『D4』シーズン1実績コンプ&ストーリーの簡単な整理

実績全解除には10時間以上かかった

D4-S1_comp_01.jpg
『D4』の実績を100%解除

 『D4』の実績を埋め終えた。Xbox Oneタイトルでは初の100%解除であり、めでたいような気がしないでもないが、さておき終わってすっきりした。

 本作はアドベンチャーながら何周もプレイできるようにしてあり、サブエピソードや細かい部分の探索を含めるとかなりの要素が盛り込まれている。収集品だけでなくテキストも多く、実績で特にたいへんだったのが「観察」である。

D4-S1_comp_02.jpg
「観察」の文字は一瞬の間に入れ替わりがあり、間違った文章になったりもする

 この「観察」はオブジェクトすべてに用意されており、しばらくカーソルを合わせていると情報がテキストで表示される。これにより細かい設定や話が楽しめるのだが、いちいち消耗アイテムなどにも設定されており、それを見るのが面倒で面倒で……。

 また、10万クレジットを稼ぐのもふつうにやると時間がかかるだろう。しかし、ローランド・ウォーケンがきっと実績マニアを助けてくれるはずである。

 なお、以下にはネタバレになりかねないストーリーに関する話を書いているので、追記という形にしている。もし見たくなければ避けるほうが良いだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加


シーズン2はいつになるのやら

D4-S1_comp_03.jpg
重要人物のほとんどが「真血」のことを追っているようだ

 さて、あとはシーズン2まで待つばかりなので、僕の備忘録として物語を簡単に整理しておこう。

 まずリトル・ペギーが殺された事件は、異常な現象が発生したり謎の能力が身につく麻薬「真血(リアルブラッド)」と深く関わっているようだ。探している“D”もそれに関連しているはずなので、その「真血」について深く掘り下げられるのだろう。

D4-S1_comp_04.jpg
犯人を追い詰めたシーン

 また、はじめの手がかりとして捜査していた“飛行機で輸送中の犯罪者が消えた事件”では犯人を発見した。が、そこで尻切れトンボとなっているので、具体的にどんな手段を使ったのかなども気になるところ。

D4-S1_comp_05.jpg
誰かに似ている気もするオーガスト・オールドマン

 そして、謎の人物「Dr.オーガスト・オールドマン」も話に深く関わってくるようだ。いかにも意味深長なセリフばかりを吐いているこの人物、ヤングが過去に行くことにも何か関わっているようで、しかもリトル・ペギーの養父となった経緯なども気になりすぎる。

 ……とにかく先を見ないとなんとも言えないので、きちんとしたシーズン2以降が出てくれると良いのだが。

コメント

非公開コメント