングがシビアなもの”というジャンルがあると知れたし、『リッジレーサー』シリーズの企画は歴史を知るという意味で興味深かった。

 ただ、プレイステーションで発売されたシューティングである『X2』を紹介されても「あー、うん」と思いながら読み飛ばしたくなるわけだ。ゲームを中身で見ると言いつつも、実は中身を見るのはかったるいと思っているのではないか……。

GameResistance2_04.jpg

 そんな疑念が湧いてきてしまったのだが、もう少し気楽に捉えたほうがいいのかもしれない。つまり、外面もゲームのうちだと考えるというわけだ。

 たとえば、CMの打ち方や広報の仕方ひとつで印象が大きく変わるゲームもある。僕にとっては『キャサリン』の前情報はゲームの印象を悪くしたし、逆に『ヨッシー New アイランド』のCMは作品を楽しむ仕掛けとなった。それ以外にも、周りの人と一緒に遊べて楽しいということもあるし、逆に人がいないからつまらないということもあろう。

 完全にゲームだけを見るということは実質的に不可能なわけで、しかしだからといってゲームに付加する話や立場だけを見るのもイカれていて、どのあたりをとれば……と思っても答えなど出ず、ただただ不安のようなものが増すばかりである。

 とりあえず、やりたいゲームをやろう。原田氏もそんなことを言っていた。

コメント

非公開コメント