隠しキャラを全部出してもまだはじまりだ 『スマブラ for 3DS』 02

フィギュア眺めゲーとしての側面も

SmashBros_02_01.png
パックマンがクリボーを殴り殺すというような味わいのある「フィールドスマッシュ」

 『スマブラ for 3DS』が出てからしばらく慌ただしかったが、ようやく遊ぶ時間が取れてきたので何よりだ。はじめのころは操作が難しく感じて熱中できなかったものの、慣れてくるとなんて面白いゲームなのか。

 特に面白かったのは甥子と遊んだ「フィールドスマッシュ」である。これははじめに広いマップで探索とザコ敵との戦闘を行い、強化アイテムを手に入れてからさまざまなルールで対人戦を行うというものだ。マルチプレイが面白いのはもちろんだが、ひとりでCPUと遊んでも悪くないのが意外である。

SmashBros_02_02.png
しずえフィギュアは夏服・冬服バージョンが存在している

 あとはオンライン対戦なども少し嗜んでいるが、僕はそもそも対戦がうまいほうでもないので、もっぱらフィギュアを眺めたりひとり用のモードを楽しんでいるという感じだ。

 以前、しずえのフィギュアがもう一種類あると教えていただいたので、さっそく手に入れて眺める。なんといい笑顔なことか。

SmashBros_02_05.png
タブンネもフィギュアとして登場

 また、タブンネのフィギュアも手に入れたのでうれしい。あざといポーズをしくさっており、お腹をなででやりたい。せっかくなので、Wii U版では「メガタブンネ」のフィギュアも出て欲しいところ。

SmashBros_02_03.png
CERO Aのゲームである

 このフィギュア、要はゲーム中のモデリングが見られるという話なのだが、本作はとにかく登場キャラクターが多く種類も多岐にわたるので、まずどれかがプレイヤーの琴線に触れるだろう。

 カッコいいヒーローのフィギュアもあれば魅力的なヒロインのフィギュアもあり、イロモノからはじめて姿を見るものまで……。フィギュアを眺め、その説明文を読んでいるだけでも時間が過ぎ去っていく。

SmashBros_02_04.png
再度言うが、CERO Aのゲームである

 いろいろな意味で「すごいぜスマブラ……!」と思わざるをえない。
このエントリーをはてなブックマークに追加


遊び終えるということを考えないでいいゲームだ

SmashBros_02_06.png
「オールスター」モードはまとめて処理するコツを掴めば意外と楽

 それにしてもこのゲーム、本当に遊ぶ要素が多い。僕はようやく隠しキャラクターをすべて出せたので一段落かと思いきや、全キャラと戦う「オールスター」が本格始動しはじめたりと、やはり序の口だったりする。

SmashBros_02_07.png
なんだか知らないがハマる「フィギュアラッシュ」

 フィギュアもまだ集めきっていないし、そもそもキャラクターは半分も触れていないのでひとり用モード「シンプル」で慣れたいし、慣れたら大乱闘で実践してみようとも思えるし……。何度も言うようだが、本当にとんでもない作品だ。

コメント

非公開コメント